「何もしないまま  願望だけが叶う事はない」ウーマンダイアローグ #43

「何もしないまま 願望だけが叶う事はない」ウーマンダイアローグ #43

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはモデルの井原陽子さん。10代から芸能活動をされていましたが、一度離れてOLを経験した後、2016年からモデル活動をリスタート。現在は事務所に所属し、芸能一本で行くことを決意されました!


今回のゲスト♡ 井原陽子さん

井原陽子(いはらようこ)
10代の頃芸能事務所にスカウトされ、タレント活動を開始。
就職を機に芸能事務所を退所するも、会社勤めと並行して2016年からフリーモデル・読者モデルとして活動を再開。
“左右対称の顔”として美容系広告に多数起用いただいたことをきっかけに「好きを仕事にしたい!」との思い、モデル業を本格始動。
2020年よりモデル事務所アクエリアスに所属。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

渡辺彩季(わたなべさき)
京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#43 【モデル/井原陽子さん】

渡辺:早速ですが、陽子さんの現在の仕事の内容を教えてください。

井原:企業のVPやPV、スチールモデルをしています。去年までは会社員とモデル業を並行していたのですが、今年からはアクエリアスというモデル事務所に所属して、芸能活動一本にシフトしました! 大学卒業後、就職を機に芸能活動から離れてた時期もありましたが、実はモデルの仕事を最初に始めたのは高校生の頃なんです。

渡辺:高校生の頃からモデルの仕事を始められたのですね! ちなみにどのような経緯でデビューされたのですか?

井原:高校生の頃に創刊したファッション誌のモデルを募集するオーディションがあったのですが、私が知らない間に同級生の友達が私の写真と履歴書を送っていて。「書類選考に合格しました」と編集部の方から私に連絡がきました。自分のなかでは何の脈絡もなく突然連絡が来たと捉えていたので「こんなことがあったんだけど……」と友達に話したところ「それ、私が送ったよ」とカミングアウトされて、そこで初めて友達が推薦してくれたことを知りました。

渡辺:自己推薦ではなく、他薦ってことですよね? テレビでよく見るアイドルのようなエピソードみたいですね。その後、そのままオーディションを受けられたのですか?

井原:そうです。結果的には、そのオーディションで合格者が出なかったのですが、最終選考の会場に芸能事務所の方がたくさん来られていたので、そこで声を掛けてくださったモデル事務所に所属することにしました。

渡辺:お友達が推薦してくださったからこそ、今までの活躍があるんですね。高校生の頃から現在までの長い間、モデルの仕事を続けられているから、思い入れもあるのではないでしょうか。

井原:そうですね。自分で応募することはなかったと思うので、チャンスを作ってくれた友達に感謝しています。ただ、いきなりオーディションを受けることになったので、面接で話す内容も用意していなかったし、カメラテストも全然上手くできなかったし、当日に会場で他の人の受け答えを観察して「こうやってやるんだ」と学んでいました。同じ会場にいた候補者のなかで自分が一番しどろもどろだったと思います。専属モデルにはなれませんでしたが、ご縁があって芸能事務所に所属してモデルとして活動することができてよかったです。

悔いが残らない生き方をしたいから、また芸能活動を始めました

渡辺:大学卒業後、就職を機に一度芸能活動から離れたとのことですが、またモデル活動を再開した理由を教えていただきたいです。

井原:学生時代の友達と久しぶりに再会した時にモデルの仕事に関する話題になったんですよね。その時に「もうモデルの活動しないの?」「表舞台で活躍している陽子をまた見たいな」と言ってもらえて、もう一度頑張ってみたいと思ったんです。

渡辺:そこからどんなアクションを起こしたのですか?

井原:まずは、自分が好きな傾向のファッションが載っている雑誌の編集部にプロフィールを送りました。読者モデルとしてでもその雑誌に携わることができれば、自分の世界が広がると思って!

渡辺:自分から行動を起こされたんですね!

井原:本当にその雑誌が自分の理想そのものだったので、撮影に携わることでカラーに染まることができるかなと思いました。幸い、編集部からすぐに連絡が返ってきて、読者モデルとして美容のページの撮影に呼んでいただけました。この経験をきっかけに、他のファッション誌や美容誌の撮影にも参加するようになりました。

渡辺:その後、2020年からOLを完全に辞めて芸能活動一本にシフトされたとのことですが、どのような背景があったのでしょうか?

井原:2018年からモデルの仕事依頼が増えてきたのですが、正社員と両立しながらだとやはりスケジュールの都合で参加できない撮影もあったんですよね。私は元々安定志向で、OLの仕事を優先してきたんですけど、2019年に自分の好きなことを仕事にしている人たちと会う機会が多くてたくさんの刺激を受けました。なかでも「やりたいことで生計が立てられなかったら、レジのバイトでもなんでもする」と話してくださった方が印象的で、なんて自由なんだろうと感銘を受けました。自分のなかにはそういった発想がなかったので驚いたのですが、ちょうどもどかしさを感じていたから、私ももっと好きなことをしてもいいかなと考えるようになりました。

 10代の頃から芸能活動をしていて、自分が望んでいるものや楽しいと感じるものが分かってはいたのですが、なかなか一本に絞る決心を持てずにいました。けれど、冷静になって自分を見つめ直した時に、実際に行動を起こす前から「上手くいかなかったらどうしよう」と保守的になっていることに気付きました。

 元々私の好きな言葉の一つに「成功者とは成功しようと決心し努力した人である。失敗者とは
成功しようと決心し願った人である。明らかな敗北者は決心ができず待った人である」というものがあるのですが、最初は自分は“失敗者”のくくりだと思っていたんですよ。でも、あらためて考えてみると“明らかな敗北者”だと気付いたんですよね。私は、決心すらついていなかったんです。まだ起きてもいないことを心配して躊躇するよりも、悔いが残らないように生きてみようと一大決心しました。

渡辺:とても勇気のいる決断ですね! 実際に安定を選んで、夢を諦めてしまった人は多いと思います。

井原:いつも世間体ばかりを気にしていて「親に進学させてもらったのに」「身に着けさせてもらった教養を何一つ生かせていないな」と自分にフォーカスを当てていなかったんですよ。これまでモデルの仕事をしていても「自分から芸能活動をやっていると話した時、もし周りが微妙な反応をしたらどうしよう」と、“もし”を怖がっていました。人からの視線が気になって行動を起こせずにいたのです。

大変さより、感謝の気持ちの方が大きい

渡辺:モデルの仕事をしていて、大変だったことや苦労したことについて教えてください。

井原:何度振り返っても無いんですよね。自分が好きなことをやっているので、仕事に対して苦痛に思ったことが全く無くて。もちろん課題はたくさんあったのですが、勉強している時間さえも楽しいと感じるんですよ。全部が楽しいから、考えても見つからないんです。

渡辺:早朝の仕事が大変とか、季節を先取りした撮影は寒暖差に悩ませることも多いイメージですが、その辺りも全く問題ないですか?

井原:たしかに「寒い」「暑い」と感じることはありますし、長丁場であればお腹も減ります。でも、それは私だけじゃなくてスタッフさんも一緒じゃないですか? 例えば早朝の撮影だと、私の入りの時間が朝6時だったとしたら、その前からヘアメイクさんは道具を広げて待ってくれていますし、カメラマンさんはセッティングや立ち位置の確認をしてくださっていますし。私はその方たちの入り時間よりも後に現場に入るので「眠い」とか言えないですよね。モデルよりもスタッフの方々のほうが大変ですよ。

渡辺:撮影準備は時間も手間もかかりますし、撮影開始時刻のもっと前から動いてくださっている方はたくさんいらっしゃいますものね。

井原:私もそうですけど、現場に携わっているみなさんも大変ななかで仕事をしてくださっているので「自分が~」というより「早朝から、ありがとうございます」「寒いなか、ありがとうございます」と感謝する気持ちのほうが大きいですね。なので、特に大変と感じることはないです。

達成感を得るのは、コンセプトを理解して行動できた時

渡辺:陽子さんが、モデルの仕事にやりがいを感じる瞬間は?

井原:モデルと言っても映像やスチール……いろいろあるんですけど、表現することや演じることは共通しているので「ここをもっとこうしてほしい」というのを指摘される前に自分でコンセプトを理解して、評価していただけた時にやりがいを感じます。

渡辺:モデルからキャリアをスタートして、女優や歌手など活動の幅を広げる方もいらっしゃるじゃないですか? “表現する仕事”という部分では共通していますが、陽子さんは興味がありますか?

井原:やりたいです! 10代の頃はモデルのほかにも手広く仕事をしていたんですよ。歌もやりましたし、他にもいろいろ挑戦をしたのですが、自分としては正直グラビアモデルをやりたかったんですよね。その時のきれいな状態をカメラマンさんに撮影していただいて残せるって普通に生活していたら、なかなかないじゃないですか? 

渡辺:グラビアモデル! また違うジャンルですね。

井原:美容やファッションのモデルとは分野が違いますが、やりがいを感じる部分が共通している仕事には興味津々です! ぜひ機会をいただければ、モデル以外の“表現”に関する仕事に挑戦していきたいです。

誹謗中傷に苦しんだ過去を乗り越えました

渡辺:モデルは人前に出る仕事ですが、意見や批判に悩んだ時期はありましたか?

井原:若かった頃はありました。昔は本当に人からの評判を気にする性格だったので、エゴサーチをしていたんですよ。批判的な意見を見てしまった時に、メンタルがやられてしまった時期もありました。

渡辺:今は芸能活動をしていない一般の方でもSNSのコメントに一喜一憂している人が多いようですが、ネガティブだった過去を乗り越えた突破口を教えていただきたいです。

井原:「アンチもファンの一部だよ」と言われたことがあって、その言葉が腑に落ちました。たしかにアンチがネットの掲示板に「この人の顔が嫌い」と私の写真を載せてコメントをしても、その投稿をきっかけに初めて私の写真を見て知ってくれる人がいるかもしれないじゃないですか? さらにそのなかには「私はこの顔が好き」と思ってくれる人もいるかもしれない。だとしたら、そこでファンが増えるわけだから、アンチがインフルエンサーになってくれているわけですよね。そういう口コミで自分に興味を持つ人が増えたら、それは嬉しいことです。

渡辺:たしかにそう考えると、アンチの人が自分のことを広めてくれているとも言えますね。

井原:あとは、自分がどれだけ否定されていても応援し続けてくれる人がいるので、ネガティブな意見にばかり耳を傾けるのではなく、好きと言ってくれるファンを大切にしようと思いました。若い頃は「みんなに好かれたい」と考えていて気付けなかったのですが、応援してくださっている方々に感謝の気持ちを述べることを優先すべきでした。年を重ねるにつれて視野も広くなりましたし、そのことに気付いてからは、もうアンチを気にしなくなりました。10代の頃から私のことを知って今でも変わらず応援してくれている方々もいるので、アンチのことを考えるよりファンを想おうと。

渡辺:自分に攻撃してくる人のことを考えるより、好きと言ってくれる人を大切にした方が楽しい人生を送れますものね。これは芸能人だけではなく、みなさんに共通することだと思います。

あえて、SNSを全く見ない日も作っています

渡辺:今、気を付けていることや意識している習慣などはありますか?

井原:とにかくストレスを溜めないようにしています。精神的なコンディションが一番重要だと思うので。

渡辺:ストレスを溜めないように、どのような工夫をされていますか?

井原:人と比較しないようにしています。「あの子の方がすごい」と感じることは、みなさんあると思うんですけど、私はそう感じた時は外界からの情報を全てシャットダウンします。

渡辺:あえて、見ないようにするんですね。ちなみにSNSを全く見ない日もありますか?

井原:あります! 自分の気持ちを全員に分かってもらうことは難しいので、分かってくれる人だけ分かってくれればいい。頭の中ではそう思っていても、やはり心無い一言に傷付くこともあるので、モヤモヤした時は全く見ないようにしています。

渡辺:感情に任せてコメントを返したら、逆にアンチが喜びますものね。ネガティブなことばかりを考えては貴重な人生の時間がもったいないですし、他のことに目を向けるというのもひとつの手ですね。私もモヤモヤする時は、ひとまず寝てクールダウンします。時間が気持ちを落ち着かせてくれることも多いですよね。

いつか夢の国に関わる仕事をしたい!

渡辺:陽子さんの今後の目標を教えてください。

井原:夢の国に携わりたいです! これは芸能活動を始めてからずっと掲げている目標で、初めてマネージャーに会った時から「夢の国に関する仕事をしたい」と伝えています。CMでもポスターでも形は問いません。モデルができたら嬉しいです。

渡辺:自分が好きな企業とのコラボ! 実現できたら、より一層思い入れが強いものになりそうですね。

井原:あとは“左右対称の顔”といろんなところで評価していただけることが多いので、自分の強みとして美容特集などで活かしていきたいです。

渡辺:モデルさんはたくさんいらっしゃいますが“左右対称の顔”の方って意外と珍しいですよね。かなり強みになると思います。

井原:あとはモデル以外の仕事だと、話すことも大好きなのでラジオパーソナリティをしたいです! モデルという枠にとらわれず、多方面で活躍していけるようになりたい。そのために、まずはメディアへの露出を増やして、いろんな仕事に挑戦していきたいと思います!

インタビューを終えて…

モデルの井原陽子さんと対談をさせていただきました。元々は安定志向で就職と同時に芸能活動を一度引退されたとのことですが、再チャレンジされている姿から決意と熱量が伝わってきました。自分のことを“失敗者”だと感じていた陽子さんが“敗北者”だと気付いた瞬間が、彼女にとってのターニングポイントだったのかもしれません。心掛けや捉え方によって、事実は同じでも受け取る気持ちは異なります。

「何もしないまま 願望だけが叶う事はない」

歌手の安室奈美恵さんの名言です。

対談をさせていただいたことで、前向きにチャレンジしている陽子さんからパワーをいただきました。今後もメディアの露出を増やして、今まで以上に幅広い仕事に挑戦できますように。陽子さんが夢の国とのコラボを実現できる日を楽しみにしています!

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

「運を動かすと書いて“運動”」ウーマンダイアローグ #42

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、美尻トレーナーのKamoyuriさん。“美尻”にフォーカスを当てたトレーニングを中心にレッスンをしながら『EXERGiRLS』としても活動されていらっしゃいます♡


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、パートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。


最新の投稿


スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

皆さんは保湿をするために、どんな方法を選んでいますか? もしかすると多くの場合はスペシャルケアとしてローションタイプのマスクを使用しているかもしれません。だけど、放置時間があって、普段のケアにプラスするひと手間もあって、正直面倒ですよね。そこで保湿力抜群の新たなアイテムに置き換えて、時短してラクをしちゃいましょう!


知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

毎日、書店に通い続けていると、少しずつ感性も研ぎ澄まされていきます。今回は、本屋さん巡りの楽しみ方をご紹介します。


マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクが手放せなくなった今、目元の印象を重視している女性は多いはず。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、日本人は目元から相手の感情を読み取ろうとするからです。そんな重要パーツ、目元を華やかに見せてくれるアイパレットを今回はお守りコスメとして紹介。プチプラで試しやすいセザンヌの新色シャドウ、ぜひお試しあれ。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング