【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


♯ジャージィ素材でドレスを作る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャネルは帽子店に続き、ファッションブランドを展開し順調に経営を発展させていき、その勢いのまま3店舗目となるファッションブランドをオープンさせました。そしてこのタイミングでシャネルはさらなる話題の人となったのです。そう、シャネル好きな方はご存知、「ジャージィドレス」の誕生。

ジャージィ素材は私たちにとっても馴染み深い素材ですよね。ジャージィは伸縮性の高いニットのことで、イメージしやすいのは学校で着用していた体操服などスポーツウェアでよく取り入れられる、あの素材です。ジャージィ素材は今でこそファッションアイテムとして活用されることは当たり前ですが、シャネルが生きていた時代では男性の下着として使われていた素材でした。

シャネルは、男性のパンツ用の素材を富裕層向けのドレスに使うと言うのですから、生地屋さんは大層びっくりしたに違いありません。

♯何故ジャージィを取り入れた?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそもジャージィ素材を使った理由はやはり戦争の影響が大きかったと言われています。市民の生活必需品のありとあらゆるものが軍資金として消えていき、充分な素材を手に入れられる状況ではなかったという背景があります。

しかし、そんな中でもシャネルとアーサーの人脈を持ってすれば、必要最低限の素材を揃えることはできたでしょう。にも関わらずあえて、ジャージィを起用したとなれば、それはジャージィ素材が素朴という名の美しさをまとっていたからではないでしょうか。そして誰もが見過ごしてしまうほどの地味な素材もシャネルの手にかかれば究極的なシンプルさと洗練された上品さに仕上がるのですね。

♯モード誌から大絶賛!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

製品を作る素材を十分に確保できない環境が、ジャージィ素材とシャネルを巡り合わせました。そしてシャネルはそのジャージィ素材で婦人用のコートを製作。これが瞬く間に人気となり、VOGUE誌で大絶賛を受けることになるのです。

大絶賛されたのは、奇抜な素材を使ったからという理由だけではありません。誰も目もくれなかった素材を、最上級に美しく品のあるデザインに変えた彼女のデザインセンスに誰もが脱帽したのです。ジャージィ素材で作ったアイテムは、フロッグコート、チュニック、シャツブラウス、シュミーズドレスなど。豪奢な飾りはないのに、たゆたうスカートのたもと、流れるようなシルエット、エレガンスで動きやすい。着る人の日常を考えた上で最上級の上品さを兼ね備えている服を作り出しました。

♯シャネルの基本は、ミニマルさ

シャネルといえば、ココマークやチェーンバッグ、ツイードジャケットが有名で、現代の私たちはなんとなく「THE・セレブ感」「前衛的」人によっては「ごちゃごちゃしてる?」そんなイメージを持たれる方も少なくありません。

というのもシャネルというブランドはシャネルが亡くなった1971年以前と以降で大きくブランドイメージが変化しています。そのため、私たちが現代のシャネルブランドに対するイメージと、創設者であるココシャネルが大切にしていた美徳はまた違ったもの。ココシャネルが基本としていたことは、何よりもシンプルな美しさとミニマルさ。素材が高級であることは大切だけれど、それが全てではない。

このマインドはシャネルに通づる部分でもあります。シャネルらしさに共感を得ている方はぜひ、ファッションにおいてもシャネルが美しいと考えていた、シンプルさを追求してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

バッグや資料を持ち歩いていると、つい気になってしまうのがバッグの重み。細い肩にズッシリとのし掛かる通勤バッグに、ストレスを抱えている働き女子は多いのではないでしょうか? 今回は、オフィスでもオシャレに持つことのできる女性用リュックを紹介。オフィスカジュアルにも似合うオシャレなデザインを探して。


無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

打ち合わせやメールの返信、資料作りなど、同時にやらなくてはいけないことが重なっているときは一体どうすればいい? 今回は、無理せず仕事を終わらせるための「マルチタスクをこなすコツ」をご紹介します。


28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに選んで

28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに選んで

28歳からはファッションの質をいつもより少し上質に。婚活のための服装も、その他大勢の一人にならないための、洗練さを身に付けて。


「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

副業を認める企業も増え、自由な働き方ができるようになった今「好きなことを仕事にしたい」と思う人はどれくらいいるのでしょうか? しかし、“なんとなく”で行動に移そうとすると、思ったよりもハードルが高く、挫折してしまうこともあります。好きを仕事にするために知っておきたい5つのことをまとめました。


最新の投稿


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

まだまだ冷房の中にいる9月。冷房の中でデスクワークを続けているとどうしても足のむくみが気になりませんか? そんな足のむくみは、毎日のケアが必要になってきます。休憩時間や帰宅時を利用して、すっきりとむくみを流してあげましょう。そこでむくみケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

マナーは相手への気遣いでもあるため、きちんと身につけておきたいものです。しかし、一般的なマナーや常識を知らずにいると恥ずかしい思いをしてしまうことも。今回は、働く女性が身に着けたいマナーについてまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング