文章で人柄が分かる!仕事ができる女性たちのメール術

文章で人柄が分かる!仕事ができる女性たちのメール術

文章はその人の生き方、人生をあらわしています。もちろん、日々のメールにだって、しっかりと反映されているんですよ♡


文章で相手の人柄が予測できる!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日、働いていると、いろいろな人から自分のもとへとメールが届きます。何通も目を通しているうちに「この人は仕事ができるんだろうなぁ」と分かる瞬間も少なくありません。丁寧に返信するだけではなく、細部にまで気遣いが行き届いている。

たかが文章、されど文章。その人の感性や生き方も文章の中に空気として含まれるのでしょう。今回は、メールで分かる「仕事ができる人」の特徴をご紹介します。

「お世話になっております」にこだわらない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今年でフリーランス歴6年目。諸先輩方からしてみれば、まだまだキャリアは浅いですが、今まで様々な人とメールのやりとりを続けてまいりました。そんな私もメール術は日々、研究中なのですが、仕事ができる女性たちは、自分なりのメール術をもっていることに、ある日が気づきました。

たとえば、ある女性は「お世話になっております」にこだわりません。本来であれば「お世話になっております」「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」が正式なビジネスメールのテンプレートですが、相手との距離感が縮まっている場合は「おつかれさまです」「いつもありがとうございます」と、あえてカジュアルに崩されるのです。

長いお付き合いになってきているのに、いつまでもテンプレートのような文章を送り続けていると、かえって相手に失礼な場合もあるんですよね。仕事ができる女性たちは、毎回のメールに対して、適切なフレーズを考えています。

細かく、すばやく返信する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メールは24時間以内に返信する、というのがビジネスマナーの基本。しかし、いつも24時間以内に返信できるとは限りません。どうしても立て込んでしまい、今すぐに返信ができない、もしくは落ち着いたときに返信をしたいケースもあります。

仕事ができる女性たちは、ただ返信が早いだけではなく、細かく現状を報告してくださります。

たとえば「明日から出張が入るため〇日の〇時までに返信いたします」「こちらの案件につきましては社内で検討させていただきたいので、お時間をいただけますしょうか。〇月〇日の正午までに改めて返信いたします」など、ただ返信までに時間を頂戴するのではなく、日時を指定して、相手が不安がらないように配慮するのです。

また、とある女性は、とても細かく返信をしてくださります。「〇月〇日までに納品いたします」と納期見込みを提示するだけではなく、納品日当日も「本日の〇時頃に納品させていただきますので、また後ほどよろしくお願いいたします」と、具体的な時間まで提示してくださるのです。

自分だけではなく先方も仕事が進みやすいように配慮できるというのは、仕事ができる人だからこそのメール術です。

細部にまで相手を気遣う文章になっている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筆者自身の話になりますが、私には元々持病があり、体調管理を徹底していますが、体調を崩しやすい状況がずっと続いています。しかし有難いことに、体調面を気遣っていただきながら、どうにかお仕事を進められています。

仕事ができる女性たちは、いつも相手を気遣うフレーズを文中に入れます。たとえば今年の春は気温差が激しかったですよね。

そうすると、仕事ができる女性たちは、すぐに「体調は崩されていないですか?もし体調的に厳しくなった場合は早めにご連絡いただければ調整いたしますので」「先日、風邪を引いておりましたが、〇〇さんは大丈夫ですか?」と、相手を気遣う一言をメールの中に入れるのです。

すべてのメールに対して丁寧に応えるというのは、おそらく限界があるでしょう。しかし、あきらかにテンプレートを貼りつけたような文章ばかり送っていても、それは確実に相手にバレているものなんですよね。

想いは、文章にあらわれる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

普段、仕事に対して真剣かどうか。相手を気遣おうと努力しているのかどうか。そういったすべての想いは文章に反映されます。

今よりも仕事で飛躍したいと思っているなら、まずはメール術を見直してみること。筆者もフリーランス歴10年目に向けて、引き続きメール術の研究を続けてまいります♩

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


キャリア 仕事 メール術

関連する投稿


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第88回目は、女性の一人暮らしであると便利な設備をご紹介します。


フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子は毎日、自分との戦い。自由な環境だからこそ、感情に負けてばかりいてはいけません。「やる気がでなくて仕事ができなかった日」が、どうか1日でも減りますように。そんな願いを込めて、コラムをお届けいたします。


面接前のおさらいに。キャリアコンサルタントから見た「売れる」転職者

面接前のおさらいに。キャリアコンサルタントから見た「売れる」転職者

誰しもが自分が「働きたい!」と望んだ場所で仕事を始められるわけではありません。転職をする前には、自己分析や履歴書作成、面接時のマナーなどのスキルを磨いておくことが大切です。自分の希望する企業への就職を叶えるためにも、面接の前に知っておきたいマナーについて知っておきましょう。


心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第87回目は、モチベーションの保ち方についてです。


最新の投稿


その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

彼氏との喧嘩。とっても気まずいし、早く仲直りしたい。けどうまい対処が出来ず、また喧嘩……そんなことってありますよね? どうしたら彼氏と喧嘩したときにすっと仲直り出来るのか。恋愛メンタリストがうまい仲直り方法について解説します。これをマスターしておけばもう彼氏との喧嘩も怖くないし、繰り返さない!


上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

どんなに働いても、仕事ができる人はたくさんいる。自分以上に夢を叶えられている人も、数えきれないほど。上を見上げすぎても、苦しさの原因に。ありのままの自分を、愛しませんか?


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回はベーコン×フルーツのパンイチです。 少し意外な組み合わせかと思いますが、甘塩っぱい味は病みつきになること間違いなし!


「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第93回目は、騎乗位がうまくできない女性に向けたノウハウです。


RANKING


>>総合人気ランキング