限界を決めずに、いつまでもチャレンジ。「心の筋力」を鍛える方法

限界を決めずに、いつまでもチャレンジ。「心の筋力」を鍛える方法

チャレンジに年齢なんて関係ない。いつまでもやりたいことに挑戦できる姿勢を貫けるように、心の筋力を鍛えてまいりましょう。


たくさん夢を叶えたいから、もっとメンタルを強くしたい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

やりたいことも、叶えたい夢もたくさんある。でも現実は、少しいつもと違う状況になっただけで、あたふたする自分。

身体を鍛えるように、心にも筋力トレーニングがきっと必要♡毎日少しずつ意識し、行動していくうちに、心にもストレスを受け止めるための厚みがでてくるでしょう。

失敗しても、くよくよしない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

長く働いていれば予想もつかない事態に陥るときもあります。いわゆる逆境を乗り越えなければいけない場合もあるでしょう。失敗をして「もうダメだ」と落ち込む日は誰にでもあります。しかし、絶対に失敗しないように人生を過ごしていくのは、どちらかというと難しい話。

大切なのは、仮に失敗してしまっても、きちんと反省した後は、マイナスな感情を思いきり手放すことです。その状況になってみなければ、学べないこともたくさんあるのです。

「くよくよしない」というのも、ありきたりな結論のように思えてしまいますが、実は一番大切なマインドなんです。

大人になると「なんとかなるさ」の有難みが分かる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筆者の経験談になりますが、中学生のときに学校に通えない時期がありました。そのとき母親はよく「なんとかなるから、大丈夫よ」と言っていたのです。けれど当時の私は、中卒さえも覚悟しなければいけない状況で「なんとかなる」と言われるたびに、無責任だなぁと思っていました。

大人になると「なんとかなる」という言葉の有難みが分かります。どんなに不安に感じていても、起きていない未来を心配する意味がありません。

状況によっては「なんとかなる」と思うことで前に進めるときもあります。ずっとネガティブな感情に浸っているよりも、悩みを手放しちゃった方が案外、近道だったりもするんです。

限界を決めない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分の限界を決めるのは、本来なら、とてももったいないことです。とくに20代で天井の高さを決めてしまうと、成長するスピードも下がってしまいます。

最近は「野心」や「野望」というフレーズもよく耳にしますが、向上心をもっていた方が、人生を楽しく生きられるようになるものだと、筆者は感じています。

何歳になっても、新しいことにチャレンジする。「そんなのは分かっている」と言いながらも、実践できない大人も多くいるのではないでしょうか。

“トイレの日めくりカレンダー”でも有名な書家の相田みつを先生は「一生勉強 一生青春」という美しい言葉を後世に残されています。まさにこの言葉の通り、限界を決めずに、一生学び続けていれば、心の筋力もついてくるのです。

小さな積み重ねをずっと続けていれば、心にも筋力がつく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メンタルが弱いというのも、ひとつの個性です。ただ、その環境に甘んじることなく、心の筋力トレーニングをしておくことも大切です。

ちょっぴり困難な状況になっても慌てない、結論を急がない。毎日、心を強くしたいと意識する。毎日、小さな積み重ねを繰り返す。そうしているうちに、心にも厚みがでてきますよ♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


メンタル メンタルケア

関連する投稿


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


昔から友達付き合いがすごく苦手!不器用な私なりに人間関係を築く方法

昔から友達付き合いがすごく苦手!不器用な私なりに人間関係を築く方法

友達との付き合い方が分からず、青春時代からひとりで過ごすことを選んできた人も意外と多いのではないでしょうか。大人になっても、人間関係は永遠と続いていきます。自分なりの「コツ」さえ分かれば、息苦しさもなくなるでしょう。


対人関係が苦手な人が疲れない範囲で周りと上手く付き合うコツは?

対人関係が苦手な人が疲れない範囲で周りと上手く付き合うコツは?

人間関係を避けながら生きていくのは、少し難しい……。でも苦手なものは苦手だし、基本的にひとりでいたいですよね。今回は、対人関係が苦手な人が疲れない範囲で周りと上手く付き合うコツをご紹介します。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


働く女性におすすめ! モチベーションが下がったときの対処法

働く女性におすすめ! モチベーションが下がったときの対処法

働く女性は感情によって、モチベーションの上がり下がりは激しいもの。仕事や目標、ダイエットすらもモチベーションがなければ続けられません。そんな時にやっておきたい対処法についてご紹介していきます。


最新の投稿


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


RANKING


>>総合人気ランキング