にっくきセルライトを撲滅! 凸凹をなくすセルフケア法



一度ついてしまったらかなり厄介。だから予防を徹底的に。

“美しいカラダ”と聞いたとき、思い浮かべるカラダは人それぞれだと思います。華奢なカラダを女性らしいという人もいれば、丸みのあるカラダが女性らしいという人もいる。美しいカラダの定義は明確にはないけれど、絶対的に言えることは、凸凹しているカラダは美しさから遠ざけてしまうということ。「触れたらなめらかそう」と思われたり、洋服を着たときのラインが綺麗に見えたりするカラダは誰が見てもキレイと感じる要素。凸凹、つまりセルライトは無くしておきたいもの。

でも、そんな気持ちはお構いなしに知らないうちについているのがセルライト。しかも普通の脂肪とは違って除去するのが難しく、一度ついてしまったらかなり厄介。だから予防を徹底的にして、もしセルライトがついてしまっているならセルフケアを今日からでも始めて一刻も早く凸凹カラダから卒業を! 

脂肪とセルライトの見分け方

そもそも脂肪とセルライトをどう見分けるべきか。そのポイントは2つ。

①肌表面が凸凹している
② 触ると冷たい

この2つに当てはまったらセルライトの可能性大。セルライトは冷えが大きな原因なので、触ったときに冷たく感じたら、皮下脂肪がつき、さらにその皮下脂肪が固まってしまっているということ。
特に、二の腕と太ももがセルライトがつきやすいパーツなので要注意! 

セルライトに好かれるのは冷たい女

セルライトの大きな原因は冷え。冷たいものを飲んだり、シャワーだけで過ごしたり、薄着ばかりでいたりするとセルライトがどんどんついてきます。だから普段からカラダを温めて冷えない女になるように意識を。常温もしくは温かいものを飲んだり、全身浴をしたり、ホッカイロを貼ったり。カラダの内側と外側の両方からカラダをぽかぽかに。

エステプロラボ ハッコウストリーム ハーブティーグランプロ 30袋 ¥5000

「エステプロラボ」のハッコウストリーム ハーブティーグランプロは内側からカラダを温めつつ、毒素を排出するデトックス効果も。冷え、そしてむくみの対策ができるのでセルライトができにくいカラダに。ノンカフェインでどのタイミングでも飲みやすいところもポイント高め。

カラダに溜まった不要なものは揉んで、ほぐして、流す! 

揉んで、ほぐして、流して、セルライトを撲滅! 
冷えを回避することも大事だけど、溜め込まないことも大事。むくみがセルライトに繋がるので、カラダに溜まった不要なものは揉んで、ほぐして、流すのがポイントです。

マッサージ手順

マッサージは下から上が基本。手をグーにして、足首〜ふくらはぎ〜ひざまでをゴリゴリ流します。下から上まで流すのを最低5回は行って。

4本の指でひざ裏をギューっと5秒ほどプッシュするのを繰り返して、老廃物を流します。

セルライトがつきやすい太ももは念入りに。ひざ上から足の付け根に向かって、ぞうきんを絞るみたいに太ももを両手でつかんで絞ったり、揉んだりを繰り返します。

マッサージのときに使いたいアイテム

マッサージをするときは、オイルをなじませてすべりを良くしたほうが効果アップ。ホワイトバーチ浸出油やジンジャーの精油ブレンドを配合した「エッフェオーガニック」のオイルのように引き締め効果があるものをチョイスして。

エッフェオーガニック ボディリファイニング 150ml ¥5000

さらに週2回ほどの頻度で「メルヴィータ」のウォッシュスクラブを使ってカラダを洗うのもおすすめ。カフェインの8倍もの脂肪分解効果を持つピンクペッパー配合で、引き締め効果抜群! 洗いながらマッサージすれば、セルライト対策もできて肌もキレイになって一石二鳥♡

ロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ 150ml ¥2900

キレイなラインのカラダを目指して

凸凹がないなめらかな肌、キレイなラインのカラダを目指してセルライトケアを!