女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?!

女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は先輩からこんな助言を受けた人のお話。


Q.営業女性は女を武器にしたり、うまくかわすスキルを備えていないといけませんか?

IT企業で営業として働いています。私は最近、受注件数を伸ばすことができず伸び悩んでいたので、どうすれば受注できるのか? を社内で一番売っている先輩(男性)に相談しました。

その時に「営業してると取引先の男性から誘われることも当たり前にあるし、女性側がどう上手くかわせるかに決まってる。ゴリゴリ営業ができる人は、オンナをも思いっきり武器にして掴むものだよ」という助言をされました。私が前に、取引先である男性からプライベートの食事を誘われたことを話たことがあったので、その話の続きでこういった話題になったのですが、男性からこのようなことを言われると思っていなかったので驚きです。

私の周りの友達にも話したところ、似たようなことを言われたことがあるという人もいました。営業女子は「女」を武器にしなければならないのでしょうか。そして「うまくかわすスキル」がないとやっていけないのでしょうか。このような発言に対して弁護士さんはどのように思いますか?(れな/28歳/IT)

A.違和感を感じた時に、立ち止まってよく考えてみて

れなさんの立場は、IT企業の中でも営業職ですから、受注ができないと仕事ができないレッテルのようなものを貼られてしまい、悩んでしまうことも多いと思います。そもそも、受注件数を伸ばすことができず伸び悩む時期はあって当然だとは思います。改善するため、先輩の異性に相談するのも自然な流れでしょう。「営業してると取引先の男性から誘われることも当たり前にあるし、女性側がどう上手くかわせるかに決まってる。ゴリゴリ営業ができる人は、オンナをも思いっきり武器にして掴むものだよ」という助言は、一般的なものであるとみることはできないでしょうが、男性からプライベートの食事を誘われる程度では、ただちに成約に結び付いたり、それこそ交際に結び付くようなことはないと思いますが、たしかに女性の営業の方ですと、そういったお誘いを執拗にうけてしまうこともあるようです。営業女子は「女」を武器にすること自体を否定しませんし、実際にそういうスタイルで仕事をこなす方がいても不思議ではありませんが、決して、それだけというわけではありませんし、「うまくかわすスキル」がないとやっていけないことはないと思います。弁護士としてこのような発言に対して思うのは、ビジネスの世界では、結果が重視され続けてしまうのは事実でしょう。かといって、営業成績の向上だけを意識してしまうと、自分がただしいと思わない「違和感ある」手段をとりがちです。「違和感」に自分なりに気づいたら、立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。まさしく本件の場合も同じだと思います。

回答者:弁護士 齋藤 健博

自身のLINEIDを公開しており、初回相談はLINEで無料で行うことが可能な弁護士。ハラスメント問題や浮気・不倫問題の解決に定評があり、過去には弁護士ドットコムのランキングトップに名を連ねた経験も。YouTubeではセクハラ時の対応に関する動画なども公開している。多くの被害者の悩みである「セクハラの線引き」や、「残すべき証拠」などを動画で分かりやすく伝えている。
YouTube動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=gd8rwOXDKp0

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


ポストイットを加えるだけ?! DM・アンケート・提案書の反応を倍にするコツ

ポストイットを加えるだけ?! DM・アンケート・提案書の反応を倍にするコツ

アンケートや提案書、ダイレクトメールを送った場合、反応が少ないと感じたことはありませんか? アンケートの反応率を上げる研究では、手書きのコメントを書いたポストイット(付箋)を付けるだけで反応率が2倍になることがわかりました。一手間加えることの魅力について、今回はご紹介します。


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


トラブルを起こしやすい職場とは…対処法を教えて! #これってハラスメントですか?! 番外編

トラブルを起こしやすい職場とは…対処法を教えて! #これってハラスメントですか?! 番外編

読者からのエピソードを元に、弁護士さんに解説をしてもらう人気連載「これってハラスメントですか?!」。今回は番外編として、いつも回答をくれる齋藤健博弁護士に直接インタビューしてみました。ハラスメントの実情について詳しく聞いていきましょう。


6割を予定していた休業補償がなくなり、さらには退職…これってハラスメントですか?!

6割を予定していた休業補償がなくなり、さらには退職…これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、予定されていた休業補償がなくなり、退職まで迫られている女性の話です。


「感染したら、評価を下げるしかない」と言われて…#これってハラスメントですか?!

「感染したら、評価を下げるしかない」と言われて…#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、病気を患ったら評価を下げると言われた女性の話です。


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング