【転職コラム】中途面接での筆記試験は重要じゃないってホント?

【転職コラム】中途面接での筆記試験は重要じゃないってホント?

これまで「面接をする際に気をつけておくべきこと」をまとめてきましたが、転職活動をするうえでは、面接だけでなく筆記試験を受けることもあります。その時に、「筆記試験はあまり重要視していない」人は、ちょっと危険かも。今回は、筆記テストに関して知っておきたいことをキャリアアドバイザーが伝えていきます。


おはようございます! キャリアアドバイザーAです。

Cinq読者の皆さん、ご機嫌いかがですか? 夏の疲れが溜まってくる頃です。睡眠をしっかりとって、ステイヘルシーでこの残暑を乗り切りましょう!

さて、転職活動をしていると、書類選考や面接の他に、筆記テストを課す企業もあることに気付きます。筆記テストの内容は様々ですが、代表的なところでは、
●言語処理問題
●数理処理問題
●適性検査(性格診断)
●一般常識・小論文
●専門知識を問う試験(エンジニアなら簡単なプログラミング、経理なら簿記の基礎問題)
などが挙げられます。

「筆記試験は参考程度」は間違い

「中途採用は経験や面接重視。新卒じゃあるまいし、筆記テストは参考程度でしょ?」そう思っている方はいませんか?
筆記テストの結果によっては、即戦力であっても不合格にする会社は厳然として存在します。甘く見ていると痛い目に遭うので要注意。専門能力だけではなく、基本的な能力も重視し、転職者を多面的に判断しようという考え方の企業に多いのです。
「以前、筆記テストの結果が基準に満たなかった方を特例として採用したものの、結局長続きしなかったことがあるので、今は筆記の結果は結構重要視しています」と仰る人事の方もいらっしゃいました。
社会人としての基礎がしっかりしている方のほうが、キャリアの積み上げがスムーズにいくものなのかもしれません。

せっかく書類が通って面接の手応えもあったのに、筆記テストでつまづいた! という転職者は意外と多いのです。特に、社会人になってからある程度の年数が経っている方に多い印象です。仕事上での実力は十分お持ちなので、非常にもったいない話です。
人材紹介会社をお使いの方は、自分が受験している会社の筆記テストはどういった傾向のものか、よくキャリアコンサルタントに確認してくださいね。

筆記試験もしっかりと対策! 集中力が試されているかも

今は、インターネット上にも筆記テストの出題傾向や模擬問題等もあります。もちろん対策本等も書店にはよく置いてあります。ぱらぱらと眺めてみるだけでなく、実際に時間を計って解いてみることをおススメします。

代表的な筆記テストで良く知られているのは「SPI」ですが、中途採用で行われる筆記テストとしては「CAB」をベースにしたものが採用されているようです。
(SPI…リクルートマネジメントソリューションズ製 CAB…日本SHL社製の筆記テスト)


CABの問題は暗算・法則性・命令表・暗号の4種類と性格テストで構成されています。
例えば【暗算】。何だか一見特別な準備も必要ないように思えますね。小数点以下の掛け算や割り算、分数等、小学生の時に習うものです。でも、実務では電卓にお任せしていて、実際自分で計算してみることなど、社会人になってからはめっきり減っている方がほとんどではないでしょうか。

例えば、下記のような問題を50問、10分間で解いていくことになります。

問題1 : 29×43
  A:1127 B:1247 C:1317 D:137 E:1297

問題2 : 4256-7-513
  A:3952 B:4082 C:3532 D:3736 E:4216

問題3 : 0.9×0.003
  A:2.7 B:0.3 C:0.03 D:0.0027 E:0.27

問題4 : 76の30%
  A:14.4 B:2.58 C:15.0 D:22.8 E:15.8

問題5 : 0.3÷0.0005
  A:0.015 B:6 C:600 D:0.06 E:0.15  …

いかがでしょうか。
「わ、まずい…」と内心冷や汗の方、いらっしゃるのではないですか?

これらの問題を1問12秒平均で解く、ということになるので、ある程度の準備は必要になることはおわかりいただけたのではないでしょうか。

「こんな計算ができるからって何の意味があるんだろう。こういった処理はExcelでできるのに…」「早く終わらないかなー」等と雑念が入ってしまい、集中力がきれる人もいらっしゃるようです。
後半に行くにつれ字の乱れや誤答も目立ち、「面接では几帳面だとアピールしていたのにどうもギャップがある印象だ」と評価されてしまった方もいました。

性格診断テストでは協調性やストレス耐性を見られている

また、性格診断テストは、その人の性格や考え方が結果として出てきます。組織に馴染めるか、協調性があるか、ストレス耐性があるかなどが判定されます。
「性格検査は、企業が望ましいと考えているように答えを書けば良いんじゃないかしら」と思う方もいるかもしれませんが、性格診断には「ライ・スケール」というものが存在します。自分を良く見せるための「嘘=lie」を見抜くための設問が仕込まれているのです。
ライ・スケールの代表的なものとして「私はこれまで一度も嘘をついたことがない」「私はこれまで一度も怒ったことがない」「私は絶対に体調を崩さない」等があります。ウソをつかない、怒らないことは美徳ではありますが、人間なら誰しも経験があること。これらを「一度も~ない」「絶対に」と強く否定する項目が出てきたら要注意です。

このようにライ・スケールには引っかからないように注意しなければなりませんが、意識するあまりに解答がぶれてしまう人も多く、結果として解答に一貫性がなくなってしまい、評価が悪くなることもあります。結局のところ、性格検査を攻略するには、素直に解答していくことが大切なのです。

筆記テストに向けてもっとも大事なことは「脳の回転」を早くしておくこと

さて、今回筆記テストについてみてきましたが、いくら試験対策のために問題形式や対策法を学んだとしても、肝心の脳の回転が遅いと問題を解くスピードが遅くなり、ほとんど解答できずに試験が終了してしまう、という事態になります。
つまり、筆記テスト対策に一番重要かつ有効なこと、それは自分の「脳の回転を常日頃からできるだけ速くしておくこと」なのです。

頭の回転を常日頃からできるだけ速くしておくために、明日からすぐにできることがあります。それは、「ダラダラ残業しないこと」「時間を区切って作業をする癖をつけること」です。
つまり、日頃から「制限時間を守るために意識しながら仕事をする」ということです。
スマホのタイマー機能を使って、「このメールは5分で送信する!」「この会議資料は15分で」等と決めて作業をする。結構、良いトレーニングになるものです。
コツとしては、最初はちょっと頑張ればクリアできるギリギリの制限時間にして、クリアできたら次から更に30秒ずつ減らした制限時間にしていくこと。3ヵ月も続ければ成果が出てきます。ぜひ、お試しを!


それでは、またお目にかかりましょう!


キャリアアドバイザーA

相談フォーム

Cinq(サンク)では、キャリア、恋愛、美容などについてのお悩みに専門家が答えるためのフォームを設置しています。
※フォームで受け付けた内容は、記事内で返答をつけて公開・または記入いただいたメールアドレスへご連絡させていただきます。お悩みがある方や質問がある方はお気軽にご入力ください。

相談フォーム

この記事のライター

関連するキーワード


転職 試験 面接

関連する投稿


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

自分の会社の業績についてチェックしたことはありますか? 今の会社や転職先の企業には、リストラや倒産の可能性がないか知っておくことはとても大事です。今回は最低限知っておきたい、決算書の読み方について紹介します。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

前回、黒字リストラについての記事を紹介しましたが、今回は長く続けられる仕事を見つけるために、「AIに代替されにくいスキル」を紹介します。


最新の投稿


何もかも投げ捨てたい!仕事でつらいことがあった日の夜の乗り越え方

何もかも投げ捨てたい!仕事でつらいことがあった日の夜の乗り越え方

仕事でつらいことがあったけれど……。頼れる人がすぐ側にはいない。帰ってきても「おかえり」と言ってくれない人がいないと思うだけで涙がでてきませんか ?夜は必ず明け、やがて朝はきます。無理はせず、今晩くらいは少しスピードを落としませんか?


在宅勤務でも仕事のパフォーマンスを維持する!自宅作業が捗るリフレッシュ法

在宅勤務でも仕事のパフォーマンスを維持する!自宅作業が捗るリフレッシュ法

コロナウイルスの影響で、初めてテレワーク(在宅勤務)の導入が決まったという会社も多いのではないでしょうか? 慣れない自宅作業に「どう仕事のパフォーマンスを発揮するのか?」を悩むこともありますよね。気がゆるみやすい自宅という場所で、集中力を保つための工夫について考えていきましょう。


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

電話って、いつかかってくるかわからないし、急に自分の知識外な用件を言われることもありますよね。 予想ができないからこそ、新社会人になったばかりのあなたには不安になるもの。 不器用でも嫌な印象を与えたくない。そんなあなたの為に、今日から実践できる電話対応法をご紹介します!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

春から新入社員としてお仕事される方、ご入社おめでとうございます! お仕事については先輩や上司から教えて貰うことになりますが、意外とわからないのが「出社と退社のタイミング」。 暗黙のルールだからこそ、わからないし悩んでしまうことってありますよね。 新入社員から1年を迎えた私がリアルな悩みにお答えします!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

緊張と不安と期待でいっぱいの新社会人のアナタのために、ビジネスマナーの基本、メールのお勉強を。お仕事の場面では多く使うツールだからこそ、基本はしっかり押さえておきたい。


RANKING


>>総合人気ランキング