「笑顔のおかげで、あなたの人生はより美しくなる」ウーマンダイアローグ #32

「笑顔のおかげで、あなたの人生はより美しくなる」ウーマンダイアローグ #32

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、お笑い芸人のあやちんさん。高校生から芸人の道を進み、テレビ、ライブ、YouTubeと幅広く活動をされています。売れるための努力やポジティブ思考の重要性についても語っていただきました。


今回のゲスト♡ あやちんさん

大阪府出身。
人が笑っている姿が好きだったことから、2016年6月から芸人を始める。
芸人になると決意してから1ヶ月も経たないうちに芸人と名乗りライブ等に出ていたため、養成所には行っていない。
2017年4月から芸能事務所『サンミュージック』に所属。
現在、AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』にレギュラー出演中。
また、撮影会やグラビアなど幅広く活動している。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

渡辺彩季(わたなべさき)
京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#33 【お笑い芸人/あやちんさん】

渡辺:本日はよろしくお願いいたします。

あやちん:よろしくお願いいたします。

渡辺:早速ですが、あやちんさんの現在の仕事の内容を教えてください。

あやちん:高校在学中、18歳の頃から芸人をやっています! 現在はAbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで配信されている、おぎやはぎさんの『ブステレビ』という番組にレギュラー出演しています。番組サイドからオファーが来た時、「ブスって……おかしいなぁ」とは思ったのですが(笑)、楽しくてやらせてもらっています。あとは池袋にある『ラスタ』という劇場を中心にお笑いライブをしています。ほかにも週2~3回のペースでYouTubeに動画をアップしています。

渡辺:多方面で活躍されていらっしゃるのですね。とても忙しそうですね!

あやちん:『ラスタ』という劇場は、昼間はお笑いライブをしているのですが、実は22:30~5:00はバーになるんですよ。日替わりで芸人がバーテンをしていて、私も出勤しています。愉快な芸人達と一緒にお酒を飲むことができますよ。

渡辺:バーテンダーをされていらっしゃるということは、お話しすることができるのですか? 芸人さんに直接接客してもらえたら、すごく楽しそう!

あやちん:本当に距離が近いので、みなさん新鮮な気持ちになれると思いますよ! あとは、最近アイドルたちに混ざって撮影会の仕事もしています。撮影タイムの前にアイドルと一緒にトークライブをして、おもしろおかしく場を荒らしています(笑)

人が笑っている姿を見るのが大好き!

渡辺:あやちんさんが、芸人という職を志したきっかけを教えてください。

あやちん:単純なんですけど、私は人が笑っている姿を見るのが好きなんですよ。その笑顔を自分が作ることができたら、それ以上の幸せは無いですよね。

渡辺:笑顔のパワーは絶大ですよね。どんな過酷な状況でも自分や周りの人が笑顔だったら前向きになれるし、笑うことでデトックスができる。先程、高校生の頃から芸人としてのキャリアをスタートしたとおっしゃられていましたが「芸人になりたい」と家族に伝えた時の反応はいかがでしたか?

あやちん:母は心配していましたが、父は「いや〜! お前は本当に俺がやりたかった事をやるなぁ〜!」と、まさかの大賛成でした(笑) 実はお父さんも芸人に憧れていたそうなのですが、実際にはやらなかったんですよね。

渡辺:さすが親子ですね。お父さんが叶えられなかった夢を子どもが実現させるところにドラマを感じます。活躍されていらっしゃるあやちんさんを見て、お父さんも喜んでいらっしゃるでしょうね!

はじめて受けた『サンミュージック』のオーディションに合格

渡辺:あやちんさんは『サンミュージック』に所属されているとのことですが、数ある芸能事務所から、現在の事務所を選んだ理由を教えてください。

あやちん:正直に話すと、特に無いんですよ(笑) 芸人を志して片っ端からオーデイションを受けようと考えた時に、一番最初に受けたのがサンミュージックだったんですよね。自分でもスムーズに合格できて驚いたのですが、流れのままに所属することになりました。

渡辺:一番最初に受けたオーディションにいきなり合格されたのですね。

あやちん:そうなんですよ。1年に数回開催されている“ネタ見せ”にエントリーしました。毎回何組もオーディションを受ける人がいて、合格者が出ないこともあるので、私はかなり運がよかったと思います。

渡辺:ネタの面白さはもちろん、なにか光るものがあったんでしょうね。実際に事務所に所属されて、幅広いお仕事をされていますが、いかがですか?

あやちん:いざ『サンミュージック』に所属した時に、偉大な先輩方の姿を目の当たりにしてプレッシャーを感じましたね。ダンディ坂野さんや小島よしおさん……自分が子どもの頃からテレビで見ていた方ばかりで。本当にすごい先輩がたくさんいらっしゃるので、同じ事務所ということも自信に繋がっています。ついて行きたいと思います。

“ブス”と言われたら「チャンスがきた!」と思う

渡辺:芸人という職業柄、大変なことも多いと思います。先ほど“ブス”というワードもありましたが、辛かった時期はありましたか?

あやちん:芸人の仕事を始めたころは“ブス”という言葉を言われ慣れていなかったので、落ち込むこともありましたね。普通の女の子として生活していたはずなのに、急にこの世界に飛び込んだので。

渡辺:普通、女性に面と向かって“ブス”と言う人はなかなか居ませんよね。「芸人を始めたころは」とおっしゃられましたが、今は“ブス”という言葉にどんな印象を持っているのでしょうか?

あやちん:今は“ブス”と言われた時の受け答えで笑いが取れたらラッキー! むしろ“おいしい”と思うようになりました。“ブス”と言われたら「チャンスがきた!」と思います(笑) 私を見てくださる方にも「心無い言葉を言われても強く生きてまっせ」と伝わればいいなと。

渡辺:めちゃくちゃ強いじゃないですか! ネタはもちろんですが、トークや笑いにも個々のキャラクターが出ますし、あやちんさんの立ち振る舞いから出る人間性に共感をしてくれる人が増えたらいいですね。

あやちん:露出が増えれば増えるほど、本当にいろんな声が上がるんですよ。一喜一憂していると「そんなことで傷付くな」とも言われました。正直弱った時期もありましたが、手を差し伸べてくださった方がいたので、今は前向きです。芸人としてやっていくなら割り切ることも大切だなと。

渡辺:私は中学高校と京都の女子校に通っていたのですが、関西という土地柄もあって身体を張って笑いを取りに行く友達が多かったんですよ。一般的に考えたらキツく捉えられるようなワードも挨拶程度というか、決して悪意があるわけではないんですよね。芸人さんの多くの方はイジられたら“おいしい”と言いますし。

あやちん:そうなんですよ。真に受けるのは、絶対に勿体無い。愛のある“ブス”をたくさん拾っています。逆にいうと、最初からイジってもらえる環境が準備されているのはありがたいことですね。一見ネガティブな言葉も対応次第でいくらでもおもしろくできるんですよ。考え方を変えるだけで、世界がガラリと変わります。

二言目には「芸人をしています!」

渡辺:あやちんさんが売れるためにしているマイルールはありますか?

あやちん:あります! 私は、どこに行っても誰に対しても二言目には「芸人をしています!」と必ず言うようにしています。先日、移動中の電車で近くにたまたま居合わせた赤ちゃんが泣き出したので、あやしていたんですよ。その時に近くに座っている人も巻き込んで少し話していたのですが、すかさず「あやちんです。芸人をしています!」と自己紹介をしましたね。

渡辺:たまたま移動中の電車に居合わせた人にも自分をアピールされるとは……! SNSなどでも手軽にコミュニケーションを取れる時代になりましたが、やはり顔を合わせて話す方が人柄や空気感が伝わりますものね。ちょっとした機会も逃さないところがさすがですね。

あやちん:会った瞬間はあまりリアクションがない場合でも、半年くらい経ってからメッセージを届けてくださる方もいらっしゃいました。意外と検索をしてくださるものなんだなと驚きました。

渡辺:一期一会でも、自分を応援してくださっていると思うと嬉しいですね。

あやちん:「今はまだ売れていないけど、若手として頑張っています!」と言うと応援してくださる方も多いです。下積み中の芸人は、自分が芸人ということを隠して生活している人が多いので、勿体無いんです。有名になりたいなら、どんな場面でも自分をアピールした方が絶対にいい。少しずつかもしれないけれどファンになってくれる人もいるし、チャンスが舞い込んで来るかもしれません。そういうちょっとしたことが大切だと思っています。

お笑い芸人として売れて、自分ができることを増やしていきたい

渡辺:あやちんさんの今後の目標を教えてください。

あやちん:絶対に売れること! まず、自分の顔と名前を知って欲しい。有名になるといろんなことができるんですよ。自分が芸人として一般的に認知されるようになったら、例えば災害が起きた時に被災地訪問をして、現地の人に少しでも元気や笑顔を届けられるかもしれない。

渡辺:たしかにお笑い芸人やアイドルは、子どもから大人までに元気を与えられる存在の代表ですものね! 道ですれ違う幼稚園児や小学生もお笑い芸人のネタを真似していることが多いなと感じます。

あやちん:現在も少しずつではありますが、テレビのお仕事をいただけるようになってきたので、これからもいっぱい露出を増やせるように頑張ります! 自分からも発信しなきゃといったところで、SNSのほかに芸人仲間でYouTubeに『あほえちゃんねる。』というアカウントを作って動画をアップしています。企画から撮影・編集まで頑張っているので、ぜひ見てください♡

『あほえちゃんねる。』はコチラ!

あほえちゃんねる。

https://www.youtube.com/channel/UCk3PyaYa4a_AGyjDPFHl43Q

あほえちゃんねるです! パリのくまさんの星とえりぴょん、ヒロインのあやちんの3人で動画あげていきます! あやちんのあ 星のほ えりぴょんのえ みんなの頭文字合わせてあほえちゃんねる〜(^3^)チャンネル登録よろしくお願いします!

インタビューを終えて…

お笑い芸人のあやちんさんと対談をさせていただきました。すごく前向きでバイタリティーのある人で、一緒に話すだけでパワーチャージをすることができました。自分ができることを全部しているのではないかと感じるくらい全力で活動をされているので、ファンの方もいろんな姿を見ることができて飽きないのだろうなと思いました。

私自身、あやちんさんに初めて会った日に突然「私のこともインタビューしてください!」と声を掛けていただいたのですが、チャンスを無駄にしない姿勢が本当に素晴らしい! 大多数の人が「勇気がいるな」「図々しいと思われたらどうしよう」と悩むようなことをストレートに伝えられるというのは、なかなか難易度が高いです。今回の対談でも「初めて受けたオーディションに受かった」というエピソードを話してくださいましたが、現在の所属事務所もあやちんさんのそういった部分に惹かれたのではないでしょうか?

「笑顔のおかげで、あなたの人生はより美しくなる」

ベトナムの詩人、ティク・ナット・ハンの名言です。

高校生の頃から芸人としてのキャリアを築かれていますが、まだまだ若い21歳! 職種にとらわれず、多方面で活躍をするあやちんさんの今後が楽しみです。

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


「既婚女子からの“余り物”発言に腹が立って…」#これってハラスメントですか?!

「既婚女子からの“余り物”発言に腹が立って…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、既婚女子からのマリハラについてです。


夢が叶うその日まで。「時間調整シーズン」を楽しく乗り越えるコツ

夢が叶うその日まで。「時間調整シーズン」を楽しく乗り越えるコツ

あと一歩で手が届きそうなのに、なかなかその日が来ない……。今はもしかしたら、あえて時間を調整されているのかもしれません。すべてはきっと、ベストタイミングで叶うはず♩


「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


最新の投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

私たちの日常にかかせないコンビニエンスストア。お買い物以外にも便利なサービスを展開していますが、まだまだ知られていないものもたくさんありそう。知っておくと便利なコンビニにある意外なサービスをご紹介します。


転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

就職活動同様に、転職活動を始めると必要になる「企業研究」。みなさんはどう行なっていますか? 転職活動の基本は企業研究と自己分析の2つですが、企業の情報をどうやって仕入れればわからない…と悩む人は少なくないはずです。キャリアアドバイザーに企業研究のコツを教えてもらいましょう。


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング