フィルターバブル問題って?便利の裏側にある「視野」の作られ方|MY WORK ヒント#46



「検索する=機器が記憶する」

スマホやパソコン、タブレットなど情報が簡単に検索できる時代になりました。新聞を取るより、ニュースアプリでウェブ記事を読む。本を買うなら、タブレットに電子書籍をダウンロードする。そんな方も多いのではないでしょうか。

私もデジタル機器が大好きな一人ですが、最近とても気になるトピックがあります。それは、「フィルターバブル問題」

スマホやパソコンで検索すると「検索履歴」が残り、自分の興味がある広告が自動で流れてきたり関連トピックが配信されたりすることがあります。これらは、デジタル機器が持ち主の検索したことを記憶し、趣味傾向にあった情報をどんどん見つけてくれる機能。しかし、言葉を言い換えると自分が過去に検索したことの積み重ねでできる「フィルター」に包まれているため、検索をすればするほど、知らない間に「バブル(泡)」の中に入り込んでしまうという状態になると言うのです。

そこで今回は、「フィルターバブル問題」のメリット・デメリットを考えたいと思います。

自動で導いてくれる、自分の興味

メリットは、言わずと知れた「便利さ」ではないでしょうか。SNSや動画視聴でも、一度検索したりお気に入り登録をしたりしただけで、どんどん自分に合いそうなトピックを流してくれますし、ニュースアプリやパソコンの検索でも、「あなたにオススメ!」と情報が出てくることで、興味関心を深く追求することができます。

私の経験だと、ネットフリークスで映画やドラマを観ると検索結果や観覧履歴から、「マッチ度」を割り出してくれることがとても便利だと感じました。膨大にあるコンテンツの中から自分の好みにぴったりな映画やドラマを見つけるのは、デジタル機器の方が圧倒的に素早いですよね。

フラットな状態で情報を見る工夫

いっぽうで、自分でも気づかない間に「視野が狭くなる」ことが、最大のデメリット。検索するほど、デジタル機器は内容を記憶し、また次の検索結果を出す。この繰り返しにより、自分が興味関心がある物事しか目の前に現れなくなっていきます。

新聞や図書館、本屋などは、興味関心の有無に関係なく情報を一覧できるため、自分にフィットした情報を見つけるのは難しくもあります。しかし、その部分がメリットです。

足を運んだり、紙で情報を得たりすることで、自分の興味関心のない部分もあえて見る。それが「フィルターバブル問題」を減らすポイントだと思います。または、パソコンで検索をするときは、自分の情報が入らないように「シークレットモード」でフラットな状態を作るのも良いですね。

「自分仕様の情報収拾」から一歩抜け出すことで、何か新しいヒントが落ちているかもしれません。ぜひ、意識してみてくださいね!