流されずに、貫く。私は私の道を。マイペースに生きるコツ



他人軸で過ごしたくない!

マイペースに生きる、暮らす。
そう考えていても、実践するのは意外と難しい。SNSを開けば、そこはご自慢大会。久しぶりに友達に会っても、一方的にのろけられるだけ。

自分軸をもっていたとしても、自分の未来だけをまっすぐ見て突き進むのは、簡単なことではありません。それでも、前だけを見続けて進んでいけたらいい、と思いませんか?

今回は、マイペースに生きるコツをご紹介します。

夜は外との接点を遮断する

夜の時間は、とても大切です。
翌日に備えて、英気を養う時間。外でエネルギーを使ってきた分、しっかりとお風呂で汚れを洗い流し、ボディケアをしながら身体と向き合う時間でもあります。

翌日に大きな仕事を控えていると、どうしても身体がこわばり、緊張しがちに…。そんなときにSNSを開いても、心が乱されるだけ。自分の生活ペースを崩したくないなら、夜は外との接点を完全に遮断すること。

仮に友達や異性から連絡が来ても、翌日に返せばいい話。緊急を要していない限りは、連絡を返すペースも崩さず、我が道をいきましょう。夜の時間を穏やかにするだけでも、翌日の心のスッキリ度が違います。

それぞれ生まれもった役割は違う

マイペースに生きるコツとは、生まれもった役割を認識すること。天命や宿命と表現される場合もありますが、同じ女性であっても全員が結婚をし、子どもを産むわけではありません。

なかには仕事を優先し、バリバリに働く人もいれば、若いうちからローカルライフに憧れて拠点を移す人もいたりと、何を重視するかは人それぞれです。生まれもった役割が異なる以上、他人の幸せな姿を見て、羨ましく思っても、そこからは何もいいものが発生しません。

きっとネガティブな感情が生まれるだけ。役割が違う以上、自分のペースを貫くしかないのです。右も左も見ないで、前だけを見続けることが幸せな暮らしへと繋がります。

自分の直感を信じる

「私は私」という生き方を実践していると、ときに反感を買います。そして、理解されないときの方が多くなります。敵も増えるでしょう。それでも、自分の生き方はこれですと、はっきり示せることができたら、それはマイペースな生き方といえます。

新しいことに挑戦するときも必ず「あり得ない!」「バカじゃない?」と、足を引っ張るような存在が出てきます。そんなときも自分の直感を信じ、前に進めるかどうかがポイント。

どんなに他人に相談しても、最終的に頼れるのは自分の直感なのです。いつの間にか他人軸で生きないように、心揺れ動いたときは、自分の中心を確認しましょう。

マイペースで過ごす時間を一分一秒でも長く

マイペースに生きたいと思っていても、朝から晩まで、しかも365日、自分の信念を貫き通すのは、すごく難しいこと。ある種の修行のようなもので、誰でも今すぐできることではありません。

でも、意識しなければ、近づけない。他人の視線を気にせず、自分のペースでひたすら前に進んでいきたいなら、余計な情報はすべて捨てて、何よりも自分自身の生活リズムを大切にしましょう♡