私たちの肩にズシンとのしかかる、不安とプレッシャー

私たちの肩にズシンとのしかかる、不安とプレッシャー

年齢を重ねるのは、足跡をつけるのと同じことだ。だけど考えれば考えるほど、その足取りがどんどん重くなってくる。私たちの肩にズシンとのしかかっているものは一体なんなのだろう。


年を重ねることは悲劇じゃない。足跡をつけるのと同じように私たちはひとつひとつ、自分の道を選び、時には早足で、時にはゆっくりと前を向き歩き続ける。だけど、時々「進みたくない」と思う時がある。肩の上にズシンと重りがのしかかるように、その足を止めようとするのだ。私たちの肩にのし掛かる、その重りの正体は一体なんなのだろう。

仕事と結婚へのプレッシャー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

20代半ばをすぎると、急に増える会話がある。それは仕事の話と結婚についての話だ。今までは、ようやく慣れてきたお酒を飲みながら、時には飲まれつつもそれなりにバカなことを楽しくやって過ごしてきた。後輩がどんどん増えていく中でも、私たちは変わらない。そんな当たり前を信じていた女子同士での会話が急に大人へと変わる瞬間がある。

「ねぇねぇ、最近仕事はどう?」

職種も何もかもが違う私たちには、仕事の話を聞いたところで理解ができるような共通点があるわけではない。こんなことがあってさ・・・というのはいつも悩みを抱えている誰か。それに共感するように、「私もこんなことがあって」と話を重ねてその場は盛り上がる。

「最近付き合ってる彼氏はどうなの?」
「結婚するの?」

まるで仕事の話が前置きだったかのように、自然な流れで恋愛の話に以降する私たちの会話。付き合っている彼氏の話題が出たあとは大抵、結婚の話が飛び出すのだ。

私たちは知らないうちに、仕事へのプレッシャーと同じく、結婚への焦りを感じている。そしてその不安や焦り、プレッシャーを誤魔化したいと安心感を求めて、似た友人にその話題を持ちかけるのだ。結婚願望が一切ない、と思っていた私でさえそう。既婚者が周りに増え、孤立していく独身女性の姿はまるで、群れを作る鳥のよう。いつのまにか、付き合っている彼との未来を考えるより、結婚はいつするだろう、という時期について悩み始める。

結婚・出産・育児へのプレッシャー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚をしたら、幸せな新婚生活が待っている。なんて思っていたけれど、人間は慣れに早い生き物だ。気づけば、旦那さんが帰ってくることが当たり前になって、一緒に寝ることへの幸福感を噛みしめるより先に、日々の疲れや体力の消耗に目が行ってしまう。

もちろん結婚生活は平凡と感じられるほどに幸せなものだし、それを実感もしている。結婚をしたことによって、"2人の将来"が"家族の将来"になった。家族というのは、もちろん旦那の両親も含めてのことだ。

彼の両親は、孫の顔を見られることを今か今かと待ち望んでいる。
私が絶対に嫌だった、両親との同居はなんとか免れたけれど、そのプレッシャーはあらゆる場面で感じ取ってしまうものだ。

『自分自身が大人になりきれていないのに、子どもなんて・・・。』

そんな不安を誰かに言えるほどの年齢でもない。子どもができたら自然と親の顔になるものなんだ、と周囲は口を揃えて言ってくる。結婚への焦りがなくなったら次は子どもを急げって? 私だって、自然に授かりたい、自然に親になりたい。結婚に次いで、妊娠・育児への不安がやってくる。

辛い…仕事のプレッシャーから脱却するには?

https://cinq.style/articles/276

周りからの期待や圧力に押しつぶされそうな時…どんな風にプレッシャーから脱却してる?心を軽く、仕事を楽しむ方法をご紹介!

介護・老後への不安

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

不安を乗り越えながらも、人生はやはり進んで行くもので、あんなに不安だった育児も毎日をこなすことに必死になっているうちに、子どもは成長を進めてきた。
自分が不安だった子育ても、なんとかなっているような気がしている。子どもは一番の宝だと思うし、何より自分の子が世界で一番可愛い。親としての自分の点数なんてわからないけれど、愛情だけはたっぷりと注いできた。

子育てに対しての不安が少しずつ緩和してきたころに、次は私たちの両親を心配する気持ちが強くなってきた。強気だった母の笑顔はいつの間にかとっても優しいものになり、足取りはのんびりとしている。ふっくらとした体も、今ではなんだかとても小さく見えるのだ。今後の介護はどうするのが正解なのだろう、私の力で面倒を見きれるのだろうか。介護の知識なんてない、また不安が襲ってくる。

親の老後を考えると同時に、次は自分たちの将来にも霧のようなモヤがかかる。自慢の子どもが、大人になった時、私はどうなるのだろう。しわしわになって、目も見えなくて、体も重くて、その時もしひとりぼっちだったら?

言葉にできないようなグレーな気持ちがずっとつきまとう。そんなもの、どれだけ考えたって結論なんて出ないのに。

無意識にずっとあるモノ

悩みごとはなんですか? と聞かれた時に、具体的な悩みはなにかわからない、という時がある。そんな時は、無意識にずっとある不安に目を凝らしてみるといい。私たち女性は常に不安と隣り合わせのところにいるのだ。家庭を持つといったライフイベントをわかりやすく文字に起こしてはみたけれど、それ以外にも金銭面や、人間関係など、悩みとなる要因はたくさんある。

知識だけがどんどんと増え、頭でっかちになってしまうのも大人の特徴ではないだろうか。当たり前と感じる日常の先にある、まだ見えない未来に関しては、どんどんと臆病になっていく。経験してみないとわからない、それを理解はしつつも、経験する前から怖がってしまっているのだ。

大人になるに連れ、のしかかってくる重りの正体は、臆病さなのである。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リスク回避を恐れ、私たちは慎重になる。

だけど、いつもその場に遭遇してしまうと、結局なんだかんだ乗り越えることしかできないのが自分だ。もちろん逃げたくなることもある、だけどいつも私たちはそんな悩みや問題を、過去も乗り越えてきた。忘れたことさえ、忘れてしまうほどに。臆病なるななんて無理だ。だけどこれって悪いことじゃない。大人になると感情の幅は増え、経験値も上がり、記憶は蓄積される。

それってとても、素敵なこと。

日々、あなたは作り上げられていく。積もってきた要素があるからこそ、日々の何気ないことが嬉しく感じることもあるのだ。私たちにとって、幸せの形はそれぞれ違う。様々が作り出すのがあなたなのだから、臆病に感じる不安すらも必要なんだ、味わいながら飲み込んでいこう。

変化を求める私たちに、安心感しかない未来なんて、きっとつまらないから。

心と身体に元気が必要。忙しい毎日でも「疲れない」心の持ち方

https://cinq.style/articles/1523

毎日たくさんの仕事量をこなして、家に帰ったら掃除洗濯炊事……。働く女性はなにかと忙しくて、ついつい身体に疲労をため込んでしまいます。そして、それと同時に、心にも疲れが。毎日のしかかるプレッシャーや漠然とした不安と日々闘う私たち。そんな私たちが、なるべく疲れを感じないための心の持ち方について考えてみましょう。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


不安

関連する投稿


いつまで独身なんだろう?ザワザワしている心の落ち着かせ方

いつまで独身なんだろう?ザワザワしている心の落ち着かせ方

積極的に独身を選んでいるわけではない。ただ、今はひとりというのは紛れもない事実で、いつまで独身なのかも分からない。夜になるたびに動悸がしてきて、落ち着くまでじっと耐えている人も多いのでは?


いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

昼間は友だちと楽しくおしゃべりしていたはずなのに……。急に自分だけが、ひとりぼっちのような気がしてきて、涙がポロリ。今回は、無性に泣きたくなった夜の乗り越え方をご紹介します。


このままでいいのかな? 「仕事」に関する不安を打ち消すキャリアの見直し

このままでいいのかな? 「仕事」に関する不安を打ち消すキャリアの見直し

ある程度仕事を続けていると「このまま今の仕事を続けていいのかな」という疑問をもったり、目に見えない「将来」に関して漠然とした不安を抱いたりすることが増えていきます。キャリアに関する不安やモヤモヤを感じたら……まずは自分の見直しからスタートしてみましょう。


夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

日中は仕事に追われているせいか、あまり寂しさを感じない。でも家に帰ったとき「おかえり」と言ってくれる人がいないのは、ちょっぴり寂しかったり。寂しさも不安も、ちゃんと乗り越えれば、また強くなれますよ。


ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第68回目は、心と身体の関係について考えます。


最新の投稿


4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか? ついつい夜寝る前にも触ってしまうスマホですが、電子機器から発せられる強い光は、私たちの目を冴えさせ睡眠不足を引き起こします。今回は、寝る前スマホをやめるのが難しいアナタに「Night Shift」というiPhoneの便利機能を紹介!


ツヤとピンクがキーワード! 桜の下でも映える華やかお花見メイク

ツヤとピンクがキーワード! 桜の下でも映える華やかお花見メイク

そろそろ桜が咲く時期。お花見を計画している人も多いのでは? 桜が醸し出す柔らかくて明るい雰囲気にマッチするよう、メイクもお花見仕様にチェンジを! 美しい桜の下で映える顔をつくるには、ツヤとピンクがキーワードに。今回は、お花見メイクのポイントを紹介します。


その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

その言い方は避けて! 人に嫌われやすい地雷フレーズ

自分は嫌味を言ったつもじゃないのに、なぜか相手を怒らせてしまったり気まずい雰囲気になってしまった……という経験はありませんか? 言葉一つで相手と親密度が上がることもあれば、瞬時に距離を空けられてしまうこともあります。今回は、つい言ってしまいがちな“地雷フレーズ”をご紹介。


天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は探すものじゃなくて、自分の手で創りだすもの。今回はTwitterで仕事を獲得する方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング