男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

男以上に男!? 男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッド

24時間寝ているとき以外は仕事について考える日々。バリバリと働くうちに男性性が強くなりすぎて体が悲鳴をあげていませんか?今回は、男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッドをご紹介します。


ひとりで働きすぎていませんか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近は、そこら辺の男よりも男でかっこいい女性たちが増えています。
限界をつくらず、前に進んでいく姿がまるでジャンヌダルクのような勇ましい姿に。

気がつけばいつもパンツスタイルでスニーカー。しかも着る服の色も黒や紺の男性性カラー。男性以上にかっこよくなりすぎても、女性である以上バランスが崩れてしまいます。

女性性=女性らしさを取り戻したくなったら、ぜひスピードをゆるめてみてください♡
今回は、男性性が強くなりすぎているときに女性性を取り戻すためのご自愛メソッドをご紹介します。

男性性が強くなりすぎて、子宮が怒っちゃった!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私の個人的なエピソードになりますが、長く付き合った彼と一年前に別れて以来、仕事のことしか考えていない状況が続いていました。考えないのは寝ている間だけ。彼に反抗しているわけではなく、あくまでも目標達成に必死だっただけ。

数週間前、いよいよ子宮が怒りだしました。生理ではないのに、出血が起きてしまったのです。私はその症状があらわれたときに「男性性を強く出しすぎた」と大反省。急きょ検診を受けたり、少し休んだりと仕事をしながらも体調の回復を待っていました。

ずっと「女性がもっと本当の意味で、社会で活躍するためにはどうすればいいのか」なんてことを考えていたら、闘争心むき出しの状態になってしまったわけです。そこで、女性性を取り戻すためのメニューを考え始めました。

スカートを履いて出かける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性性をおさえていた自分に喝を入れた後「そういえば、スカートをやたらと回避していた」とふと思いました。恋人をつくりたいとも思わなかったため、スカートやワンピースのように女性性を強くしてくれるアイテムを全力で回避していたのです。

とはいえ、ずっとパンツスタイルを貫いてきた人がいきなりスカートというのは、なかなかハードルが高い。まずは、いきなりスカートを履いて出かけるのではなく、下にレギンスを組み合わせてハードルを下げてから着るように工夫をしました。あとは足に負担をかけない範囲でヒールも履きます。

結局スニーカーに戻っていくのですが、以前よりもヒールを履き始めました。キラキラ女子たちのように「ヒールが大好き」というわけではありませんが、少しだけ女性らしさを取り戻せた気がしています。

エステやネイル…自分磨きに力を入れる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

何歳になっても自分磨きは必要で、やはり美しい人は美に関して努力をしています。しかも人知れずこっそり通いながら(ものによっては痛い思いをしながら)理想の女性像に近づけるようにとがんばっています。

ヨガの先生に「恋愛以外で女性性を取り戻すためには、どうしたらいいですか?」と尋ねたところ、定番ではあるものの「自分磨き」をおすすめされました。お財布とも相談しながら、最近は整体やエステ、ネイルにも通って女性性をアップさせています。

美容にも以前よりはるかに時間とお金をかけるようになりました。最近はセルフケアとプロのお手入れとダブルで美へアプローチしていますが、まだまだ研究生!

とことん、ゆるめる時間が大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮が怒ってしまったとき、私が一番反省したのは毎日過ごす中で常に一つの行動に対し意味づけをしながら過ごしていたことです。

「仕事に直結していない時間は、意味がない」と、家族とゆるりゆるりらと過ごす時間さえも放置していました。女性性をさらに取り戻すためには、全身の力をゆるめる時間が大事。ガツガツと働きすぎて、身体に負担をかけないように気をつけましょう♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング