男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

24時間寝ているとき以外は仕事について考える日々。バリバリと働くうちに男性性が強くなりすぎて体が悲鳴をあげていませんか?今回は、男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッドをご紹介します。


ひとりで働きすぎていませんか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近は、そこら辺の男よりも男でかっこいい女性たちが増えています。
限界をつくらず、前に進んでいく姿がまるでジャンヌダルクのような勇ましい姿に。

気がつけばいつもパンツスタイルでスニーカー。しかも着る服の色も黒や紺の男性性カラー。男性以上にかっこよくなりすぎても、女性である以上バランスが崩れてしまいます。

女性性=女性らしさを取り戻したくなったら、ぜひスピードをゆるめてみてください♡
今回は、男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッドをご紹介します。

男性性が強くなりすぎて、子宮が怒っちゃった!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私の個人的なエピソードになりますが、長く付き合った彼と一年前に別れて以来、仕事のことしか考えていない状況が続いていました。考えないのは寝ている間だけ。彼に反抗しているわけではなく、あくまでも目標達成に必死だっただけ。

数週間前、いよいよ子宮が怒りだしました。生理ではないのに、出血が起きてしまったのです。私はその症状があらわれたときに「男性性を強く出しすぎた」と大反省。急きょ検診を受けたり、少し休んだりと仕事をしながらも体調の回復を待っていました。

ずっと「女性がもっと本当の意味で、社会で活躍するためにはどうすればいいのか」なんてことを考えていたら、闘争心むき出しの状態になってしまったわけです。そこで、女性性を取り戻すためのメニューを考え始めました。

スカートを履いて出かける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性性をおさえていた自分に喝を入れた後「そういえば、スカートをやたらと回避していた」とふと思いました。恋人をつくりたいとも思わなかったため、スカートやワンピースのように女性性を強くしてくれるアイテムを全力で回避していたのです。

とはいえ、ずっとパンツスタイルを貫いてきた人がいきなりスカートというのは、なかなかハードルが高い。まずは、いきなりスカートを履いて出かけるのではなく、下にレギンスを組み合わせてハードルを下げてから着るように工夫をしました。あとは足に負担をかけない範囲でヒールも履きます。

結局スニーカーに戻っていくのですが、以前よりもヒールを履き始めました。キラキラ女子たちのように「ヒールが大好き」というわけではありませんが、少しだけ女性らしさを取り戻せた気がしています。

エステやネイル…自分磨きに力を入れる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何歳になっても自分磨きは必要で、やはり美しい人は美に関して努力をしています。しかも人知れずこっそり通いながら(ものによっては痛い思いをしながら)理想の女性像に近づけるようにとがんばっています。

ヨガの先生に「恋愛以外で女性性を取り戻すためには、どうしたらいいですか?」と尋ねたところ、定番ではあるものの「自分磨き」をおすすめされました。お財布とも相談しながら、最近は整体やエステ、ネイルにも通って女性性をアップさせています。

美容にも以前よりはるかに時間とお金をかけるようになりました。最近はセルフケアとプロのお手入れとダブルで美へアプローチしていますが、まだまだ研究生!

とことん、ゆるめる時間が大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮が怒ってしまったとき、私が一番反省したのは毎日過ごす中で常に一つの行動に対し意味づけをしながら過ごしていたことです。

「仕事に直結していない時間は、意味がない」と、家族とゆるりゆるりらと過ごす時間さえも放置していました。女性性をさらに取り戻すためには、全身の力をゆるめる時間が大事。ガツガツと働きすぎて、身体に負担をかけないように気をつけましょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


3つ当てはまったら危険信号?! 疲労がピークに達している人のお疲れサイン

3つ当てはまったら危険信号?! 疲労がピークに達している人のお疲れサイン

仕事とプライベートにメリハリがなく、友人と遊びに行く約束すらも面倒くさく感じてしまう……それは心がお疲れのサインかも。肉体的な疲労や精神的な負荷から、自然とやってしまうありがちな行動を紹介。3つ当てはまったら危険信号かも?! ぜひチェックしてみてください。


残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

一年は本当に早いもので、2018年も残すところあと2ヶ月。今年一年を振り返るには少し早いですが、皆さんの2018年は充実させることが出来たでしょうか?充分に満足できる!と自信を持って言える方も、そうでない方にとっても平等にやってくる一年の終わりを前に、今あらためて2018年を輝かしいものにしてみませんか?


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

年々上がり続ける最低賃金。「正社員の私には関係がない」と思っていませんか? 最低賃金は労働者であれば誰にでも当てはまること。最低賃金が引き上げになる度に、自分の給与やお金のことについて、しっかりチェックしておきましょう。


最新の投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング