2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ



みんなはどこに取り入れてる? 2019秋冬トレンドカラー「ブラウン」の使い方

昨年から大流行しているブラウン。フェミニンなスタイルにもマニッシュなスタイルにも似合う万能カラーはこれまでの定番であった「ブラック」の人気を覆すほど。キメすぎず抜きすぎず、上品さも残してくれるブラウンの魅力、働き女子はどう活用しているのでしょう? みんなが取り入れたブラウンアイテムを紹介していきます。

ジャケット

働き女子には欠かせないジャケットに流行ブラウンを取り入れて。2019年は、スーツのように襟があるテーラードジャケットが特に人気を集めています。ニットと重ねてもスッキリまとまるから、オンとオフのどちらにも活用できる。

ホワイトやブラックなどの単色ニットに、グレンチェックでしっかり引き締め。2020年春夏もテーラードジャケットは引き続き人気が継続します。使い勝手抜群なアイテムは今のうちにチェックしておいて。

スカート

スマートな印象を残すタイトスカートは、働き女子の着まわしアイテム。
ブラウンのトップスと、ブラウンのグレンチェックタイトスカートなら同じブラウンでもメリハリがついて印象◎。

秋冬は細かく繊細なグレンチェックのアイテムが目を惹きますが、2020年の春夏は人気のチェック柄が、グレンチェックからウィンドウ・ペンチェックに変化します。1色のラインが交差する、大きな格子がウィンドウ・ペンチェック。季節感にあった柄を選んで、トレンドを盛り込んで。

パンプス

取り入れるだけで簡単に“今っぽい抜け感”が作れてしまうブラウンですが、アクセントカラーとして洋服でなくバッグやパンプスなどの小物に取り入れるのもオススメ。全体をホワイトカラーでまとめて、パンツに締め色のグリーン。小物のブラウンが高級感を際立たせてくれます。

サイズや形によってはカジュアルなイメージがついてしまうブラウンを、高見えさせる小物テク。コーデを組む時はメインカラーとアソートカラー、アクセントカラーの3色を意識してすると、グッとまとまりが出ます。

上級者は全身に取り入れる

外れのないブラウンですが、ブラウンと一括りにしてはいけません。ブラウンカラーは、赤みのある「バーガンディ」や「ボルドー」「チョコレート」、そして黄みのある「キャメル」や「カフェオレ」など種類がさまざま。上級者に達すると、それぞれのブラウンを取り入れたグラデーションを楽しむワンカラーに変化。

マフラーや靴などのアイテムをまろやかなグレイッシュブラウンで統一して、トップスのこげ茶を引き立たせ、スカートのチェックで締めてバランスをとる。グラデーションとしてブラウンを使うことで、野暮ったく見えないブラウンコーデが完成。カジュアルなコンバーススニーカーと合わせても、上品なイメージで大人っぽくまとまります。

流行色「ブラウン」あなたはどう取り入れる?

いかがでしたか?
大流行しているブラウンは、ホワイトやブラック、グレーなどのベーシックカラーであればなんでも似合ってしまうから、働き女子のワードローブにこそぴったり。そのほかの明るいカラーを使う場合も、どれくらいの面積を使ってブラウンを取り入れるのを意識さえしておけば失敗することなく着こなせます。