30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


年齢なんて、ただの数字。
だけど、年齢という数字はときに自分の在り方やスタイルを見直し、その都度、鮮度の高い自分へアップデートすることができる良い指標だ。20歳には20歳に似合う服を、30歳には30歳に似合う服を知って、よりアナタらしいスタイルを作っていきましょう。今回は、30歳の女性に捧ぐ、ファッションスタイルの作り方をご紹介します。

♯ あなたを表現する“色”を決めてみて

ファッションにおいての自分らしさを意識するさいに重要となるのが“色”。なんとなくアナタがいつも集めてしまう色などはありませんか?服以外にも小物やインテリアなどに気づけば多用している色があるかもしれないか、今一度自分の持ち物を見直してみてください。

いつも取り入れている色=アナタを象徴する色として周りに認知されているならば、ぜひ、今後も意識してその色の服や小物を取り入れてみてください。例えばアーティストの「シシド・カフカ」さん。彼女はなんとなくいつも黒の服をまとっているイメージはありませんか?なので彼女を見れば、「強そう」、「かっこいい」という印象を感じる人が多いです。

このように色から持つイメージをそのままアナタのイメージとして定着させることで、アナタらしさを分かりやすく発信することができます。青が好きなら、青系の服を揃えて「知性的な印象」を持たせてみましょう。ピンクが好きな方は、「愛らしさ・可愛さ」を表現することができます。持ち物としては取り入れてなくても、こういう印象を持たせたいという具体的なイメージがあれば、それにマッチする色を取り入れていくことで、周りからは狙い通りの印象を持たせることができるでしょう。

♯流行ではなく、“スタイル”を意識する

ファッションはよく「今年のトレンドが何か」について注目されがち。私自身も数多くのトレンド記事を配信してきました。しかしファッションはトレンドを追うことだけが全てではありません。むしろトレンドを全部盛りしたコーディネートは少々くどく、トゥーマッチな印象を持たせることになります。それよりも意識したいのは、ご自身のスタイルを確立すること。

ファッションにおいてのスタイルというのは、いわゆる「どういうファッションジャンルが好きか」、「どんなデザインのアイテムとアイテムを組み合わせるのが自分流なのか」という自分らしいコーディネートのこだわりのことを指します。

ファッションジャンルは、わかりやすく言えば女子アナ的なコンサバティブ系、アクティブなアイテムを取り入れたスポーティ系、シンプルだけどハードなアイテムを取り入れたモード系など、さまざまあります。その中の一つのジャンルを極めるか、あるいはそれぞれのジャンルを取り入れても絶対にこのアイテム・色を取り入れるなど。ファッションから感じ取れる、見て取れる「アナタのこだわり」を作ることが大切です。リボンのアイテムが好きだから、どのコーディネートにもリボンを入れる。それがマッチするようにお洋服を組み合わせていくなど、こだわりの作り方は人さまざま。アナタに合った形でこだわりを大切にしてみてくださいね。

♯変化が見られやすい“髪”は最重要項目

年齢に応じて変化がいちじるしい、髪の毛。毛量がボリュームダウンしたり、パサつきやすくなったり…。かつての自分の状態の良いヘアを維持しにくくなることもあります。そのため、ファッションやメイクは若々しくても髪の毛を見ると年齢がわかってしまう…という残念な見られ方をしてしまう可能性もあるので今後、気をつけたいポイントですよね。

そんな変化が見えやすい髪の毛はできるだけ、こまめなホームケアやヘアサロンのトリートメントを行って回避していきましょう。毎日のケアが大切なので、ドライヤーやブラシ、シャンプーなどを見直して上質なものを取り入れるのも良いですね。また、ヘアスタイルにこだわりがない方は、思い切って髪の毛をショート・ミディアムヘアにするとケアしやすいので、オススメですよ!

自分らしさは、その日から作れる

自分には個性がないと思う方は、すごく多いかと思います。かくいう私も自分の個性がないと感じることが多々あって、切なくなることも…。でも、個性というのは本来、誰の中にも備わっているもの。それをうまく表現できるかどうかの違いによるものが大きいのではないでしょうか。その点、ファッションというのは誰もが持っている洋服で、自分らしさを表現できる最も身近な“アナタだけの武器”なのです。ぜひ、ファッションという観点からアナタらしいスタイルを作り始めて見てはいかが?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


季節を問わず美しい♡グレーで決めるシックなコーデテク

季節を問わず美しい♡グレーで決めるシックなコーデテク

派手な色を好む時期も過ぎて、落ち着いた大人の女性になるとシックで品のある色合いを好むようになる。中でも上品な装いを実現させてくれる“グレー”に注目!無難で終わらない、美しいグレーコーデのポイントを紹介します。


暑さと湿気で最悪…!溜まる「夏疲れ」を週末で回復させるご自愛習慣法

暑さと湿気で最悪…!溜まる「夏疲れ」を週末で回復させるご自愛習慣法

今年の夏は酷暑が続いたり、かと思えば台風の影響で肌寒い日が続いたりと気温の変化の激しさがありましたね。そんな季節も終わろとしている今こそ、夏の疲れが溜まって体調不良を起こしがち。そこで今回は夏の疲れを週末で回復させる習慣法をご紹介いたします。


紙とペンで“整える”! 朝昼夜…「書く習慣」の時間別メニュー

紙とペンで“整える”! 朝昼夜…「書く習慣」の時間別メニュー

紙に書いて願いが叶うのは知っているけれど、あともう少し自分なりに工夫したいと感じるときはありませんか?時間帯によって書く習慣を工夫すると、さらに楽しい日々へと変わるかも♩


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


どんどんチャンスを引き寄せる! 努力を続けられる人の特徴って

どんどんチャンスを引き寄せる! 努力を続けられる人の特徴って

努力もせずにチャンスを引き寄せるなんて、そんなにおいしい話はありません。 自分らしく生きている人たちは、みんな努力家。来年こそ、続けられる私へと変身しちゃいましょう♩


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング