【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


♯ジャージィ素材でドレスを作る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャネルは帽子店に続き、ファッションブランドを展開し順調に経営を発展させていき、その勢いのまま3店舗目となるファッションブランドをオープンさせました。そしてこのタイミングでシャネルはさらなる話題の人となったのです。そう、シャネル好きな方はご存知、「ジャージィドレス」の誕生。

ジャージィ素材は私たちにとっても馴染み深い素材ですよね。ジャージィは伸縮性の高いニットのことで、イメージしやすいのは学校で着用していた体操服などスポーツウェアでよく取り入れられる、あの素材です。ジャージィ素材は今でこそファッションアイテムとして活用されることは当たり前ですが、シャネルが生きていた時代では男性の下着として使われていた素材でした。

シャネルは、男性のパンツ用の素材を富裕層向けのドレスに使うと言うのですから、生地屋さんは大層びっくりしたに違いありません。

♯何故ジャージィを取り入れた?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそもジャージィ素材を使った理由はやはり戦争の影響が大きかったと言われています。市民の生活必需品のありとあらゆるものが軍資金として消えていき、充分な素材を手に入れられる状況ではなかったという背景があります。

しかし、そんな中でもシャネルとアーサーの人脈を持ってすれば、必要最低限の素材を揃えることはできたでしょう。にも関わらずあえて、ジャージィを起用したとなれば、それはジャージィ素材が素朴という名の美しさをまとっていたからではないでしょうか。そして誰もが見過ごしてしまうほどの地味な素材もシャネルの手にかかれば究極的なシンプルさと洗練された上品さに仕上がるのですね。

♯モード誌から大絶賛!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

製品を作る素材を十分に確保できない環境が、ジャージィ素材とシャネルを巡り合わせました。そしてシャネルはそのジャージィ素材で婦人用のコートを製作。これが瞬く間に人気となり、VOGUE誌で大絶賛を受けることになるのです。

大絶賛されたのは、奇抜な素材を使ったからという理由だけではありません。誰も目もくれなかった素材を、最上級に美しく品のあるデザインに変えた彼女のデザインセンスに誰もが脱帽したのです。ジャージィ素材で作ったアイテムは、フロッグコート、チュニック、シャツブラウス、シュミーズドレスなど。豪奢な飾りはないのに、たゆたうスカートのたもと、流れるようなシルエット、エレガンスで動きやすい。着る人の日常を考えた上で最上級の上品さを兼ね備えている服を作り出しました。

♯シャネルの基本は、ミニマルさ

シャネルといえば、ココマークやチェーンバッグ、ツイードジャケットが有名で、現代の私たちはなんとなく「THE・セレブ感」「前衛的」人によっては「ごちゃごちゃしてる?」そんなイメージを持たれる方も少なくありません。

というのもシャネルというブランドはシャネルが亡くなった1971年以前と以降で大きくブランドイメージが変化しています。そのため、私たちが現代のシャネルブランドに対するイメージと、創設者であるココシャネルが大切にしていた美徳はまた違ったもの。ココシャネルが基本としていたことは、何よりもシンプルな美しさとミニマルさ。素材が高級であることは大切だけれど、それが全てではない。

このマインドはシャネルに通づる部分でもあります。シャネルらしさに共感を得ている方はぜひ、ファッションにおいてもシャネルが美しいと考えていた、シンプルさを追求してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

スキルアップだけじゃない! 仕事のセンスの磨き方

センスは生まれ持った才能でもなければ、スキルによって磨かれるものではありません。正しいセンスの磨き方って一体なんなのでしょう?


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯14

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第14回目は「自立心と恋の終末」について。


最新の投稿


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

季節の変わり目は、体調管理が大変。 だからこそ、自宅でのホームケアを大切にするのが大人の女性。 花粉の季節でもあるので、体をしっかりと温めつつデトックス効果も期待できる、バスソルトのレシピをご紹介します。


マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットリップがオシャレさんを中心に大流行! ロレアル パリからも、透け感マットが唇が一本で叶っちゃう「ルージュシグネチャー」が発売されることに。新作発表会の様子と、気になる新作を一足お早めにお届け♡


“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

「オペラ」と聞くと、敷居が高いイメージがありませんか? そんなイメージをグッと引き下げる、オペラの新しい楽しみ方ができたと話題になっています。オシャレして出かける“ハレ”の機会は自分で作ってみるのも楽しいかも。オトナ女子が気軽に楽しめる、METライブビューイングの様子をレポートします。


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング