使うコスメを変えなくてもOK! 美ツヤ肌をキープするベースメイク崩れ防止法

使うコスメを変えなくてもOK! 美ツヤ肌をキープするベースメイク崩れ防止法

メイク崩れしやすいベースメイクは、朝のメイクの方法をちょっと工夫するだけで一気に崩れにくくなります。明日から実践できる超簡単な防止法をご紹介! 


スキンケア直後のメイク前は ティッシュオフが絶対! 

スキンケアをしてからすぐにメイクをすると、顔にまだ乳液などの油分が残っているので下地などが浮いてしまってキレイにのらず、崩れやすくなります。
理想は、スキンケアをしてから15分ほど時間をおいてメイクを開始すること! でも、忙しい朝にその時間をとるのは難しいという方は、スキンケアの直後にティッシュオフして余分な油分をおさえれば大丈夫♪

下地&ファンデーションの直後に スポンジタップを! 

ベースメイク崩れの大きな原因の一つは、塗りすぎ。下地やファンデーションを適当にプッシュして塗っている人も多いのでは? それだと顔の面積に対しての量が多すぎて下地やファンデーションが浮いてしまい、時間が経つとヨレてきます。

そうならないために、下地、ファンデーションのそれぞれを塗り終わった直後は、乾いたスポンジでトントンとおさえて。スポンジを横にスライドするように動かすのではなく、垂直に、タップするように小刻みに動かすことがポイント。

この一手間で、下地とファンデーションの余分な量がスポンジに吸収されるので、顔の上で適量になり塗りすぎを防げるのと、トントンとタップすることで密着度が増し、時間が経っても崩れにくいベースメイクが完成します! 

一押しスポンジはロージーローザ

ロージーローザ バリュースポンジN ウェッジ型 30P ¥400

毎日使うものだから、お手頃で、ドラッグストアで手軽に買えるものがいいはず! 私が何百個もリピートしているのが「ロージーローザ」のスポンジ。30個も入って400円というお得さと、この形が最高! 
小さな角があるウェッジ型だから、目元や小鼻などの細かい部分にもしっかりフィットします。面と角の両方、くまなく使える優秀スポンジ♡

崩れにくい美ツヤ肌をつくる フェイスパウダーの塗り方

どんなにマット肌が流行っても一生ツヤ肌命! ということで、今回は崩れにくい美しいツヤ肌をつくるフェイスパウダーの塗り方を紹介します。重要なポイントは、パウダーの量と使うツールの2つ。

パウダーは極少量でOK

この量を伝えると「そんなに少量でいいの?」とびっくりされますが、この極少量が適量。あまり塗りすぎると、時間が経ったときに砂漠のようにヒビ割れしたり、カサカサ乾燥したりする原因に。そして、せっかくのツヤも失われてしまうので、パウダーは全顔で一円玉くらいの量が目安です。

ベースメイクも臨機応変に!  パーツによって塗る量を変えるのがカギ

パーツによって塗る量を変えることが超重要。パウダーでさらっとさせておきたいところはしっかり塗って、逆に乾燥崩れしやすいところはサーッと塗ります。
しっかり塗って欲しいパーツは、この3つ。

(1)アゴからおでこまでのフェイスライン
(2)眉の上
(3)小鼻

フェイスラインがペタペタしていると髪の毛がくっついて筋ムラができるので、パウダーでさらっとした質感にしておきます。
眉の上もペタペタしていると、この後にのせるアイブロウパウダーがのりにくくなるのでパウダーを塗っておきます。
小鼻は皮脂が出やすいので、パウダーでしっかりおさえておきます。

逆に、頬や目周りは乾燥崩れしやすいので、サーッと塗る程度で十分! パーツごとに量を変えることで崩れにくくなり、顔に立体感が出ます。

全顔を塗り終わったあと指で触ったときに、フェイスライン、眉の上、小鼻はサラサラしていて、その他のパーツは少し指が吸いつくくらいになっているのが理想。

パフより断然“ブラシ塗り”

粉がまんべんなくつくパフよりも、ふわっとのせられるブラシがオススメ。肌を磨くようにクルクルと動かしながら塗ればツヤがより出ます。


ちょっとしたことを工夫するだけでコスメを変えていなくても一気にベースメイクが崩れにくくなるので、ぜひお試しあれ! 

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


コスメ メイク 美容

関連する投稿


withコロナ時代、美容が女性を勇気づける|お守りコスメ

withコロナ時代、美容が女性を勇気づける|お守りコスメ

コロナ渦に入り、生活にも影響がでてしまった今。「美容は娯楽だから、お金がない状態になったら真っ先に節約されるもの」…? 美容好きにとっては、美容は制限できるものではない。むしろ不安を全て取り除くような晴れやか顔を作るためにこそ、美容の力を使いたいもの。カラーマスカラを手にとって、この不安を乗り切って。


スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

「おかしいなぁ…スキンケアアイテムには気を遣っているのに肌の調子がよくない」鏡の中の自分の肌を見てこう感じることはないですか?もし、このように感じているならば食事やライフスタイルを見直してみるタイミングかもしれません。


自尊心を高める美容で自分史上最高を更新する、シャネルのミラー|お守りコスメ

自尊心を高める美容で自分史上最高を更新する、シャネルのミラー|お守りコスメ

無意識のうちに他人と自分を比べて惨めに感じることがある。でもそれをしすぎると、本当の自分の価値がわからなくなって、どんどん卑屈で嫌な自分に。美容を通じて自分を客観的に見る機会を増やし、自尊心を高めていくには、手間と時間とお金が必要だ。効率的に美容に励むことのできるシャネルのミラーをお守りに、自分史上最高を更新して。


他人と比較して落ち込む自分に喝。スーパーウーマンな赤リップ|お守りコスメ

他人と比較して落ち込む自分に喝。スーパーウーマンな赤リップ|お守りコスメ

自分と他人を比べてネガティブループに入ってしまってはいませんか? 弱気になってしまう自分に喝を入れてくれるのは、身の引き締まる赤いリップ。強気なネームに惹かれる、アディクションの「スーパーウーマン」。身の引き締まるコスメを味方に、ナンバーワンでなくオンリーワンを目指して。


恋愛に仕事…悩み多き年齢には才色兼備なパレットを味方に|お守りコスメ

恋愛に仕事…悩み多き年齢には才色兼備なパレットを味方に|お守りコスメ

28歳は、世間では“アラサー”とよばれ、女性たちがそれぞれの道を踏み出すターニングポイントとなる年齢。結婚、仕事、将来についてなど、さまざまな選択を迫られる時期に、美容家 松下侑衣花さんが、味方にした多色パレットをお守りに。


最新の投稿


【落ち込んだ気持ちを前向きにさせる】疲れた心に染みる偉人たちの名言

【落ち込んだ気持ちを前向きにさせる】疲れた心に染みる偉人たちの名言

仕事や人間関係に疲れてしまった時は誰から元気になる言葉を貰いたいもの。そんな心が疲れた時に胸に響く名言というものがあります。落ち込んだ気持ちを前向きにさせ、お悩み解決のヒントにもなることも。疲れた心に染みる偉人たちの名言をご紹介していきます。


つまらない仕事も悪いばかりじゃない!仕事を楽しくさせるコツ♡

つまらない仕事も悪いばかりじゃない!仕事を楽しくさせるコツ♡

どんなに仕事にも必ず意味はある。せっかくやるなら、楽しみながら仕事をしよう!


面倒なことは「明日から」? 癖になった思考や発言から抜け出す3ステップ

面倒なことは「明日から」? 癖になった思考や発言から抜け出す3ステップ

思考や発言は癖になる。だからこそ、癖になる前に改めておきたいことを整理しておきましょう。


セミナー・交流会は戦場!?異業種交流会へ行く前に知っておくべきこと

セミナー・交流会は戦場!?異業種交流会へ行く前に知っておくべきこと

何となくで行くと、周りのパワーに押されてしまう…!セミナー、交流会で失敗しない為に必要な心の準備をしよう。


社内恋愛のきっかけに♡ 同じ職場で働く男性からの、脈アリサインの見極め法

社内恋愛のきっかけに♡ 同じ職場で働く男性からの、脈アリサインの見極め法

社内恋愛や結婚のきっかけとして、まずは見極めたい男性からの脈アリサイン。「あれ、もしかして私って好かれてる…?」


RANKING


>>総合人気ランキング