目指したいのは【雰囲気美人】オーラをまとう女を目指そう

目指したいのは【雰囲気美人】オーラをまとう女を目指そう

見た目の美しさだけでは語れない、雰囲気のある女性って何が違うの?


完璧な美人というわけではないのに、どこか洗練された雰囲気がある。なぜ、その人は外見的なルックス以上に全体をまとったオーラのようなものが輝いているのでしょうか。そこで今回は、思わず周りが見惚れてしまうオーラについての特徴をご紹介いたします。

オーラってそもそも何?

「あの人、なんかオーラあるよね」
「話しかけないでっていうオーラを感じる…」

などというように、私たちは日常で「オーラ」という言葉を使うことがあります。実際、このオーラというものは具体的にどういうものを指すのでしょうか。オーラを私たちにとって馴染みの良い言葉で表すとしたら、「気迫」ではないでしょうか。

言葉にしなくても表情や目つき、姿勢を見ればその人の強さを感じる。周りを圧迫させるような威圧感でも、場の空気に馴染めないようなオドオドした様子もなく、地に足ついた様子でどっしりと構えた姿が、その人の強さを象徴しているのでしょう。オーラという言葉は様々な解釈がありますが、私にとってオーラのある人というのは、自分という人間に揺るぎない自信がある人のことを指しているのだと理解しています。

オーラがあるから美しく見える

「美しい人はオーラがある」

こう考える方が多いですし、確かに美しい方はオーラを持っていることが多いです。それはそうですよね、容姿に自信があればそれだけ、自分に自信が持てます。しかし、実際はその逆で、「美しいからオーラがある」のではなく、「オーラがあるから美しく見える」のです。人は、自分を強く信じ、精神的に揺るぎのない芯の通った姿を持つ人に対してオーラがあると判断し、そのオーラが、その人をとても魅力的にしているので、顔立ちもより美しく映るようになるのではないでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

オーラを出すようになるには?

重要なのはここ、私も周りの人から「オーラがあるね」と言われるようになるにはどうすればよいのか?ということ。オーラは天性のものとされがちですが、個人的には誰しもが、その人特有のオーラを持っているように考えています。そのオーラを正しく発揮しているか、していないかの違いで、究極的に言えば、自信に満ち溢れている様子が伝われば必然的にオーラがあると判断されるのではないでしょうか。

例えば、恋も仕事も全てが今順調で幸せ!という状況だったら、あなたは現在の自分になんの疑問も不満も持つことなく楽しく過ごすことができるでしょう。周りはあなたのそんな姿を見ているだけで「なんだかこの人は常にハッピーで幸せな雰囲気をまとっているな」と判断するようになります。それが、まさしくオーラなのです。

オーラがあるね!という声をかけてもらうには、まず第一に現在の自分を好きになることが一番大切です。そして停滞することなく、新しい物事にどんどん挑戦していって、人間的な経験値を高めることも必要。あなたがあなたのことに対して、常に一生懸命になっていれば自然と周りはそんなあなたの姿を見て「美しいな」「雰囲気のある人だな」と認識するようになっていくのではないでしょうか。

揺るぎない自信を持とう

これが何よりも難しいことですが、人生がうまくいっている時も、そうでない時も、常に自分のことを信頼する気持ちも忘れないでください。「私だったら、この試練をきっと乗り越えられる」、「私がもっと素敵な存在になれる」「今日の私、すごく良いパフォーマンスだったね!」というように、自分自身との対話もして見てください。

自分が自分を大切に扱えば扱うほどに、あなたのオーラはどんどん輝き、それが揺るぎない自信となって周りをも魅了するほどに成長していくはず。ぜひ、オーラが欲しい!と思った時は、このことについて見つめ直して見てくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


仕事上手は頼み上手!ビジネスでも使える「おねだり」フレーズ

仕事上手は頼み上手!ビジネスでも使える「おねだり」フレーズ

1人で同時にたくさんの仕事を請け負ってしまうと、作業効率もダウンしてミスが起こる回数が増えてしまいます。仕事をうまく捌くためには、人に頼みごとする必要もあるのです。仕事上手は頼み上手でもある。人に頼みごとをする時に、使えるフレーズを学んでいきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第71回目は、悩んだ時の相談相手についてです。


最新の投稿


「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」と思われてしまう人の喋り方と、信頼できる人の話し方は、一体なにが違っているのでしょうか。実は、デキる印象はちょっとしたコツで作られるもの。今回は、信頼できる人の会話術についてご紹介します。


自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

フリーランスって自由だし楽しそう…いえいえ、実はそんなことないんです!たしかに自宅で働けるのは楽な部分もありますが、自由と引き換えにストイックに過ごさなければいけないときも。誤解されがちなフリーランスという働き方について、今回はご紹介します。


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

今年の目標として決意したことは、順調に進んでいますか? もしかすると、もう既に諦めてしまっているなんて人もいるかも知れません。ですが、1月はもう終盤でも、今年はまだ始まったばかり。「今年こそは」と意気込んでいる人に向けて、習慣が身に着くためのポイントをまとめてご紹介します。


メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

大人特有のメイク悩みを解決するため、さまざまな美容テクニックを紹介。今回は、血色が悪く顔のくすみや乾燥が気になっている方のために、ハリとツヤを与えて明るいヘルシー肌をつくるためのプチテクです。


RANKING


>>総合人気ランキング