女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性の保険の選びかたは非常に難しいものです。そこで今回は、独身期、夫婦2人の時期、ファミリー期という家族構成の変化やライフステージに分けて、必要な保険の種類について紹介します。


女性のライフステージに合った保険とは、どんなものなのでしょうか。
ライフステージは、年齢を軸に考えるものと、家族構成の変化で考えるものがあります。
年齢を軸にしたライフステージは、幼少期 青年期、壮年期、老年期という分け方です。もちろん青年期と老年期の保険の選び方は変わってきますよね。
今回は、女性の保険の選び方を独身期、夫婦2人の時期、ファミリー期という家族構成の変化でライフステージに分けて、必要な保険についてまとめました。

保険のきほん

たくさんの保険があるなかで、多くの方が加入しているのが、生命保険と医療保険です。それぞれをおさらいしておきましょう。

生命保険

自分の身にもしものことがあったときのための保障です。ライフステージがどこにあるのかに限らず、自分の葬儀代くらいは準備したいと考えると、誰にでも必要なものであると言えるでしょう。家族が増えるにつれて、必要な保障内容と金額が変わってくるので、状況に合わせて変更していきましょう。

医療保険

病気による入院や手術などの治療代を保障する医療保険やガン保険、女性特有の病気に対応してくれる保険と、女性にとっては何を選べば良いのかわからないほどたくさんの保険があります。女性には、女性特有の病気にかかるリスクがあること、妊娠・出産の可能性があることを考慮して、リスクに対応できる保険に加入しておくと良いでしょう。
ちなみに入院すると、治療費の他、差額ベッド代やこまごまとした出費がかさなって、一日23,000円程度(※)かかるとも言われます。入院や手術などの治療費への補償を医療保険で準備しておきましょう。

(※)公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」より

独身のときの保険

独身で、扶養する人がいないのなら、大きな死亡保障は必要ないでしょう。
万が一自分が亡くなったときのために、自分の葬儀などをまかなえる500万円程度の死亡保障は準備しておきたいです。月々の掛け金が低額の定期保険などがおすすめです。
生命保険のほか、ご自分の病気に備えた医療保険やガン保険などを準備しましょう。保険料が低い若いうちから、医療保障やガン保障を終身タイプで加入すると安心です。
子宮筋腫や子宮内膜症などは、若いうちからもかかることがありますし、乳がんなどは30代から罹患率が増えてくると言われています。女性特有の病気への保障に手厚い保険もあるので、チェックしておきたいです。
また、将来、妊娠・出産を考えている女性は、早めに医療保険に加入しておくと良いと言われます。妊娠してから医療保険に加入すると、出産に関する保障が適用外になることが多いのです。
女性ならではの妊娠・出産や女性特有の病気への保障に手厚い保険もあるので、チェックしておきたいです。

夫婦のときの保険

結婚をして、夫婦2人での生活を守っていくための保険を選びましょう。共働きか、片働きかによっても必要な保障は変わってきますよね。

共働きで、夫婦とも同等の収入があるのなら、お互いに高額な死亡保障は必要ないでしょう。
入院や手術が必要になるような病気に備えて、それぞれの医療保険、ガン保険を検討しましょう。
共働きでも収入に差がある場合や、どちらかが専業主婦(夫)であれば、病気のリスクに備えた保険のほかに、収入をもたらす大黒柱のもしもの時に備えが必要です。残される家族を支えるための死亡保障を準備しておきましょう。

子どもを養育しているときの保険

子どもが生まれたら、子どもが独立するまでの生活費と教育費の準備をしましょう。教育費のために、学資保険に加入しておくと良いでしょう。大黒柱に万が一のことがあった場合、それ以降の払込みは免除されて、子供の進学のタイミングに合わせて進学準備金や満期学資金が受け取れます。
夫婦ともに同等の収入を得ながら働くのであれば、子どもの養育費を考慮した死亡保障を設定しましょう。片働きの場合に、一家の大黒柱にもしものことがあると、生活レベルが下がってしまう、子どもが将来進みたい道へ進むことを諦めることになるなど、残された家族がお金に苦労することが想像できます。このために、収入の担い手には、ある程度大きな額の死亡保障を検討しましょう。
シングルマザーとして子どもを育てていくのであれば、万が一の時に子どもに残せる死亡保障と病気に備える医療保険には加入しておきましょう。

人気の女性保険をご紹介

保険市場で、人気の女性保険ベスト3をご紹介します。

受保険会社 東京海上日動あんしん生命 メディカルKit NEO 女性プラン

女性特有の病気への手厚い保障と乳房再建給付金が受け取れる、先進医療への対応など、充実した保障が受けられる。掛け捨てタイプ。
保険料:1,999円(35歳)
保険料払込期間:終身
保障内容:入院日額5,000円 手術給付金 放射線治療給付金 3大疾病は入院支払日数無制限 先進医療給付金 女性疾病保障特約

SOMPOひまわり生命 フェミニーヌ

女性限定医療保険。子宮筋腫など女性が心配な病気等による入院を重点保障。3年ごとに15万円の生存給付金が受け取れる。貯蓄・積立タイプの保険です。
保険料:8,453円(35歳)
保険料払込期間:15年(保険期間15年)
保障内容:入院給付金10,000円 女性入院給付金 手術給付金 退院後の通院費 がん治療給付金 先進医療給付金 3大生活習慣病は入院日数無制限

オリックス生命 医療保険 新CURE Lady(キュア・レディ)

お手頃な保険料で女性特有の病気とガンに手厚い保障が受けられる。掛け捨てタイプ。
保険料:1,972円(35歳)
保険料払込期間:終身
保障内容:入院給付金日額5,000円(女性特有の病気・がんの場合10,000円) 手術給付金 先進医療給付金 

いかがでしょうか。ライフステージによって必要な保障は変わりますので、その都度、必要な保障内容と金額になるように見直して変更していきましょう。

この記事のライター

ファイナンシャルプランナー(CFP)。女性向け資初心者セミナーや個人相談を開催。カラー診断、スタイリスト。お金とおしゃれで応援。

関連するキーワード


保険 マネー 健康

関連する投稿


簡単、美味しい、栄養バッチリ!帰宅後10分で作れる #ヘルシー薬膳ごはん

簡単、美味しい、栄養バッチリ!帰宅後10分で作れる #ヘルシー薬膳ごはん

「お腹すいたから夕飯食べたいけれど太りたくないしなぁ…」「でも、身体とお肌のためにしっかり栄養はとりたい」働く女性の夕飯のメニューは意外と頭を悩ませてしまうもの。 そこで今回は、ヘルシーだけれど栄養も満点なサラダレシピをご紹介します。


「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

おうち時間が増えた今、お店での買い物を控え、ネットショッピングをする人が急増! 気軽に利用ができるのでついつい買いすぎてしまう人…なんて人もいるかもしれません。買いすぎを防ぐ3つのルールをおさえて無駄遣いをなくしましょう!


緑豆もやしがむくみにいい?! むくみケアに効く食材リスト

緑豆もやしがむくみにいい?! むくみケアに効く食材リスト

「足がむくんでしんどい」「え?ヤダ!いつもより顔がむくんでる」…むくんでいる自分を見ると、それだけでテンションがさがってしまうものですよね。そんな時こそ、摂り入れる食材を見直してみませんか?今回はむくみケアにいい食材を薬膳のプロが伝授します。


そのメンタル不調、食事に関係しているかも? 薬膳のプロが教えるNG習慣

そのメンタル不調、食事に関係しているかも? 薬膳のプロが教えるNG習慣

食や暮らしに目が向くことが多くなった昨今。きっと、身体にいいことを始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、何かをプラスすることも大切ですが今の習慣を見直すことも必要です。あなたのその何気ない習慣が不調を感じる原因かも?薬膳のプロが、ついやりがちなNG習慣について3つご紹介します。


帰って即効10分で!これ一品で栄養バッチリ♡鯖缶と梅干しの薬膳うどん

帰って即効10分で!これ一品で栄養バッチリ♡鯖缶と梅干しの薬膳うどん

忙しくてもカラダにいいものが食べたい。そんな時、簡単で健康にいいメニューがあれば…。そんなお悩みにお答えして、以前5分でできる薬膳ごはんをご紹介したところ「もっと簡単なレシピを知りたい!」というお声を頂きました。そこで今回は1品で栄養ばっちりなカンタン薬膳レシピをご紹介いたします。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング