将来自分の役に立つ。セルフブランディングのはじめかた

将来自分の役に立つ。セルフブランディングのはじめかた

これからの時代生き残るためには、セルフブランディングが不可欠になります。自分がどんな風に見られたいのか? そのためには自分の強みをどのようにして表現していけば良いのかを考えなければなりません。今回は、セルフブランディングをするための方法についてご紹介します。


自分のことどんな風に見られたい?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

みなさんは「セルフブランディング」という言葉をご存知でしょうか?

ブランディングというと、ビジネスにおけるマーケティング戦略のひとつで、会社が商品を宣伝することによって消費者の認知度を上げていき、ブランドとして確立することを差しますが、セルフブランディングとは、そのブランディングを「自分」に対して行うことを指します。

昔は良い大学に入って大手企業に就職すれば安定した生活ができると言われていましたが、AIの技術進歩により10年後はなくなる職業まであると言われています。個人が力を持つ時代が到来した現代において、これからのビジネスパーソンに必要なのは「自分のブランド化」です。

自分がどんな風に見られたいのか? そのためには自分の強みをどのようにして表現していけば良いのかを考えて行動をしなければなりません。今回は、セルフブランディングをするための方法についてご紹介します。

セルフブランディングのはじめかた

では実際どのように「自分」を固めていけば良いのかと言うと、大きく3つのポイントをおさえておくことが大切です。

instagram @hikaru424

自分の強みは何か? 洗い出しをする

まずは自分ができることを洗い出しが必要になります。強みというと難しいと思ってしまいますが、「将来どんな自分になっていたいか」を想像しましょう。「得意なこと」「好きなこと」をピックアップしていき、自分がいまいる位置を確認します。パーソナルな強みを理解することは若ければ若いほど有利。

決してユニークな強みはなくても大丈夫です。むしろユニークすぎるものは、ニーズがなく、宝の持ち腐れになってしまいます。「この強みを必要としてくれる人はいるだろうか」と考えながら、ブランディングをしていきましょう。

その強みがどんな人に役に立つのか考える

強みを明確にしたら、次はどんな人に役に立つのか、ターゲット層を絞り込みます。

多様化している現代からこそ、幅広い層に頼られることは少なく、むしろ少人数の熱狂的なファンによって支えられる形の方が生きて残っている人も多いです。なにかを伝える先には必ず人がいます。これを意識し、「自分を必要としている人は誰なのか?」を考えていきましょう。ブランドを作る上では欠かせない要素です。

一貫した発言・行動をし、発信していく

最後の要素として必要なのは「一貫性」を持つこと。意見や考えがコロコロと変わる人は信用されません。人は、芯のしっかり通った人間に信頼を寄せるものです。ときにはバッシングを受けることもあるかも知れません。しかし、そこで流されてしまえばせっかく築き上げてきたものをが台無しになってしまいます。

人からの意見を取り入れるのは間違いではありませんが、全て受け入れてしまうと自然体の自分ではなく作り上げた自分を売り込むことになるのでいずれ限界が来るでしょう。

やり方を間違えると「痛い」認定されることも

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セルフブランディングを成功させどんどん人からの評価が上がり、人気者になった人も中にはいますが、セルフブランディング自体には直接関係はありません。しかし、意味を間違えてしまい、やたらと肩書きを盛ったり、いつも意識が高いことばかりしようとしたり、背伸びしすぎている人を多く見かけることから「あの人、痛い」と思われてしまうことも少なくありません。

大事なのはどのように社会に貢献できるか、人の役に立てるかという気持ちを持っていることなので気を付けましょう。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セルフブランディングは、言葉だけだとカッコよくて意識高い人がするものと思われますが、実はかなり地味である上に努力の末に得られる成果で、将来必ず役に立ちます。

今は、女性ならではの視点や気遣いなどから新しいビジネスが生まれる社会です。自分にできることを見つけてみると、今後のキャリアが大きく広がるかもしれません。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

複数の名刺を持ち、収入の手段を増やすという「副業」の動きが盛んになっている今、どうやって始めればいいのか、何をすればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 現在の副業事情や、空いた時間を使ってうまくお金を生み出すコツ、副業に関するアレコレを紹介します。


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


#MYWORKヒント 初心者ライティング講座レポート!

#MYWORKヒント 初心者ライティング講座レポート!

「女性の働き方」のヒントをお送りする『MYWORKヒント』を連載中のライターharakoによる、初心者向けのライティング講座を開催しました。今回はそのイベントの様子をお届けします。


楽しそうだけど大変そう!パラレルキャリアのメリット・デメリット

楽しそうだけど大変そう!パラレルキャリアのメリット・デメリット

第二のキャリアをもつことをパラレルキャリアと呼びます。本業以外に肩書きをもつと、人生の輝きがよりアップすることに。今回は、パラレルキャリアのメリット・デメリットをご紹介します。


最新の投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング