ひとりの時間を大切にしたい!自立型夫婦ユニットのメリットと注意点



依存しない、大人な夫婦を目指したい!

結婚をしても、一人の時間を大切にしたい。

ひとりという感覚があるからこそ、今の仕事が成立している。自分もパートナーも同じ考えなら、一緒に働くというかたちもあり。

最近では夫婦一緒に働くワークスタイルを「夫婦ユニット」と呼ぶそう♡今回は、自立型夫婦ユニットのメリット・デメリットをご紹介します。

自立型夫婦ユニットのメリット「相手がいる安心感とひとりの時間を一緒に味わえる幸せ」

夫婦ユニットは、夫婦一緒に働くワークスタイル。
たとえば、お互いにフリーで働いていれば、夫婦がチームとなり創作活動に励むことも場合によってはできます。

最大のメリットは、シングルでいるよりも相手がいる安心感があり、と同時にひとりの空間・時間も一緒に味わえる幸せではないでしょうか。

夫婦ユニットは、あくまでも自立型です。お互いの「ひとりの時間を優先したい」という思いもあります。結婚して共同体になるというよりも、自立した個々がひとつのチームになるといっていいでしょう。

ずっとひとりでいるのではなく、たまにはパートナーと楽しい時間を過ごす。ほどよくリフレッシュでもできて、仕事にも集中できる環境です。

自立型夫婦ユニットのメリット#2「ONもOFFも関係ない日々をお互いに理解し合える」

フリーや自分で起業している、あるいは会社員でありながらもフリーに近い状況で働いている人たちは、なかなかONとOFFはつけにくい環境です。

どちらかというとエンドレスで、たとえお休みに出かけたとしても、そこで気づきがあれば、それはもうONに近い状態。

たとえば片方が公務員で、片方がフリーランスだとしましょう。彼は土日休みが固定されていて、枠の中で働こうとします。しかし、彼女は自由な日々を過ごしています。がんばればがんばるほど年収が上がると分かっているからです。

お互いのワークスタイルが違いすぎると、最終的には価値観の相違にも繋がり、一緒にいるのも困難な状況に。ところが、夫婦ユニットであれば、ともに創作活動をしているわけですから、ONもOFFも関係ない日々を過ごすことに、お互い理解し合えるのです。

「ちょっとごめんね」と仕事をはじめても、おそらく彼は怒りもせず、自分のことを進めているでしょう。

自立型夫婦ユニットの注意点「仕事の優先順位が高くなければ無理かも」

自立型夫婦ユニットの条件は、お互いに依存し合わないこと。なおかつ、夫婦生活も子育ても仕事と同じくプロジェクトのように協力し合えるというのが前提になってくるでしょう。

とくに女性側は、ある程度、仕事の優先順位が高い人でなければ成立しないかも。ただ、彼と一緒にいたいから、だけではユニットは成立しません。

また、夫婦ユニットとしても活動する場合は、ワークスタイルとライフスタイルがイコールになり、ひとりの時間を確保しながらも二人で活動する時間も同時に増えるでしょう。

それでも彼とともに創作活動・生産活動がしたいと思うなら、自立型夫婦ユニットとして、新たな暮らしをはじめてみるのもあり♡

ひとりの時間、夫婦の時間を大切にしながら、仕事の日々を愛する

ずっとひとりで働き続けるのも、それはそれで大変なこと。

もし、パートナーがいるなら夫婦ユニットを組み、楽しく働きながら社会貢献するのもひとつの選択肢です。

彼との時間も大切にしながらも、ひとりの時間も積極的にとる。夫婦ユニットという新たなワークスタイルは、きっと今よりも豊かな暮らしに繋がっていますよ♡