さりげない気遣いにドキっ♡ずっと彼から愛される女性が旅先で必ずしていること



愛され女子は、彼への気遣いがパーフェクト◎

彼から深く愛される女性は、彼への気遣いがパーフェクト♩

努力せずに、今の状況を保っているわけではありません。自分なりに試行錯誤しながらも、彼に喜んでもらえるようにと行動に移しているのです。

これからも彼から愛されるように、とくに旅先では「気遣い」を意識しましょう!

彼の洋服をさりげなく整えてあげる

筆者の知り合いの女性は、長く交際していた彼とのマンネリに悩んでいました。何度話し合っても、状況が改善されずに困っていたのです。ある日、彼から「久しぶりに旅行にでも行ってみよう!」と提案され、京都に行くことになりました。

新幹線の中で彼は爆睡していたようですが、そんな彼の寝顔を見ているうちに、彼女は「マンネリというより、彼の存在が当たり前になっていたのかもしれない」と、ハッと気づいたのです。

旅館に到着したとき、彼がジャケットを脱いだため「あ、それハンガーにかけるよ」と言いながら、ジャケットがしわくちゃにならないように、綺麗に整えてあげたそうです。すると、彼はとても喜び、そこから少しずつ関係性が良い方向へと向かいだしました。

彼の洋服までハンガーにかけてあげる、というのは、誰でもできる気遣いのようで、実はそれほど簡単ではありません。心のどこかで彼の存在が当たり前、と思っていれば、細部まで気遣えなくなってしまうものです。

普段とは違う環境だからこそ、彼のストレスが解消されるように、パートナーとして最善を尽くしてあげるというのは、交際年数がどれだけ経とうとも大事なのかもしれません。

最終日は、少し早めに起きる

最終日は、チェックアウトが迫っていますから、他の日よりも少し慌ただしくなります。メイクもしなければいけませんし、部屋の片づけもしないと……。彼から深く愛される女性たちは、最終日も少し早めに起きて、チェックアウトがスムーズになるように、準備をどんどん進めているでしょう。

さらに言えば、寝ている彼を起こさないように、そっと起床し、物音を立てないように荷物を片付けはじめるようです。

学生時代からの友人は、10年近い恋を実らせ、見事にゴールインしました。秘訣を聞いてみると、やはり「気遣いを忘れないこと」と話していました。

旅先では、ついつい相手に何もかも任せがちですが、最終日だけは早めに起きて、メイクを済ませておくと、あとが楽だし、彼は起きてシャワーを浴びるだけだから、とても機嫌がいいの、と。「最終日に機嫌よくいてもらわないと、面倒くさいじゃない?」と笑っていました。

ほんの些細な気遣いですが、こういった努力を「継続」することで、彼からの信頼も厚くなり、自分から声をかけなくても、彼は自然と二人の将来について考えるようになるはず。

何年経っても、彼に対する気遣いを忘れずに

交際年数が経ってしまうと、お互いに何もかもが当たり前になってしまいます。
せっかく予定を合わせているのに、お互いにイライラしてばかりで、結局、最後は喧嘩……。

たとえ旅先であっても、彼に対して気遣うことで、もしかしたら、マンネリも少しずつ解消されるかもしれません。ただし、気を遣いすぎて、気疲れしては意味がありません。

ほんの少し「面倒くさい」という気持ちをおさえて、相手のために行動してあげれば、確実に信頼へと繋がります。これからもずっと一緒にいれるように、たまには彼ファーストの時間をつくってあげてくださいね♩