【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


♯ジャージィ素材でドレスを作る

シャネルは帽子店に続き、ファッションブランドを展開し順調に経営を発展させていき、その勢いのまま3店舗目となるファッションブランドをオープンさせました。そしてこのタイミングでシャネルはさらなる話題の人となったのです。そう、シャネル好きな方はご存知、「ジャージィドレス」の誕生。

ジャージィ素材は私たちにとっても馴染み深い素材ですよね。ジャージィは伸縮性の高いニットのことで、イメージしやすいのは学校で着用していた体操服などスポーツウェアでよく取り入れられる、あの素材です。ジャージィ素材は今でこそファッションアイテムとして活用されることは当たり前ですが、シャネルが生きていた時代では男性の下着として使われていた素材でした。

シャネルは、男性のパンツ用の素材を富裕層向けのドレスに使うと言うのですから、生地屋さんは大層びっくりしたに違いありません。

♯何故ジャージィを取り入れた?

そもそもジャージィ素材を使った理由はやはり戦争の影響が大きかったと言われています。市民の生活必需品のありとあらゆるものが軍資金として消えていき、充分な素材を手に入れられる状況ではなかったという背景があります。

しかし、そんな中でもシャネルとアーサーの人脈を持ってすれば、必要最低限の素材を揃えることはできたでしょう。にも関わらずあえて、ジャージィを起用したとなれば、それはジャージィ素材が素朴という名の美しさをまとっていたからではないでしょうか。そして誰もが見過ごしてしまうほどの地味な素材もシャネルの手にかかれば究極的なシンプルさと洗練された上品さに仕上がるのですね。

♯モード誌から大絶賛!

製品を作る素材を十分に確保できない環境が、ジャージィ素材とシャネルを巡り合わせました。そしてシャネルはそのジャージィ素材で婦人用のコートを製作。これが瞬く間に人気となり、VOGUE誌で大絶賛を受けることになるのです。

大絶賛されたのは、奇抜な素材を使ったからという理由だけではありません。誰も目もくれなかった素材を、最上級に美しく品のあるデザインに変えた彼女のデザインセンスに誰もが脱帽したのです。ジャージィ素材で作ったアイテムは、フロッグコート、チュニック、シャツブラウス、シュミーズドレスなど。豪奢な飾りはないのに、たゆたうスカートのたもと、流れるようなシルエット、エレガンスで動きやすい。着る人の日常を考えた上で最上級の上品さを兼ね備えている服を作り出しました。

♯シャネルの基本は、ミニマルさ

シャネルといえば、ココマークやチェーンバッグ、ツイードジャケットが有名で、現代の私たちはなんとなく「THE・セレブ感」「前衛的」人によっては「ごちゃごちゃしてる?」そんなイメージを持たれる方も少なくありません。

というのもシャネルというブランドはシャネルが亡くなった1971年以前と以降で大きくブランドイメージが変化しています。そのため、私たちが現代のシャネルブランドに対するイメージと、創設者であるココシャネルが大切にしていた美徳はまた違ったもの。ココシャネルが基本としていたことは、何よりもシンプルな美しさとミニマルさ。素材が高級であることは大切だけれど、それが全てではない。

このマインドはシャネルに通づる部分でもあります。シャネルらしさに共感を得ている方はぜひ、ファッションにおいてもシャネルが美しいと考えていた、シンプルさを追求してみてはいかがでしょうか。






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング