30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


年齢なんて、ただの数字。
だけど、年齢という数字はときに自分の在り方やスタイルを見直し、その都度、鮮度の高い自分へアップデートすることができる良い指標だ。20歳には20歳に似合う服を、30歳には30歳に似合う服を知って、よりアナタらしいスタイルを作っていきましょう。今回は、30歳の女性に捧ぐ、ファッションスタイルの作り方をご紹介します。

♯ あなたを表現する“色”を決めてみて

ファッションにおいての自分らしさを意識するさいに重要となるのが“色”。なんとなくアナタがいつも集めてしまう色などはありませんか?服以外にも小物やインテリアなどに気づけば多用している色があるかもしれないか、今一度自分の持ち物を見直してみてください。

いつも取り入れている色=アナタを象徴する色として周りに認知されているならば、ぜひ、今後も意識してその色の服や小物を取り入れてみてください。例えばアーティストの「シシド・カフカ」さん。彼女はなんとなくいつも黒の服をまとっているイメージはありませんか?なので彼女を見れば、「強そう」、「かっこいい」という印象を感じる人が多いです。

このように色から持つイメージをそのままアナタのイメージとして定着させることで、アナタらしさを分かりやすく発信することができます。青が好きなら、青系の服を揃えて「知性的な印象」を持たせてみましょう。ピンクが好きな方は、「愛らしさ・可愛さ」を表現することができます。持ち物としては取り入れてなくても、こういう印象を持たせたいという具体的なイメージがあれば、それにマッチする色を取り入れていくことで、周りからは狙い通りの印象を持たせることができるでしょう。

♯流行ではなく、“スタイル”を意識する

ファッションはよく「今年のトレンドが何か」について注目されがち。私自身も数多くのトレンド記事を配信してきました。しかしファッションはトレンドを追うことだけが全てではありません。むしろトレンドを全部盛りしたコーディネートは少々くどく、トゥーマッチな印象を持たせることになります。それよりも意識したいのは、ご自身のスタイルを確立すること。

ファッションにおいてのスタイルというのは、いわゆる「どういうファッションジャンルが好きか」、「どんなデザインのアイテムとアイテムを組み合わせるのが自分流なのか」という自分らしいコーディネートのこだわりのことを指します。

ファッションジャンルは、わかりやすく言えば女子アナ的なコンサバティブ系、アクティブなアイテムを取り入れたスポーティ系、シンプルだけどハードなアイテムを取り入れたモード系など、さまざまあります。その中の一つのジャンルを極めるか、あるいはそれぞれのジャンルを取り入れても絶対にこのアイテム・色を取り入れるなど。ファッションから感じ取れる、見て取れる「アナタのこだわり」を作ることが大切です。リボンのアイテムが好きだから、どのコーディネートにもリボンを入れる。それがマッチするようにお洋服を組み合わせていくなど、こだわりの作り方は人さまざま。アナタに合った形でこだわりを大切にしてみてくださいね。

♯変化が見られやすい“髪”は最重要項目

年齢に応じて変化がいちじるしい、髪の毛。毛量がボリュームダウンしたり、パサつきやすくなったり…。かつての自分の状態の良いヘアを維持しにくくなることもあります。そのため、ファッションやメイクは若々しくても髪の毛を見ると年齢がわかってしまう…という残念な見られ方をしてしまう可能性もあるので今後、気をつけたいポイントですよね。

そんな変化が見えやすい髪の毛はできるだけ、こまめなホームケアやヘアサロンのトリートメントを行って回避していきましょう。毎日のケアが大切なので、ドライヤーやブラシ、シャンプーなどを見直して上質なものを取り入れるのも良いですね。また、ヘアスタイルにこだわりがない方は、思い切って髪の毛をショート・ミディアムヘアにするとケアしやすいので、オススメですよ!

自分らしさは、その日から作れる

自分には個性がないと思う方は、すごく多いかと思います。かくいう私も自分の個性がないと感じることが多々あって、切なくなることも…。でも、個性というのは本来、誰の中にも備わっているもの。それをうまく表現できるかどうかの違いによるものが大きいのではないでしょうか。その点、ファッションというのは誰もが持っている洋服で、自分らしさを表現できる最も身近な“アナタだけの武器”なのです。ぜひ、ファッションという観点からアナタらしいスタイルを作り始めて見てはいかが?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


顔の造りや容姿だけではない。結局【美人】ってどういう人?

顔の造りや容姿だけではない。結局【美人】ってどういう人?

美人って、何をもって美人とするの?顔のつくり以外で勝負できる美人の秘訣をご紹介♡


梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

ジメジメした梅雨時は、だるくてやる気が起きずお掃除も手を抜いてしまいがち。ですが、湿気がある梅雨時は、汚れが取れやすく、実はお掃除のベストシーズンなのです。この時期におすすめしたいお掃除スポットをご紹介します。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

オシャレをしても、いまいち普通になってしまう。そんな方はもしかしたらこの要素が抜けているのかも…!


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング