生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


生理痛に悩む女性は7割以上…! 仕事に支障をきたす人の割合も半数以上と多め

生理について悩む働く女性は多く、人によっては「重すぎて仕事に集中できない」なんてこともあります。実際どれくらいの人が生理について悩みを抱えているのでしょうか?

岡本株式会社は、20代~40代の働いている女性を対象に、“生理と冷え”に関する悩みについてアンケート調査を実施。「普段から生理痛がある」と答えた人は、74.7%。また、「仕事に支障をきたすほどの痛みや不調を感じたことがある」と答えた人は全体の55.7%もいるという結果に。半数以上の女性が生理による悩みを抱えていることがわかります。

さらに「生理中に冷えが気になる」という女性は「とても気になる(21.3%)」「まあまあ気になる(37.1%)」を合わせると、全体の58.4%。仕事に支障をきたすほどつらさを感じる人が、冷えも気になっていることも多いようで54.8%という結果になっています。

そのような状況を少しでも快適に過ごすためにはどうしたらよいのでしょうか?「いけした女性クリニック銀座」院長である産婦人科医・池下育子先生が解説しています。

ポイント1.生理のメカニズムを知ろう

子宮の内部には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てる組織がありますが、妊娠しなかった場合は、この「子宮内膜」が役目を終えてはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。このとき、プロスタグランジンという物質が分泌され、子宮の収縮を促します。プロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり痛み(生理痛)を感じます。

ポイント2.生理と冷え

生理がはじまると、体温は生理前よりも下がるうえ、プロスタグランジンの働きで血管が収縮して血行が悪化し、体は冷えやすい状態になります。

体が冷えると更に血液の循環が悪くなって骨盤内に充血が起こり、この血液をプロスタグランジンが追い出そうとして子宮収縮が強くなり、生理痛が悪化します。

また、プロスタグランジンは、腸の働きを活発にするので、胃痛、吐き気、下痢などの症状も出やすくなります。そのため、生理の辛さを和らげるには、休息をとりながら体を温めるのが一番なのですが、アンケートからもわかるように、現代の女性はいつでも休める訳ではありません。日ごろから、また生理中はいつもより一層、体を温めることを意識することが重要です。

ポイント3.身体を温めるためのポイントは?

生理中、基本は、お腹や腰など自分の痛いところを温めます。特に、おへその下から4~5cmのところにある「丹田(たんでん)」という部位を温めると、腸から体全体を温めることができると言われているので、その部分を意識して温めるようにしましょう。

最近は外出時にもお洋服に響かない、インナースパッツや腹巻などがありますので、日ごろから着用する習慣をつけると良いでしょう。また、足首からふくらはぎも温めると効果的な場所です。ご自宅ではもちろん、オフィスにもレッグウォーマーを持参して着用するようにしましょう。

バランスの良い食事を摂取しよう

生理中だからといって食べていけないものはありませんが、できるだけ多種の食材をバランスよく摂ることが大切。管理栄養士 柿崎朋子さんによると、熱を生み出す、血行を促進する、代謝を上げる食材を選ぶのが良いのだそう。

■根菜たっぷりの煮物や味噌汁に“しょうが”をプラス
ビタミン、ミネラルが豊富で、血行促進、代謝をアップしてくれる「根菜類」。根菜の煮物や味噌汁に「しょうが」を加えると更に効果が高まります。
■お肉を選ぶときは、“赤身肉”がおススメ!
筋肉を作って熱を生み出してくれる「赤身肉」。同時に、血液の元となる鉄分も補給できます。
■ブロッコリーやパプリカ、かぼちゃを使った、温野菜のサラダやスープを
ブロッコリーやパプリカ、かぼちゃに豊富に含まれるビタミンCは、血液のもととなる鉄分の吸収を助けます。血液が増えて全身に行き渡り、体が温まります。
■お菓子の代わりにナッツ類を
ナッツ類に多く含まれるビタミンEは、血液の流れを良くするので体が温まります。
■ごはんは胚芽米や玄米を選びましょう
胚芽米や玄米に多く含まれるビタミンB1には、糖代謝を促進して体を動かすエネルギーを産生してくれます。



これからどんどん寒くなっていく季節で、何もしていなくてもすぐに身体を冷やしてしまいます。生理中は念入りに身体を温める対策を行った方が良いでしょう。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


生理 冷え

関連する投稿


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


「生理前ってしんどい…」薬膳的、生理前のゆらぎを軽減するための2つの方法

「生理前ってしんどい…」薬膳的、生理前のゆらぎを軽減するための2つの方法

イライラすると思ったら今度は急に落ち込んでしまう……そう思ったら生理前だったというのは女性なら誰しも一度は経験があるのでは? その生理前のゆらぎケア、この2つを意識すると今より少しラクになるかもしれません。


【医師監修】これって正常? 働く女性と「生理」に関するQ&A

【医師監修】これって正常? 働く女性と「生理」に関するQ&A

仕事の日にくる生理は何かとトラブルも多くお悩みの方も多いのでは? 生理に関する映画が上映されたり、生理休暇を導入している企業もあったりと、少しずつ「生理」の話題はオープンになってきましたが、抵抗があったり不安を抱えているという人も多いはずです。そこで、働く女性の生理についての疑問に医師がお答えします。


薄着に見えても、実は防寒対策バッチリ! みんなが実践する「温活」方法

薄着に見えても、実は防寒対策バッチリ! みんなが実践する「温活」方法

まだまだ厳しい寒さが続くこの季節。街を歩けばみんな涼しい顔して歩いているように見えるけれど……こんなに寒いのって私だけなの? と不安になることもありますよね。それができるのも実はみんなコッソリと「防寒」をしているからなんです。今回は読者のみなさんに協力していただいたアンケートを元に、温活について考えてみました。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング