肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

肌見せはTPOに合わせよう!オフィスでOKな肌見せ抜け感テク

トレンドのオフショルも場所によってはNGに!オフィス向けの肌見せテクニックのポイントをご紹介!


オフショルダーにクロップドトップス、背中開きなど。
最近のトレンドはとにもかくにも“肌見せ”がキーワード。
こなれた印象をつくる肌見せはもはや大人の女性には必要不可欠なファッションポイントとも言える。

しかし、TPOは選ばないと空気の読めない残念女子に様変わり!
特にオフィスファッションにおいての肌見せコーデは冷やかな視線を集める原因にもなりかねない。そこで今回はオフィスシーンにおいてのNGな肌見せとOKな肌見せのポイントを紹介。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

肩見せ・背中見せはKYファッションの原因

ファッションを楽しむアパレル関係の仕事場ならいざ知れず…。通常のOLコーデにおいてオフショルはもちろんNG。また、さじ加減の難しいが、肩が出ているトップス、ショルダーカットトップスも控えた方が良いアイテムに。

肩は全面的に見せないというのがオフィスシーンでのポイント。また、昨今ではえり抜きシャツも流行していることにより、うなじから背中がぐっと露出されたトップスを着ている方も多いがこれも控えた方が良さそうだ。うなじのつけ根程度の肌見せなら良いが、肩甲骨が顔をのぞかせる程度の露出はNGと心得よう。

肌見せポイントは肩かけカーディガン

オフィスで肌をちらりと見せるには、肩よりも二の腕の方が有効。
今年トレンドのハイネックのノースリーブトップスで旬な印象をつくりつつも、肩の露出をカーディガンで抑える。すると、動く度にチラッと見える二の腕部分がほどよくヘルシーな雰囲気をつくります。

抜け感は見せたい、けれど下品と思われる印象を与えたくない。
そういう時は一部分だけがチラリと見える程度の露出でOK!

Vネックよりもボートネックで美シルエットをつくる

Vネックトップスは鎖骨をキレイに見せる効果のあるトップスです。しかし、今年らしさという点においてはVネックよりもボートネックの方をおすすめしたい。というのも、今年はこれ見よがしなセクシャリティを表現するのではなく、控えめにさりげなく女っぽさを演出するファッションテクニックが良しとされているのだ。

Vネックは襟の開き具合や着る人のバストサイズによって善し悪しが分かれてしまうので、必ずしも全員におすすめ出来るアイテムとは言いづらい。その点でいうなら、ボートネックはバストサイズに関わらず上半身をキレイに魅せてくれる効果がある。

ボートネックの開き具合は鎖骨中心にあるくぼみが服の上からちらっと見える程度の開き具合。あまり首がつまっていると苦しく見えてしまうので試着は必須!

肌見せは二の腕or鎖骨限定

オフィスというシーンにおいてはオフショルや背中開きは下品に見られてしまう要因だが、休日デートやアクティブシーン、リゾート地においては大胆に思えるくらいの思い切った肌見せだってアリ!

大事なのはTPOということをお忘れなく♡
場所に応じたファッションを着こなす対応が出来てこそ本物のデキ女なのだから。

TPOで使い分けている? 美しく正しいお辞儀のマナー

https://cinq.style/articles/505

ビジネスシーンでのお辞儀といえば、挨拶や敬意や謝罪といった様々な機会で使うもの。正しく、美しいお辞儀をして相手の印象をアップさせましょう。

いつも同じじゃ、つまらない。シーンに合わせた肌づくりで、魅力を引き上げて

https://cinq.style/articles/1463

TPOに合わせた洋服選びは大人の常識。さらにワンステップ、自分の魅力を引き出すには、シーンに合わせたメイク、特にベースとなる「肌」にこだわりを持ちましょう。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第88回目は、女性の一人暮らしであると便利な設備をご紹介します。


「挨拶からすべてが始まる」ウーマンダイアローグ #19

「挨拶からすべてが始まる」ウーマンダイアローグ #19

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、ヘアメイクの北川めぐみさん。元宝塚歌劇団のメンバーというめずらしい経歴を持たれています。今も昔も共通して大切にされていることや今後の目標についても教えてくださいました。


「この世でいちばん素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色」 ウーマンダイアローグ #18

「この世でいちばん素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色」 ウーマンダイアローグ #18

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、カラーコーディネーターの長橋仁美さん。企業や学校でセミナーをしているほか、青山フラワーマーケットのフラワースクール『ハナキチ』とのコラボレッスンも大人気です♪


最新の投稿


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

「続けられることが一つでも増えると幸福度がアップしそう」と分かっていても、なかなか続けられないのが働き女子。でも、もっとよくばりに生きたいなら、継続する力をそろそろ身につけないと♩


RANKING


>>総合人気ランキング