世界を広げる! 知見を広めたいときに必要な3つのコト

世界を広げる! 知見を広めたいときに必要な3つのコト

インプット量を増やしたい、世界を広げたいと感じたときは何を始めることが最良でしょうか? 今回は、学びを増やすために必要なものを3つ、ご紹介します。


世界をもっと広げたい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なにかを成功するために、必要なものは、お金? 人脈? 知識? 経験?
あなたは一体何が足りていなくて、何が必要だと思いますか?

自分の知見をもっと広げたい、というときには何をすることが最良の方法なのでしょう。お金は降って湧いたように簡単に生まれたりしない。だからといって、人脈も行動なしにはついてこない。さて、自分の世界をもっと広げるためにすべきこととは一体なんなのでしょう。今回は、インプットを増やすために必要な材料を3つ、ご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

インプットを増やすためには、まず自分の感覚が「当たり前でない」ことを知ることから始めましょう。日ごろ出歩くことの多い場所、仲の良い友達、ルーティーンワークからの卒業です。自分が当たり前だと思っていることは、他人からすると当たり前ではないことに気づきます。

例えば、東京と大阪。この2つの場所を比べただけでも味覚、表現、流行、エスカレーターの乗り位置など、たくさんの違いがあることがわかりますよね。日本はとても小さな島国。海を渡ればもっともっと、違う生活が見えてきます。このような違いを多く目にすることで、自分の脳の中で凝り固まった先入観が崩れ、直観力が鍛えられます。そして何より、学びに必要なインプットをしやすい状態の脳に持っていくことができるのです。
インプットの際に必要なのは、先入観を持たずに、物事を受け入れること。まずはこういった環境づくりから始めてみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私たちが経験をするより前に、同じ経験をしている人たちがいます。そんな人たちの知識や情報、成功の元となった材料が詰まっているものが、本です。

私たちは、世界に足を運ぶことがなくても大陸の形を知っています。地方に行ったことがなくても、ある程度の地域の情報なども手に入れることができるのです。自分が目標としていることを先に成し遂げた人、こうなりたい! と思うような理想・憧れの人が手掛けた本は、自分にとってのテキストでもあります。興味のある分野の本は、たくさん読むようにしましょう。慣れないうちには、人の真似をすることも大事です。まずは、人の知見を取り入れられるように、たくさんの本を手にとって。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生の情報を手に入れることができるのが、口コミです。有名な雑誌に紹介されている「スゴイモノ」より、身近な友人の「すごくよかった!」が刺さることってありますよね。たくさんの人に情報を伝えることも大切ではありますが、最も大事なのは説得力。身近な人からのナマの情報が、一番の価値になります。

自分が知りたいことを、知りたい! と素直に口に出してみましょう。自分から発信をすることで、知りたい情報は自然と集まってきます。とくに専門分野に特化した人たちからの情報は、素直に受け入れること。自分自身に少しずつ学びがついてきたら、関わる人たちにも変化があることでしょう。謙遜しすぎず、ハッキリと自分の意見を大事に、積極的に人に会う時間をつくって。人に会うことも、直観力を高めるためには必要なのです。

身近なことから、始められること

ここで紹介した3つのことは、すぐに始められることです。
旅は、お金を貯めていけばいいし、本は図書館に行けば読むことができる。人に会うのも、まずは身近な人からで良いのです。まずは自分の半径数メートルにあるところから、インプットする量を増やしてみましょう。学びに対する姿勢をとったところから、あなたの世界はすぐに変わるはずです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


学び インプット

関連する投稿


インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

インプットとアウトプットのバランスは? 「学び」にとってのベストを考える

何かを学び、知識を取り入れることをインプット(入力)と言い、学んだから何かを生み出すことをアウトプット(出力)と言います。どちらもビジネス用語としてよく使われる言葉ですが、情報の仕入れとその反映は、どういったバランスでとるのがベストなのでしょうか?


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


キャリアアップにも繋がる! 働き女子におすすめの習い事

キャリアアップにも繋がる! 働き女子におすすめの習い事

「収入を今よりもアップしたい」「もっと、仕事を楽しくしたい」などの理由でキャリアアップに繋がる習い事に興味を持っている人も多いのでは? 今回はキャリアップにも繋がるオススメの習い事をご紹介します(詳しい料金体系などは、2018年1月31日現在の内容になります)。


左脳派?右脳派?大人の勉強方法は、思考回路がヒントになる!|MY WORK ヒント#21

左脳派?右脳派?大人の勉強方法は、思考回路がヒントになる!|MY WORK ヒント#21

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第21回目は、新しいことを学ぶ時の、勉強方法について考えます。


されてイヤなことは、反面教師に。心の痛みを感じたら、成長のヒント|MY WORK ヒント#19

されてイヤなことは、反面教師に。心の痛みを感じたら、成長のヒント|MY WORK ヒント#19

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第19回目は、仕事をする中で出会った、「イヤな気持ち」を次に生かす方法を考えます。


最新の投稿


女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

女性管理職率がトップレベル! スウェーデンに学ぶ労働環境って一体?

「世界幸福度ランキング」の上位に、北欧がこぞってランクイン。その中でも、スウェーデンは女性管理職率がトップレベルとなっています。一体、どんな所が日本と違っているのでしょうか? スウェーデンの労働環境について見ていきましょう。


残念ながら恋愛対象外!自称「仕事ができる男」の特徴って?

残念ながら恋愛対象外!自称「仕事ができる男」の特徴って?

自称・仕事ができる男。あなたの周りにもいませんか?やたらと語りたがり、武勇伝を大きな声で話す人のことです。周りからカッコ悪いと思われているとも知らないまま……。今回は、自称・仕事ができる男の特徴をご紹介します。


エチュードハウス『プリズムインアイズ』13色を比較! オススメカラーは?

エチュードハウス『プリズムインアイズ』13色を比較! オススメカラーは?

2018年9月7日から発売されているエチュードハウスの『プリズムインアイズ』はイタリア生まれのラメアイシャドウ。素肌のように柔らかいテクスチャーが目元に密着し、どの角度から見ても輝く美しい濡れツヤまぶたが長時間続きます。カラーバリエーションも13色ととっても豊富。全てのカラーを比較していきましょう。


後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

後輩指導を任された!率先して動けるようになる3つの教育方法|MY WORK ヒント#55

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第55回目は、後輩指導をする時のポイントを考えます。


顔より内面を重視したい!中身がイケメンな男性の特徴って?

顔より内面を重視したい!中身がイケメンな男性の特徴って?

顔がイケメンでも中身が空っぽでは意味がありません。尊敬できて一緒にがんばれる人が理想的。今回は、中身がイケメンな男性の特徴をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング