質の良い睡眠をとるにはどうすれば良い? 快適な睡眠環境の作りかた

質の良い睡眠をとるにはどうすれば良い? 快適な睡眠環境の作りかた

夏は他の季節よりも睡眠の質が悪いと感じている女性が約9割。寝苦しさからくる睡眠不足をストレスだと感じている人も多いようです。では、どうすれば快適な睡眠をとることができるのか? そのヒントは環境とパジャマにありました。


みなさんは、毎日よく眠れていますか?

株式会社DECENCIAが行った「夏の生活習慣に関するアンケート調査」によると、“睡眠不足”を感じている方は約9割。その中でも多くの女性が「夏は他の季節よりも睡眠の質が悪い」と認識しているという結果が明らかになっています。睡眠の量も質も低下する夏の寝苦しさに、ストレスを感じている女性も多いようす。

では、夏の寝苦しさを解消して、快適な睡眠が取れるようになるにはどうすれば良いのでしょうか。睡眠インストラクターの福田英宏さんにお伺いしました。

環境で変わる睡眠の質

質の良い睡眠を取るためには、寝室の「室温度」と「音」、「光」が適切であること!

質の良い眠りのためには、寝室の環境を整えることが一番大切です。
そのためには寝室の「温湿度」「音」「光」が適切に設定されていて、かつ余計な物が無く、整理整頓が行き届いてることが大事。
多くの人が「寝室はくつろぐ場所」という意識を持っていますが、質の良い睡眠が取れている人は寝室で寝る以外のことはしていないのです。寝室にはなるべくパソコンやスマホを置かないようにしましょう。電磁波やブルーライトで眠りを妨げてしまいます。

体内時間の調整と適度な疲れ、就寝前のリラックスでメリハリを!

・体内時計の調整
・日中は活動的に過ごす
・体温のメリハリをつくる
・就寝前はリラックスする
・快適な睡眠環境を整える

太陽の光が入る、明るい環境でしっかりと噛んで朝食を。日中は軽い運動をして疲れを溜め、寝る1~2時間前にぬるめの湯舟(38~40度)にゆっくりつかり、部屋の明かりを少し落とし、そこから体内時計に合わせて布団に入り最適な温度(夏は26℃以下、冬は16℃以上、湿度は60%前後)の整った環境でリラックスした状態で眠りつきましょう。寝具と人との間にできる空間の温度や湿度のことを寝床内気候と呼びますが、寝床内気候である温度32~34℃、湿度50±5%の範囲であれば快適な睡眠がえられます。

睡眠の質をさらに上げるアイテムは「パジャマ」

パジャマがもたらす睡眠の効果は「発汗」「初別」「寝返りへの対応」の3つ

パジャマの重要な効果は3つ。
「発汗」「発熱」「寝返りへの対応」です。就寝時に人は冬でもコップ1杯分(約200CC)の汗をかくといわれています。快適に眠るためには、その汗をしっかり吸湿してくれる素材の衣類が最適です。

パジャマは通気性や吸湿性に優れている物が多いので、快適な睡眠をサポートしてくれます。汗を吸収できないとベタベタしてこの不快感が眠りを浅くします。実際に、部屋着で寝るよりパジャマで寝た方が寝つきが良い、という実験結果もあります。非パジャマ派とパジャマを着用したことで入眠にかかる時間、夜中の目覚めの回数がともに減少することがわかっています。寝つくまでのかかった時間9分短縮、夜中に目覚める回数15%減少と発表されています。

出典:すやすや部

部屋着とパジャマは役割が違うので要注意!

部屋着には「吸湿性が良い」などの特徴があるわけではないので、寝ているときに汗をかいてベタついてしまうことで不快感を感じ、睡眠の質が落ちてしまいます。寝ている時、わたしたちは20回以上寝返りを打っています。そのため、パジャマはゆったりとしたデザインでゴムなどのしめつけ感が少なく、寝返りを打っても負担が少ないつくりになっています。

部屋着では、パジャマと比べるときつく締めつけ感も強いため、寝返りするときに余計な摩擦が発生してしまうのです。とくにフードがあるパーカーは、寝ているときに首に負担がかかりやすくなるので気を付けましょう。寝る前にパジャマを着るメリットは、「これから寝るんだ」という気持ちにスイッチを切り替えられることです。

パジャマ選びのポイントは「素材」と「織り」

「素材」と「織り」がポイントです。

・肌触りの良い素材 
・吸湿性が高く、ムレないこと
・寝返りがうちやすく着乱れしないもの 
・締めつけないもの

生地はオーガニックコトン、シルク、綿、麻、ガーゼがおすすめとなっています。

夏のパジャマとしておすすめ!「リフランス」のパジャマを2名様に読者プレゼント!

パジャマ選びも大切なことはわかりましたが、どこのパジャマが良いのか気になるところ。

そこでおすすめなのがナイトウェアでは世界初の一般医療機器として認定された「リフランス」のパジャマです。学会での発表で、血流改善に効果があると言われている特殊素材のプラウシオン(R)を採用しており、着て寝るだけで、快眠を促し、活性酸素を低減、疲労回復を助けてくれる効果が!

今回Cinq編集部は読者のみなさまに「リフランス」のパジャマを2名様に #読者プレゼント します!

応募方法

現在は応募が終了いたしました。

「スッキリ目覚めたい」、「前日の疲れが残りやすい」、「冷え性が悩み」、「最近、化粧のりがよくない」といった女性におすすめのパジャマ。

睡眠は量より質が大事。快眠できるパジャマを着用して心地の良い睡眠をとりましょう。

取材協力

株式会社RecoveryAdviser
代表取締役 福田英宏

睡眠改善インストラクター
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(修士)

スポーツチームや選手に、リカバリー理論を指導し、リカバリーウェアをはじめ、各種サプリ・グッズ等の最適な使用方法をアドバイスしている疲労回復の専門家。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


睡眠 眠活

関連する投稿


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


これ、実はおつまみにNGです!安眠したい人が寝る前に食べてはいけない食材

これ、実はおつまみにNGです!安眠したい人が寝る前に食べてはいけない食材

良質な睡眠を取るために「寝る前に飲んではいけないもの」を以前ご紹介しました。同時に「食べてはいけないものはあるの?」というお問い合わせもありましたので、今回は食べてはいけないものについてもご紹介します。


仕事でミス続きなのは「6時間睡眠」が原因かも!? 睡眠不足の代償って

仕事でミス続きなのは「6時間睡眠」が原因かも!? 睡眠不足の代償って

皆さんは睡眠時間をしっかりとっていますか? 日本人は睡眠負債が溜まっているとよく表現されます。もし、6時間睡眠が続いたのならそれは立派な寝不足。仕事でミスが増えたり、ストレスを感じやすくなったりと色々な不調を引き起こしているかもしれません。今回は睡眠不足が起こすものについて紹介。


寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

在宅勤務をしていると、寝つきが悪くなってしまったり、朝起きようとしてもスッキリ目覚められず勤務時間ギリギリまでベッドの中で過ごしてしまう…と悩んでいる人はいませんか? その原因として大きいのが「運動不足」と「日光浴不足」。お家にいながらこの悩みを解決するためにはどんなことをすれば良いのでしょうか?


眠れないのには理由があった? 寝る前に飲んじゃいけない飲み物は

眠れないのには理由があった? 寝る前に飲んじゃいけない飲み物は

よく、眠れないというお悩みをお伺いしますが、そのすべての原因がストレスというだけではありません。では「他に何に原因があるの?!」と思った方。ぜひ今日から寝る前に飲んでいる飲み物を見直してみて。


最新の投稿


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


不安高まる今こそ人と接して! 幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させる方法

不安高まる今こそ人と接して! 幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させる方法

思うように外出ができなくなり、見えない不安と戦っている今、毎日ストレスを感じている人が多いのではないでしょうか? そんな時、少しでもストレスを解消できる方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング