これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


体のダル重がとれません……

急に変わった生活様式に、体がダル重い感覚が続いたり、どんよりした気持ちになっていませんか? 自宅にいる時間が増えたことによって、日光に当たる時間が少なくなったり、メリハリの無い日々にストレスを感じていたりと、睡眠の質も下がってしまい「しっかり寝たはずなのに、ずっとだるい状態が続いている」のかもしれません。

そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことについて紹介。どれも気軽にできることなので、なんとなく不調を感じた時は、まずこれらのことから意識してみましょう!

湯船に浸かる

最近、シャワーだけで済ませることが続いていませんか?
湯船に浸かることは美容にとってもメンタルケアにとっても大切です。湯船に浸かる1つめのメリットは温熱効果。体を芯から温めて、血中の老廃物を流しやすくします。またベッドに入るころには深部体温が下がるので入眠もしやすく。寝付きが悪いと思っている方こそ、眠る前に体を温める儀式が必要なのです。
そして2つめのメリットは静水圧効果。水圧が体に程よいマッサージを行ってくれます。そして3つ目は浮力によるリラックス効果。気持ちがグッと安らぐことでメンタルケアにも役立つのです。睡眠時間を確保しようとシャワーで時短するより、湯船に浸かる時間をもうけた方が体への負担が軽くなります。

睡眠時間は7.5時間を意識

睡眠負債という言葉が生まれるほど、睡眠時間が短い日本人。睡眠時間は7.5時間を意識するようにしましょう。私たちは、眠っている間に深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)を交互にとっています。この1セットに1.5時間かかると言われているのです。
睡眠中は、脳や体のダメージを回復させたり、記憶の整理や定着を行っています。睡眠サイクルをしっかり理解した上で、体がスッキリ目覚めるタイミングを目指して。

就寝・起床時には伸びをする

意識して、伸びをするようにしましょう。
寝ている間や日中など、同じ姿勢が続いていてると筋肉が凝り固まってしまったり歪んだ骨盤がそのままになっていることがあります。伸びをするのはストレッチと同じ。姿勢や血行が良くなるメリットもあります。就寝時と起床時には伸びをして体のスイッチを一度リセットしてあげて。

あお向けで眠る・寝返りの打てるスペースを確保する

自分が眠る時の姿勢についても意識してみると良いでしょう。寝姿勢の理想は、背骨のS字カーブを維持できる状態です。眠る姿勢が悪くなってしまうと、血行やリンパの流れが滞ったり、骨や筋肉や内臓への負担がかかってしまうと言われています。睡眠中でも体が緊張した状態が続くことによって、睡眠の質が悪くなってしまうということです。
また、寝返りが打てないような狭いスペースで眠っていると、必然的に長時間同じ体勢をキープすることになってしまいます。同じ部分を圧迫していることになるため、体の歪みや筋肉が硬くなってしまう原因になるのです。腰痛やいびきのひどい人などは、横向きに寝た方が良い…等もありますが、大きな理由がない場合は基本の寝姿勢はあお向けで入るように意識してみましょう。

ちょっとした意識で変えられる! 眠り方改革を行ってみて

いかがでしたか?
大きな原因は見当たらなくても、なぜか体のだる重が続いている…というのであれば、このようなちょっとした意識から眠り方改革を行ってみて。「こんなことで?」と思うような、意外なことがお疲れの原因になっているかもしれません。入眠のルーティーンを作って、快適に過ごせるように頑張っていきましょう!

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


睡眠 疲れ ストレス

関連する投稿


寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

寝ても取れない体のだるさ、不調を改善!お疲れをリセットする夜の過ごし方

「疲れがとれない…」「なんだか最近気持ちも体調も良くないな」そんなゆらぎや疲れを感じている時は、夜の過ごし方を見直してみませんか?


仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

「やりたいことは色々あるのに体がついていかない…」そう思う時ってきっとありますよね。何事も体が資本。そんな時は薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)の考えを生活に取り入れて1日を過ごしてみませんか?


イライラ、落ち込み、疲れにはコレ!薬膳的目線で選ぶスーパーで買えるドリンク3選

イライラ、落ち込み、疲れにはコレ!薬膳的目線で選ぶスーパーで買えるドリンク3選

仕事に、家事に、プライベートに…と毎日本当にお疲れ様です。疲れた時、一息つくために美味しいお茶を飲む方も多いのではないでしょうか。 せっかく飲むのであれば体や心を癒すドリンクにしてみませんか?今回は薬膳のプロがスーパーで買えるおすすめドリンクをご紹介します。


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

新しい生活様式を取り入れている私たちですが、体調面では何か変化があったでしょうか? 株式会社サーティフィットが全国に住む20歳から60歳の男女200名を対象に行った「新しい生活様式下(緊急事態宣言の解除後)における健康状態調査」の結果をチェックしていきましょう。


最新の投稿


旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行は友達との本当の相性が分かるイベントでもあります。親友だと思っていた友人と旅行に行ったのに、なかなか意見が合わず結果的に喧嘩別れ……。一緒に旅行を楽しめる女友達と、楽しめない女友達は何が違うのでしょう?


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング