好きだから離れて暮らす。新しいカップルのかたち「LAT」のメリットについて考えてみた

好きだから離れて暮らす。新しいカップルのかたち「LAT」のメリットについて考えてみた

好きだから一緒に暮らす、結婚をする。それは誰かが決めたルールではなく、あくまでも一つの流れ。お互いが自立していたいなら、別々に暮らすのもあり。今回は、新しいカップルのかたち「LAT」のメリットについて考えてみました。


男は外で働き、女は家を守る…は古い!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昔の日本だったら当たり前だった価値観も時代の流れとともに崩れつつあります。今は働く女性が増えていて、共働き夫婦も多くなりました。あえてシングルを選ぶ人もいれば、夫婦ではなくパートナーシップを結ぶ人もいます。

最近ではオランダ人ジャーナリスト、ミシェル・バーキエルさんが命名した「Living Apart Together(通称LAT)」という新たなライフスタイルが注目されているそうです。
今回は、LATのメリットについて考えてみました。

LATのメリット「仕事や趣味を優先しながら彼と向き合える」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

LATは、いわゆる別居婚に近いニュアンスが含まれています。お互いに深く愛し合っているからこそ、離れた場所で暮らす状態をさしているのです。カップルや夫婦は、常に一緒に過ごせば、安定した関係を築き上げられるとは限りません。

お互いに一人の時間を求めている場合、別々に暮らすことも一つの選択肢としては十分に考えられます。

特にそれぞれやりたいことが明確だったり、毎日暮らすうえで自分ルールがある場合は、無理をして一緒に暮らすよりも、別々に拠点をもっていた方がかなり楽に付き合えるでしょう。

仕事や趣味を最優先にはしたいけど、彼ともデートしたいキャリア志向の強い女性にもおすすめのライフスタイルです。

LATのメリット#2「お互いに自立した状態で過ごせる」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚をすると、どうしても相手に頼りたくなります。見返りだって、求めたくもなります。特に一方的に家事や子育てを押し付けられたら「何で私ばかり」となるし「男性に生まれてきてほうが絶対得だし」と、イライラ・カリカリしながら毎日過ごすことになるかもしれません。

LATを選んだ場合は、別々の場所に暮らしていますから、相手の分まで家事をする必要もなく、相手もこちらの分まで家事を押し付けられることもなくなります。つまり、通常のかたちをとるよりも、より自立した状態でお互いに過ごせるのです。

ベタベタなお付き合いではなく、さらっと大人な関係を目指しているなら、LATも一つの選択肢になるのでは?

LATのデメリット「子どもを産む場合は…?」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

LATのデメリットは、子どもが産まれてからどうするかです。

子育てだけはどちらか一方に任せてはおけません。子どものことを考えると、一つの拠点に家族が集結していた方が安心でしょう。もちろん、なかには子どもが産まれても引き続き、LATの生活をとり、週末だけ家族時間をとる人もいるそうです。

子どもが産まれたからといって、LATの生活が続けられないわけではありませんが、二人で過ごしてきたとき以上に「工夫」は必要になるでしょう。子どもが一定の段階まで育つまでは一時的に一緒に暮らし、もう一度、LATのかたちをとる方法もあります。

一緒に暮らす、がすべてじゃない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚をする。子どもを産む。一緒に暮らす。子どもの頃は当たり前だと思っていた価値観が今は時代の流れに沿って、次々と新しい価値観に書き換えられています。

どんなライフスタイルのかたちをとるかは、あくまでも自由です。お互いに自立した関係でいたいなら、LATのかたちを試してみるのもあり。

豊かな暮らしを実現できるように、もっとライフスタイルを向上させましょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


結婚 ライフスタイル

関連する投稿


見ていて納得!周りから「素敵」「かっこいい」と思われる独身女性の特徴

見ていて納得!周りから「素敵」「かっこいい」と思われる独身女性の特徴

ひとりを楽しんでいるあの人の横顔は、いつも凛としている。今回は、周りから「素敵」「かっこいい」と思われる独身女性の特徴をご紹介します。


私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

恋愛をしなければいけない。結婚しなければいけない。自分の中にある義務感を手放すと、新しい世界が見えてくるかもしれません。今回は、恋愛を中心軸にしない人生のメリットをご紹介します。


周りは結婚・出産ラッシュ!「自分だけが独身」の状況を悲観しないためには

周りは結婚・出産ラッシュ!「自分だけが独身」の状況を悲観しないためには

仲良くしていたメンバーは、みんな奥さんやママに。自分だけが独身の状況を、ときどき受け入れられなかったりしませんか?とはいえ、今日の明日で彼氏が見つかるわけでもありません。大切なのは、今を生きることなのかもしれません。


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

仕事に、人間関係に、気づけばストレスってどんどん溜まるもの。 やらなきゃいけないことは山ほどあるのに時間は足りない。ちょっと油断したら、何かが溢れてしまいそう。 そんな人は、もしかしたら人に振り回されすぎているのかも。


最新の投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング