生産性自己診断ツールでわかる、仕事の生産性を高める改善点とは?



国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ株式会社は「生産性自己診断ツール」を開設しました。

このツールは、28の質問に回答すると、生産性向上のための改善点をアドバイスをしてもらえます。とっても利便性があふれるツールなのです!

「生産性を高める7つの改善」とは

生産性自己診断ツールでは、自分が改善すべき所は何か? 7つのポイントを見直すよう、アドバイスしてくれます。

1. 仕事の目的 目標の設定

生産性向上の第一歩は、仕事の目的を正しく認識することから始まります。まず、仕事の最終的な目標を確認しましょう。そして、その目標に到達するための仕事の全体像(自分の仕事の前工程や後工程)を意識することが重要です。

2. プロセス改善

プロセスを見直してみましょう。
慣例や慣行、あるいは固定観念や思い込みに囚われているかもしれません。計画段階に時間をかけ過ぎないこと、粗い計画であっても早く実行に着手することが、変化対応の時代に生産性を高めるポイントとなります。

3. 時間の使い方

複数の仕事を効率的にこなすため作業の優先順位をつけましょう。
そして本質的課題を先送りしないためのスケジューリングやタイムマネジメントが重要です。

4. 効率的なコミュニケーション

効率的なコミュニケーションには、まずは相手と信頼関係を作ることが重要です。そのためには5つのツボ(適切さ、相手の理解、能力の開示、共通点を探す、強い意思をもつ)を押さえることがポイントです。

5. 人の使い方

組織で仕事を進める中で、部下だけでなく上司、他部署、さらには他社の人をうまく活用できなければ、生産性を高めることはできません。仕事の依頼を効果的、効率的に行い、人を活かすためには、コミュニケーションのアプローチを使い分けることが重要です。
また、他者に仕事を割り振る際には5つの視点(①相手の能力、②成長機会、③稼働性、④意欲、⑤人と人の組み合わせ)を考慮することが重要です。

6. 会議を変える

生産性向上には、会議の効率と効果を高めることが不可欠です。会議をうまく進めるためには、ファシリテーターの役割が重要です。
ファシリテーターには、アジェンダ(会議の目的や進め方、時間配分を明文化したツール)に従い、目的志向で論理性を重視した議論を促すことなどが求められます。必要応じて、会議の参加者に役割を付与することも重要です。

7. チームの力を高める

職場や社内外のプロジェクトチームの力を最大化するために、メンバー個人がもつ経験、知識、コツをチーム内で共有することが重要です。対等な立場でオープンにディスカッションし、知識等を明確化し、チームで共有しましょう。
意見を出し合うことができるチーム作りには、自己を主張する度合いと、他者を受け入れる度合がともに高く、バランスが取れていることが必要です。

リーダーシップを取る人なら診断してみよう!

サイコム・ブレインズの「ホワイトカラーの生産性を高めるための研修」で講師を担当している鳥居勝幸(サイコム・ブレインズ社会長)は以下のようにコメントしています。

『日本の生産性は、OECD加盟35カ国中20位となっており、労働効率の悪さが問題視されています。人材不足が深刻化し、育児や介護による時間制約のある社員が増える中、限られたリソースで従来と同じ、もしくは従来以上の成果創出が求められています。個々人の意識向上や業務遂行の効率化に期待するだけでは到底、達成できないチャレンジであり、組織・チームとしての生産性向上のイノベーションが必要不可欠です。弊社では、組織・チームとしてのイノベーションの要となるマネージャーに着目し、「7つの改善」アプローチを提言しています』

政府は「生産性革命」と題し、生産性の向上を成長戦略の柱と位置付け、取り組みを本格化させています。働き方改革の動きが広がる中、企業も自社の生産性を見直すことが不可欠となっています。

人を動かすリーダーを中心に、自分の”強み”と”弱み”を認識して会社全体の生産性を上げていけるようにしましょう。

簡単に答えられる質問なので、ぜひ診断してみては?

生産性自己診断ツールはこちらから