顔色にあったコントロールカラーを選んで、肌色を明るく!



よくばり女子の皆さんにお聞きします。ベースメイクってどうしてますか? 最近はCCクリームのように、ひとつで全部をカバーするオールインワンタイプが人気になっていますよね。だけど、実はCCクリームもメーカーやブランドによって定義が異なっていたりするので、実は誰にでも似合うというワケではないんです。だからこそ、大人女子にこそこだわって欲しいのが自分に合うベースメイクなんです!

コントロールカラーを使う嬉しい効果

肌色の調整をしてくれる

赤みが強かったり、顔色がどよんと暗かったり、クマが気になったり。肌に関しての悩みって人それぞれ。だけど自分にあったコントロールカラーを選べば、肌色に関する悩みをナチュラルに目立ちにくくしてくれるんです。

肌悩みをカバーしてくれる

肌の色ムラはもちろん、凸凹などやニキビ跡も自然にカバーしてくれるので、つるんとした赤ちゃん肌をつくってくるという嬉しいポイントも。

メイク崩れを防止してくれる

メイク崩れは、厚塗りをすることで起こると言われています。ベースメイクで自分の肌悩みをカバーすることで、ファンデーションやコンシーラーを使う量が減って薄付きに。肌への負担も減るのがさらに嬉しい。

くすみ肌にはイエローベース

健康的な印象に

顔色が悪かったり、青みの強い肌は、なんだか不健康に見えてしまいますよね。そんな時はイエローのコントロールカラーを使いましょう。暖色系の色味なので、肌色をパッと明るく健康的に見せてくれますよ。肌が乾燥してなんだかくすみがかかっている…。という時にはイエローのカラーベースを。

ピンクベースで血色アップ

明るい血色感

肌が黄色味がかっていたり、青いクマがある人にはピンクのカラーベースがオススメ。暖色系を使うことで血色がよい肌をつくることができます。暗い印象の肌をしている人はぜひ。

グリーンベースで赤ら顔をカバー

ニキビ跡には一番効果的

グリーンのカラーベースを使うことで、肌の赤みを押さえることができます。ニキビ跡にもいちばん効果があるので、カバー力を求める方にはいちばん使いやすい色味です。

ブルーベースで透明感をプラス

色白さんは要注意!

ブルーのカラーベースは透明感を引き立ててくれるので、色白さんにはあまりオススメしません。だけど黄色っぽい肌をしているな、という方にはとても使いやすい色味。最近、ブルーやグリーン系のベースが大流行していますね。

大人女子はコントロールカラーをうまく使おう!

ファンデーションを足して、重ねるよりはナチュラルに素肌がきれいに見える方がうれしいですよね。大人になると、付き合いやお仕事で帰りが遅くなることもあるので、肌へのストレスもどんどん増えていってしまいます…。だからこそ、素肌をよりキレイに見せるコントロールカラーをうまく使うことが大切なのです。

ベースメイクをすることでファンデーションのノリもよくなるので、使う量が減るのもうれしいですよね。基礎的なことに、力を入れて余分なものは取り除いていきましょう。その日の体調や顔色に合わせて使い分けをするのもオススメです。

肌は人によってそれぞれ違うので、ただただ流行のものをチェックする、というよりは自分にあったものを選ぶという見極めをすることが大切かもしれません。毎日鏡の前に立つ自分の変化を楽しんで、もっとよくばりにメイクを楽しみましょう。