Cosbi×Cinq「SPRING BEAUTIFUL PARTY」イベントレポート

Cinqアライアンスメンバー初の限定イベント♡

2月25日にCinqとコラボをしたのは、免疫を鍛えるための化粧品「Cosbi」。長年の研究を重ね、サーチュインで若返りのお肌へと導くラインナップが魅力です。昨年の冬に募集をしたCinqのアライアンスメンバーとそのお友達のみをご招待したクローズドイベント。当日は60名以上の方にご来場いただきました。

綺麗になる女子会が裏テーマ

もうすぐ春ということで、スプリングカラーをテーマにしたパーティーを。この日設けたドレスコードはパステルカラーでした。当日は割と寒い日だったにも関わらず、みなさん春らしいファッションに身を包んできてくれました。

フォトブースではイベントタイトルが入ったバルーンや、代官山に店舗を構えているフルール・エムイーさんの花冠などのお花をたくさん準備!おしゃれな女子会の開催です♡

綺麗になることがテーマの女子会。みなさんがちょこっとつまめるようなお食事も、オーガニック&ヘルシーにこだわりを。美しくなる⼥⼦会で、非日常にときめく空間作りをしました。インスタグラムでのハッシュタグ「#よくばり女子」を検索すると、イベントの様子をみることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

「Cosbi」の会長、⼤和⾕朱美さんが登壇。

イベントではCosbiの会長である、⼤和⾕朱美さんが登壇。女性にとって欠かすことのできない、美容についてを語りました。今では年齢を感じさせない美しいお肌を持つ会長も、昔はアトピー肌に悩みを持っていたそう。化粧をできない肌に劣等感をもっていたことから、どうしても肌荒れが治る化粧品が作りたいという気持ちをきっかけに、スキンケア「Cosbi」が生まれたのです。これが、なんと35年前のお話でした。

同じ女性として、会長の言葉に共感する女性たちの声もたくさん。熱心に会長の話を聞くアライアンスメンバーさんたちの姿がとても印象的でした。
中には「肌ケアを頑張ろうと勇気づけられた」と嬉しいコメントも。

今回、編集部ではそんな会長にもっと詳しい話を聞きたい! と裏インタビューを開催。「Cosbi」が生まれるまで、そして美容についてのお話を伺いました。

「Cosbi」が生まれるまでのストーリーを教えてください

肌がアトピーだったので、一生化粧品ではお肌がきれいにならない思っていたんです。だからこそ、皮膚科の考え方を学ぼうと思ったんだけど、どれだけ学んでも私にはなぜか納得できるような答えはなくて。そこから、肌を研究することにしたんです。

魚は水から出すと、すぐ干からびてしまいます。けれど、私たちは水から出入りしても干からびることはありません。それだけ私たちの肌には、水が弾き飛ばす性質なのだと考えました。
水が肌に浸透しない、これではどれだけいい化粧品を使っても、お肌に入っていきません。どうしたら綺麗な肌になれるのかと、足踏みをしたこともあります。でも、キレイになることを諦めることはできませんでした。

どうしてお肌が衰えていくか、お肌のシミや荒れはどうして起こるのかも考えました。湿気と乾燥が繰り返されることで、お肌は老いていくんです。「老け」を感じさせるポイントに、目の下と口の周りの衰えがあることに気が付きました。目の周りは目の水分が、瞬きすることによって落ちていき、口の周りは鼻息やおしゃべりで乾燥と湿気を繰り返すことがわかるのです。だから、角質層が薄い、というよりは角質が溜まりやすいということにも気がつきました。アトピーの私も、目の周りや口の周りが特にガサガサで、痒くて、痛かったことを思い出します。

そこで、保護するよりも先に、優しく落とすことに特化した化粧品を作ることにしました。それによって、お肌がターンオーバーを起こし、新しく美しい肌が生まれます。医者や従来の化粧品の考え方とは、全く反対のやり方で、私の肌も綺麗になることができたんです。

従来の化粧品の中からベストなものを見つける、でなく作ろうと思った理由は?

私は今まで、多くのブランド化粧品を販売してきましたが、実は無力感に苛(さいな)まれてきました。正直どんな化粧品を使って頂いても、お肌の綺麗な人は綺麗、汚い人は汚いままなんです。体質や習慣などで、お肌や髪の毛は決まってしまうのです。それに、みんなそれぞれに違う免疫や体質を持っています。
だからこそ、自分で納得のできる化粧品を作ってみようと思ったんです。自身の皮膚を使って、試行錯誤を繰り返しながらたどり着いたこと。それは、免疫を活用することでした。免疫と聞くと、病気を治すもので、お肌とは無関係に感じてしまうかもしれません。でも、この免疫は病気を治すことと同じように、お肌にも、髪の毛にも大きく関わっていることが分かったのです。

肌の免疫を鍛える、もちろん常に鍛え続けなければなりません。
外から”入れる”の発想だけではなく、内側から”鍛える”発想が必要なんです。美容成分を肌から入れるだけではなく、肌の中の免疫を使うんです。
そんなにうまい話があるのか? ともちろん思うのですが、その一つのカギになるのが「二酸化炭素」でした。わたしは免疫を高めるために、二酸化炭素の研究を長らく続けてきました。二酸化炭素は理論上、免疫を高めることが分かっているのです。でも、これを利用して、どういった化粧品にするのか、ここが最も難しい問題でした。

二酸化炭素を利用したパックが今回のイベントのお土産にもなっていますよね。その特徴を教えてください。

化粧品は入らないけど二酸化炭素はお肌の中に吸収され、炭酸効果でお肌の奥深くまで届き、自分の力で酸素を放出します。その酸素を吸った細胞ははじめて吸った酸素で元気になるんです。

細胞は若返り、赤ちゃんのような新しい肌を産みだして表に押し上げてきます。ターンオーバーが早くなり、角質層が薄くなるように、創り上げた商品です。ですが、従来のものは、15分という効果で一瞬にその効果が消えてしまっていました。炭酸効果の一番良い効果を味わうことが難しかったんです。ですが、「Cosbi」の炭酸パックは15分をピークに1時間そのまま真っすぐ力を発揮し、ゆっくりと落ちていきます。炭酸効果の力は、最大限に活かせるものにしました。

これが、自分ではできない、お肌の運動と角質層の生まれ変わりを促す商品なんです。本来でいうと、炭酸パックを使用している場所が数分で赤くなるのが、本当の炭酸効果です。赤くならない炭酸パックは巷に出回りすぎていますが、それでは炭酸パックを効果を知らないのと同じです。

いらないものを除去した肌にヒト幹細胞のナノテクノロジーを使った美容液がお肌に直接触れて効果を発揮する。これがサーチュイン・スパイラルで、若返りの力を発揮します。

ありがとうございます。最後に、読者の方にコメントをお願いします

自分の力でできないことを、化粧品で助け、尚かつ自分の力を最大限使えるようにすることで、ターンオーバーと運動がはじまると思い創り上げた商品です。角質が多いと、洋服の上から体を洗うのと一緒で肌には届きません。「Cosbi」は、他社の化粧品とは全く正反対の考え方から始まった化粧品です。

化粧品はお肌の中には入っていくことは殆どなく、角質層が厚ければ全くお肌の中には届かない。だからこそ角質をとることによって、肌に入るように近づけました。お肌の薄いところだから、と言って怖がっている方々も沢山いらっしゃると思います。

でも、角質層の溜まっていない健康なお肌は、皮膚が薄くなっていて、3日に一度のペースでターンオーバーを起こします。赤ちゃん肌のようにきめが細かく、つるんとしています。大人のお肌も同じように、血管を抑え肌の弾力、くすみもないしっかりとしたハリを作ることが大切です。お肌が老化で仕方ない思ってらっしゃる方、私は乾燥で冬が大嫌いだと思ってらっしゃる方、アトピーで私は化粧ができないと思ってらっしゃる方、諦めないでください。これから先5年後、10年後のお肌に向けて今から準備をしても遅くはありません。ぜひ「Cosbi」の化粧品を試してみてください。

サーチュインで、赤ちゃんのようなモチモチ肌へと導いてくれるスキンケア♡ 多様なライフスタイルでお疲れの気味の肌にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

当日参加してくださった方の様子、またイベントで配られたもう一つのプレゼントを次回の記事ではご紹介します。どうぞお楽しみに!