将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?



20代の頃は自分の10年後に対しても、何とかなるだろうと構えられたけれど…。30代から考える将来は何かと不安ばかり。そんな不安を少しでも取り去るべく自分に確かな財産を残したい!と、マンション購入をする独身女性が増えているのだとか。でも、マンション買ったら結婚出来ないなんていう謂われもありますがどうなのでしょうか。今回は、独身女性のマンション購入についてお伝えいたします。

独身女のマンション購入は安心材料

資産の一つとして手堅い、家の購入。
実は意外なことに、結婚の見通しが無い20代のうちからマンションを購入する女性も少しずつ増えているそうです。その理由はシンプルに年齢が早いうちに購入した方がローン返済も早く、老後にゆとりある生活を望めるから。40代で家を購入するとなると月々の返済プランも厳しくなり、月々の返済額が高くなっていくというデメリットがありますよね。

とはいえ、資産を残すということを本気で考え始めるのは大体30代後半から40代頃の独身女性が多いのではないでしょうか。実際、思い切った買い物だったけれど自分に「家」という資産があるだけで老後に対しての不安は感じなくなったという意見もよく聞きます。

マンションを買ったら、結婚できないって噂はホント?

独身女が買ってはいけないものの一つとして挙げられる、マンション。そもそもこう言われるのは単純なる日本の古い慣習で、「マンションを購入する=結婚する気がない」と図式を多くの人が考えているというだけです。マンションを買ったから結婚が出来ないなんていうことはなく、結婚したら夫と一緒に住む方もいますし、転勤などの都合で、そのおウチに住めなくなった場合はローン返済中でも賃貸として他の人への部屋貸しを金融機関が認めてくれる制度もあります。

つまり、資産を持っていて悪いことはない上に、それが結婚の妨げにはならないということです。むしろ共有できる資産があるのは、お相手の男性にとっても嬉しいことなのではないでしょうか?

将来に確実に備えるものを持とう

結論として、独身女性のマンション購入は個人的に良い選択なのではないでしょうか。もちろん、頭金が揃っていない、年収がこころもとなく完済に不安がある…など、様々な理由で家を買える状況ではないという方もいらっしゃいます。そういった場合は、将来に備えて資産を殖やす活動を今から始めるか、ファイナンシャルプランナーと相談して、ライフマネープランを組んでもらうのも一つの方法です。

確実に安心できると思える老後への対策を早いうちから行っていくことで曖昧な不安を取り除くことが出来るのかも。ぜひ、ご自身の将来についての参考になさってみてくださいね。