楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


オフィスカジュアルってどこまでOK?

働く女子が悩みを抱えやすいものといえば、オフィスカジュアルの境界線。
“カジュアル”というキーワードが入っているだけに、どこまでのアイテムが許されて、どこからのアイテムがNGなのか……頭を悩ませます。

夏の暑い季節は薄着になることもあって、なおさらオフィスカジュアルの定義が揺らぐ時期。締め付けがある洋服や、キッチリ感のあるジャケットを身に付けたくないと思う人も多いはず。でもそんな人にこそ朗報! スニーカーやTシャツなどのカジュアルアイテムでも、オフィスで通用するキッチリ感は、作れるのです。
カジュアルアイテムを取り入れた、キチンと感を作るテクニックをご紹介します。

スニーカーにはスカート

ヒールで歩かなければならない仕事中、靴擦れが痛くて涙を堪えた経験がある働き女子も多いのでは? 何度「スニーカーで外出できれば……」と願ったかわかりませんよね。最近では、スニーカーもデザインの幅が広がり、女性らしさが演出できるものや、インヒールが入ったものも多く販売されています。中でもオススメなのがコチラ。

働く女子の定番シューズブランド『DIANA(ダイアナ)』から新しく発売された『+diana(プラスダイアナ)』のきれいめスニーカーです。

写真左側にあるホワイトスニーカーには、先端部分に繊細なラメが散りばめられていています。右側のネイビースニーカーは柔らかい上質なサテン地で、中にはインヒール。どちらも、スポーティーという印象以上に、女性らしさが引き立ちます。

スニーカーをオフィスカジュアルに取り入れるポイントは、ボーイッシュになりすぎないこと。タイトスカートやプリーツスカートなどのスカートに合わせて“抜け感”を作りましょう。

Tシャツはローファーやジャケットと合わせて

夏の大定番アイテム、Tシャツもお仕事服として取り入れられれば嬉しいもの。楽チンで動きやすい機能性の高さは、つい手にとる回数も多くなってしまいます。

そんなTシャツに合わせるべきは、ローファーやジャケットなどのキッチリアイテム。アウターや足元の小物でラフな印象をしっかりと締めてあげると、一気にこなれたお仕事服に。ボーイッシュ
ではなくマニッシュな雰囲気に仕上げることができます。

オフィスカジュアルにNGなアイテムはコレ!

オフィスカジュアルに見せるためには、全体のバランスに気をつけるのが鉄則。では、使ってはいけないNGアイテムとは一体なんなのでしょうか?

スエット素材のもの

一つは、部屋着に使われることの多いスエット素材です。カジュアルアイテムの定番ともいえるスエットは、伸縮性や吸汗性が高いことから、部屋着やスポーツ時に利用される機会が増えました。
けれど、リラックスというイメージが強いアイテムだからこそ、ビジネスシーンでは不向きに。主張が強く他のアイテムでバランスをとるのも難しいので、オフィスカジュアルには取り入れないように注意しましょう。

ミニスカート

膝上数十センチにもなるミニ丈スカートも知的とはかけ離れた印象に。足を開くと、スカートの中が見えてしまうこともあり、動きに制限が増えてしまいます。仕事には効率の良さが求められるため、機能性を重視したアイテムを取り入れましょう。

デニム

幅広い年代の人から愛されるカジュアルの王様、デニムもビジネスシーンでは取り入れない方が無難です。もともと作業着として使われていたという歴史があるからこそ、オフィスには向いていないと判断されることが多いのが理由です。オシャレ度の高いアイテムだからこそ、オフの日に楽しんで。

露出度の高いトップス

清潔感や信頼が求められるお仕事では、露出度は控えめに。女性らしい色気はときに、ビジネスでは不利になってしまう危険性もあります。目上の方と接するときに、失礼のないよう、ビシッとしたスタイルを貫いて。相手に軽々しい印象をつけないように気をつけましょう。

カジュアルアイテムでも、上品は作れる

オフィスカジュアルの定義はとても曖昧だからこそ、職場にいる女性たちの洋服を観察しておく必要があります。入社してばかりの頃は特に、仕事服に悩みをもつ人も多いことでしょう。
何度も言いますが、オフィスに適したアイテムに見せるには、バランスとテクニックが欠かせません。逆にいえば、女らしさの足し引きを理解していればカジュアルなアイテムも取り入れやすいということ。
制約を強くしてストレスにならないよう、工夫しながらリラックスできる自分なりの“オフィスカジュアル”スタイルを作っていきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


ファッション 小物

関連する投稿


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

働く女子の定番アイテムである綺麗めシャツ。着こなしにマンネリしていませんか? きっちりとしたラインのものを選んでしまうと真面目すぎるリクルートスタイルになってしまうし、カジュアルオフしすぎるとオフィスでは浮いてしまうのが悩みどころ。オフィスカジュアルにも休日にも使えるような、オシャレさをプラスするには…?


少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

クローゼットをコンパクトにまとめるためには、着まわし力を重視する必要があります。そこで、今回は少ないお洋服で賢く着回せるおすすめのアイテム「セットアップ」を主役に、オトナ女子のコーディーネートを提案。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング