“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

みなさんは普段、見た目に気をつけていますか? 毎日お気に入りの洋服を着て、バッチリメイクを決めていても、根本的な「身だしなみ」ができていないことには、せっかくのオシャレも台無しになる一方……。オシャレなアイテムを選ぶ前にを気をつけておきたい、身だしなみについての話。


洋服やメイクで“イイ女”が決まるのではない

毎日お気に入りの洋服を身につけて、メイクもバッチリ。朝からコテでしっかりとカールをキープした巻き髪を揺らし、コツコツとヒールを鳴らして歩くのがイイ女……そんなイメージを持っている方は多いことでしょう。けれど、洋服やメイク、髪型だけでオシャレな雰囲気が出来上がるのかというと実際はそうではありません。身につけたアイテムに仕立てあげてもらうのではなく、身につけたアイテムを魅力的に見せることができる女、それがイイ女なのです。

そのためには外側だけではなく、小さなケアや見えないアイテム選びがとっても重要。今回は、気をつけておきたい“身だしなみ”についてです。

身につけたアイテムが魅力的に見える“身だしなみ”とは

身だしなみとは、見た目(容姿)をよく見せようとした洋服などのマナーのことを言います。つまりは、“清潔感”がキーワードとなります。選ぶアイテムがいくら可愛くても、高級であっても、ケアをされていないボロボロな見た目では、身だしなみが整っているとは言えません。清潔感をキープするためには、選んだアイテムをよりよく魅せるためのケアが必要になるのです。

服のシワ・汚れのチェック

まず、身につけるアイテムを選ぶ時には、シワや汚れがないかをチェックしておきましょう。どれだけ可愛いお洋服も、シワだらけになっているとだらしのない印象になってしまいます。アイロンをしっかりとかけてシワを伸ばし、埃や毛玉がついている場合はコロコロなどを使って取り除いて。
ヨレヨレのスーツを着ている男性に「デキる男」の印象がつかないのと同じように、シワや汚れがついている女性に良いイメージは持たれません。

もちろん汚れも。今は、持ち運びもできる簡単シミ取りアイテムなどもあるので、汚れが気になる方は持ち歩いておくことをオススメします。

下着の“透け”や“形”を意識する

時々、「レースがたくさんついた下着を身につけているんだろうな」と気づくことがあります。とくに女性は薄手のニットや、カットソーを身につけている方が多いので、下着のデコレーションがわかりやすいのです。夏場は、ブラの紐が見えている方や、うっすらと下着が透けている方も目にします。これに対して興奮する男性が多いと聞いたことがありますが、大人の身だしなみとしては良いものではありません。

洋服に響かない下着を選ぶこと、そして洋服の素材に合わせてインナーを身につけることがよりスタイルをよく見せてくれます。貞操観念の低い女性だと思われることがないよう、下着の透け具合や形については、全身鏡でしっかりと見ておいて。背中にハミ出たお肉が目立っている場合もあるので、バックスタイルをチェックするクセもつけておいてください。

ヒールの減りや擦れは定期ケアで

パンプスのヒール部分のゴムが取れていたり、ヒール部分が擦れて傷になっていたり……。外出することが多い働く女性には、靴の定期ケアが欠かせません。ヒールのゴム部分が取れてしまい、カン! カン! と甲高い音をたてて歩いている女性も見たことがありますが、そんな場面に遭遇するたびに「もう少し前にケアをしておけばよかったのに……」という気持ちになります。

オシャレは足元からということわざがあるほどに、足元の印象は大切なものです。ヒールは女性らしさを表すアイテム。定期的なケアをする、または安い靴をこまめに買い換えるなど、しっかりと対策を。

全身オーバーサイズをやめる

自分の体型を眺めて、輪郭がボヤけているのに気がつくと、ついオーバーサイズのゆったりとした洋服を身につけようとしてしまいます。けれど、全身ゆとりのあるダボダボスタイルは、よりスタイルを悪く見せてしまうことに。また、ゆとりのある洋服を身につけることが習慣化することによって、より自分のスタイルから目を背けるのが上手くなってしまうのです。

自分の体型をしっかりと見つめて、締まっている場所はしっかりと強調するように、メリハリのあるスタイル作りを心がけて。定期的にタイトな洋服を着ると身が締まります。自分に似合わないサイズの洋服を着用していないか、しっかりとクローゼットの中をみてみてください。

鍛えるべき目利き力!「奮発して購入したのに似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

https://cinq.style/articles/1740

買い物に出かけた時、一目惚れに近いような衝撃を受けたから購入したにも関わらず、実際に着てみると想像していたイメージと違ってガッカリ……。な経験はありませんか? 今回は目利き力を鍛えるために、試着室で見るべきポイントをトップスとボトムスに分けてお教えします。

全身プチプラアイテムからの卒業

毎日身につけるアイテム、全てをハイブランドで固めるのは難しい話です。けれど、長期的に使うことのできるアイテムには投資しておきたいもの。
全身をプチプラアイテムで固めてしまうとどうしてもチープな印象がついてしまうのです。トップスがプチプラなら、ボトムスにお金をかける。洋服がプチプラなら、バッグや靴、または身につけるアクセサリー、時計にお金をかける。こういったバランスが大切です。人が身につけているアイテムのブランドをわざわざチェックする人はいないかもしれませんが、一点豪華主義を心がけておくだけで他人からの見え方も変わるはず。

“だらしがない”印象はちょっとしたところでついてくる

着こなしのテクニックや、美しい見た目の作り方はさまざま。けれどマイナスな印象である「だらしがない」は、自分が気がつかないような死角で生まれるもの。
選ぶ洋服やメイクなどの見せ方によっても印象は大きく左右されますが、清潔感を意識することが、オシャレをする大前提です。
これまで意識していなかったという方はぜひ日頃の身だしなみについて確認してみてくださいね。

定期的に見つめる。自分に似合うスタイルを確立するファッションとは

https://cinq.style/articles/1751

自分に似合う服がわからなくなったり、年相応のファッションってなにを選べばいいの……なんて洋服選びに関する悩みが増えるアラサー世代。世の中の流行にはどこまでついていくべきか、自分が心地よく過ごせるスタイルは一体どういうものなのか、定期的に見直したい“自分スタイル”について考えてみましょう。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

勝手に投稿はあり得ない!人間関係にヒビを入れないためのSNS写真マナー

SNSに写真を載せようと必死……。大切な人からいただいた贈り物をそのままSNSに載せていませんか?今回は、人間関係にヒビ入れないためのSNS写真マナーをご紹介します。 


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


正直、彼の体臭が気になる…。傷つけずにセックスを始める方法は?|真っ赤な濡れオンナ#76

正直、彼の体臭が気になる…。傷つけずにセックスを始める方法は?|真っ赤な濡れオンナ#76

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第76回目は、彼の体臭が気になる時の対処方法です。


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング