可愛いも学びも手に入れる。働き女子にオススメな「スタディープランナー」って?



スタディープランナーって一体なに?

資格の勉強や習い事など、なにかを学ぶのであれば楽しく学びたい! と思っている人も多いはず。それを実現できるアイテムがあるって知っていますか?

その答えが、韓国の学生がよく使っている「スタディプランナー」です。
スタディプランナーとは、毎日の勉強量を管理するためのシートのこと。ただ書くのではなく、毎日の予定・成果を自分流にカスタマイズして、可愛く残すことでモチベーションが高まり「楽しく勉強、効率よく残すことができる!」と、いまSNSを中心に話題を集めています♪

どんなことを書くの?

スタディープランナーはその名の通り、プランを立てて勉強し、レビューとして振り返ることができるシートを指します。勉強はもちろん、資格取得の際、仕事用のノートとして使用することができるのが特徴です。スタディプランナーに一般的に書かれていることをまとめてみました。学びたい内容によって、自分でカスタマイズしている人も多いので参考までに◎。

DAY(日付)

学んだ日の日付を記載します。
【D(Day)-〇】と、試験日までの日数を書き残す欄がある場合もあるので、試験の日が決まっている時には活用すると良いでしょう。試験までの日数が目に見えてわかるので、やる気もアップします。

GOAL(ゴール)

1日の目標を記入する欄です。
テキストを3P進めるなど、小さな目標でもOK。イベント欄などがある場合もあります。

TO DO LIST(タスク)

その日やるべきことを具体的に書き出す項目です。
やるべきことをやり終えたら、チェックボックスを可愛く塗りつぶして。

TIME TRACKER(タイムトラッカー)

勉強した時間が把握できるようになるグラフです。勉強した時間を塗りつぶして可視化することで、勉強の内容の振り返りや次の勉強のモチベーションに繋がります。

TOTAL(トータル)

1日の総勉強時間やまとめを記入します。

NOTES(ノート)

その日の一言日記や、どの部分が理解できなかったなどの、振り返りを書くスペースです。次の学びに繋がるコメントを残すと自分の得意・不得意分野も明確になり、効果的に。

ノート型スタディープランナーの発売は日本初♡

日本初の手帳型スタディプランナーが発売されました。
1冊で3ヶ月分のスケジュールを管理することができる、勉強型手帳です。科目や項目ごとにリスト化もされているので、可愛く計画的にしっかりと勉強することができます。
目標や学びの内容、予定や感想までしっかりと記入することができるので、学びを振り返るのにもバッチリ。

&STUDIUM
スタディプランナー 手帳 972円(税込)/編集部調べ

スタディープランナーをチェックする♡

目標をあらかじめ設定しておけば、毎日の仕事で生まれるタスクを整理するにも役立ちます。つまり、スタディープランナーは仕事用の手帳としても活用することができるのです。

普通のノートに付箋やメモ用紙を使って、オリジナルのスタディノートを作ることもできます。シールやカラーペンなどを活用すると、ノートがもっと華やかになって、学びがいっそう楽しく。
新しいことを始めたい、と思っていてもなかなか始められていない人は、このように楽しみながら始められる、モチベーションづくりのアイテムを使ってみると良いかもしれません。3ヶ月で使いきるノートだからこそ、目標達成に向けての意欲も出ます。

もちろん3ヶ月の努力が実を結んだときには、このノートを読んで自分へのご褒美も忘れずに♡スキルアップをさらに楽しんでいきましょう。