言うことを聞かない新入社員…。ソリが合わない後輩を育てるには?

言うことを聞かない新入社員…。ソリが合わない後輩を育てるには?

春は出会いの季節。その中でも、なかなか骨が折れるのが新人社員の教育ですよね。そこで今回は、ソリの合わない新入社員・後輩との上手な育て方についてご紹介。


30代前後の妙れともなれば、仕事で何かとままならないことも多々あります。その1つによく挙げられるのが新人教育。教育を任されたはいいものの、後輩が想像以上に仕事ができなくて手を焼いている......なんていう経験を一度はしたことがあるのでは?

また、最近では少し注意しただけでも過剰に傷ついてしまう新人さんも多いですよね。そんな後輩を目の当たりにするとつい「打たれ弱い!」と喝を入れたくもなりますが、実はそれにはあまり意味がないのです。そこで今回は、言うことをなかなか聞いてくれない新人・後輩を上手に動かすポイントをご紹介します。

「なぜ、やるのか」を明確に、指示を出す

「これ、やっといて」
「こっちの業務を優先でお願い」

業務に追われると、つい後輩への指示の出し方が端的になってしまうことはありませんか?それに対して言うことを聞いてくれるならまだ良いのですが、指示を出しても思うように動いてくれない場合もあります。中には「え?今やらなくちゃいけないんですか?」「なんでですか?」と自分が任された作業に対して疑問を持つ新人・後輩ちゃんも多いです。

仕事に慣れている先輩からすれば「見てわかるでしょ?」「なんでいちいち口答えするの?」と思うかもしれませんが、どうか少し堪えて。彼らは仕事に慣れていないからこそ、業務の流れを自分なりに把握したいのです。

「今こういう状況だから、あなたにはこの作業をお願いしたい。この時間までにこれをしておくと全体の仕事がスムーズに進むので、○時までに終わらてくれる?」

というように、お願いする作業の意図を丁寧に伝えてみてください。初めは面倒かもしれませんが、仕事を覚えるようになると、ここまで言わずとも動いてくれるようになります。

ミスを指摘する前に「なぜ、そうしたの?」を聞く

新人は失敗をするのも仕事のうち。だとすれば、先輩はそのミスをリカバーし、正しい方向へ導いてあげるのが仕事ですよね。この時、ついやってしまいがちなのが頭ごなしにミスを注意することです。できれば、いきなりやってしまったミスに対して叱責しないように気をつけましょう。

もちろん失敗したことに対して、正解を与えることは大切です。しかし、彼ら新人・後輩もミスをしたくてしているわけではなく、本人にとって良いと思った行動をした上でのミスだったはず。なので、まずは彼らが、どういう理由で行動したのかを聞きましょう。

そうすると、どこでつまづいたのかが分かるので教え方や対処の仕方も明確になり、一石二鳥です。余裕があるときは、ミスをした行動の中に褒められる点があれば褒めてあげてください。「結果としては間違ってはいても、この点は素晴らしいと思う」というフォローアップができれば、相手も叱られる恐怖心が薄れ、意見を聞き入れやすくなります。

信じてあげることが大切

そして、何よりも大切なことは相手を信じる気持ちです。新人や後輩を抱えるとどうしても「この仕事はまだ難しいかな?」「こういう失敗をしないかな?」など、監視の目が厳しくなってしまいがち。

その疑心暗鬼の目は新人や後輩にも伝わってしまうのです。人は心配されたり、監視されると自分が至らない人間に思えてやる気をなくします。その反対に「あなたは出来る!」と信頼し、仕事を任せてくれる相手にはその信頼を裏切らないように努力をします。

なので「大丈夫?出来る?」と声をかけるのではなく「あなたならやれるはずだよ」と信じてあげましょう。そんな風に自信を持って応援できるように、新人・後輩が確実に出来る範囲の仕事を渡して、徐々にスキルアップさせていくのも1つの策です。

変わる時代の価値観に合わせて教育法を変えていく

30代前後の世代が経験する、たたき上げ精神の教育法はすでにもう古いものとなってしまいました。今は、もう少し合理的にかつ相手を認める教育法が求められているのかも。

しかし、それは決しておんぶに抱っこで優しくすべきということではありません。ミスを指摘するのにもあくまで分かりやすさと対等な目線で接することが大切なのではないでしょうか。なかなか難しいことではありますが、変わりゆく時代に応じて、その時代の価値観にあった教え方をしていきたいものですね。






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連するキーワード


キャリア マネジメント

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング