笑顔がコミュニケーションの基本。出世するためにケアすべき、忘れがちなある箇所とは?



投資すべきは、肌? 靴? それとも…?

人に好印象を与えたいのなら、気にするべきポイントは一体どこだと思いますか?

「潤いのある髪」でしょうか。「綺麗な肌」でしょうか。はたまた身に付けている「靴」などの装飾物…? きっと、色々なキーワードが出てくると思います。もちろん、全て外見に表れるものなので、何を回答しても間違いではありません。それらが組み合わされて、印象が作られているのは事実です。ですが、日本人特有の見落としやすいポイントがあるというのはご存知でしょうか。

コミュニケーションの基本は”笑顔”でいること

人と会話するときに必要なものが「笑顔」です。これは万国共通で、コミュニケーションの基本とされています。コミュニケーションというのは、外見だけではなく表情や声、仕草などすべてに表れます。

笑顔をつくるときに、一番どこが人に見られているか、印象を左右するのかを考えれば、おのずと答えはでてくるはず。そう、ヒントは口元に隠されているのです。

アメリカでは、出世に必要なのは「美しい歯」!

海外では出世のために必要なものは「美しい歯」だと言われています。小さいころから、歯並びを美しくするために矯正をしたり、定期的なクリーニングを行うことが当たり前とされているのです。日本では、クリーニングなどの処置が一部保険適応外、またホワイトニングは自費での治療となっていることもあることから、予防歯科の必要性というのをあまり認知されていません。

ですが、笑顔になった時に、黄ばんだ歯を見せることは海外ではNG。正しい教育を受けていないと判断されてしまうこともあるほどです。コーヒーや紅茶、ワインなどのポリフェノール、カテキン、タンニンなどの着色は、定期的なクリーニングで綺麗にオフする。これが出世の条件とも言われるほどです。もちろんたばこのヤニに関しては論外。

どれだけ綺麗な服に身を包んでいても、どれだけ物腰が柔らかくても、汚い歯で良い印象は作り得ないのです。つまりビジネスマン、ビジネスウーマンほど投資すべきものは、歯だということです。

隠す必要のない口元へ

会話をするときに、つい自分の口元を手で覆って隠してしまってはいませんか?
本来の綺麗な口元であれば、隠す必要は一切ないのです。綺麗な歯を保つためにも3ヶ月~6ヶ月に一回、歯医者さんで定期的なクリーニングを受けることをオススメします。また歯並びが気になる方は、少々高額になることもありますが、矯正を視野に入れてみてもいいでしょう。骨格が変わるので、小顔になるなどの嬉しい効果も望めます。

美しい歯は一生モノ。クリニックによって、料金や治療法も今はさまざまなものがあるので、いくつかの病院を比較して、自分に合ったところを見つけてみてください。笑顔に自信を持てるようになると、未来が明るくなりますよ。