新しいを生み出そう!アナタの『企画力』を底上げする思考術

新しいを生み出そう!アナタの『企画力』を底上げする思考術

アイディアは無限に生まれるワケではない。身近なものからヒントを得て、企画脳を養おう!


♯企画力は意外と必要なスキル

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そのスキルを有する仕事をしていない人でも、ときに求められる能力、【企画力】。「どうしたらもっとお店に人が来てもらえるだろう。」という仕事の悩みから「どうすれば、自分のSNSのフォロワーを増やせる?」という個人的な悩みも全て、あなたの企画力次第。でも、世の中にウケるネタを企画するというのはとても難しいことですよね。

やったことがない人なら尚更、どうやって企画を作り込んで行けば良いのかわからないはずです。そこで今回は、初めて取り組む方でもアイディアが浮かびやすくなる習慣術についてご紹介します。

♯世の中に興味を持つ

instagram:@pgi_japan

街の中は企画のタネがたくさん散らばっています。毎日通る道にある広告、お店の外観や建物の作りなど、どれも誰かが最初に考えた“素晴らしい企画”が具現化したもの。企画が立案されてから実現化するまでの間、たくさんの人が意見を出したり、試作を作って、みんなが良いと思ったものだけが世に出ているのです。

企画力を高めたいときは、ぜひこうした街中に溢れている商品・サービスなどのあらゆる情報に興味関心を持って、ぜひあなたなりに「なぜ、それが魅力的な商品(サービス)なのか」と仮説を立ててみてください。そうすると、売れる商品(サービス)の方向性(トレンド傾向、マーケティング手法など)に共通点を見出せるようになっていきます。

情報はただ聞き流すだけでは頭に入らないので、積極的に見聞きすることに興味を示すことで初めて情報が活きていきます。ぜひ企画ネタを探すつもりでアンテナを張って、いつもの通勤経路を歩いてみましょう。

♯ ウケる企画の共通点とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人に支持される企画というのは、さまざまありますが共通しているポイントは大きく分けて以下のようなものになります。

・どこを探しても、今までにないモノ(世界初・日本初など)
・人との人の繋がりが強くなるモノ(SNSやコミュニティツール)
・日常生活で具体的に役立つモノ(便利グッズ・便利サービス)
・既存商品・サービスで感じた不満を解消するモノ(悩み解決サービス)

これらは新しい事業や製品を開発するだけのお話ではなく、企業イベントや、SNSのフォロワーを増やすための企画にも同じことが言えます。私たち個人に置き換えるとすれば、ハウツーメイク動画配信などは視聴者に役立つ情報で支持されやすいですよね。他にはご自身の趣味を活かした社会人サークルを立ち上げてコミュニティを作るのも支持されやすい企画です。

企画の全ては、受け手側にどれだけの「喜び」や「驚き」、「つながり」、「楽しさ」、「役立つもの」を提供できるかが大切。さらに人に支持される要素の高いテーマをいくつも掛け合わせることで、他の人がやっていない企画を生み出すことができます。

先ほどのメイク動画の例にたとえてみましょう。メイク動画は、誰かにとって役立つ企画ですが、すでにたくさんの人が配信しているので普通のメイク動画を配信しても観てもらえる機会は少ないです。だけど、より具体的に細分化して「ぽっちゃりさんが可愛くなるためのメイク」とより誰かの悩みに特化した動画を配信すると、オリジナリティが出てきますよね。このように、さまざまな要素をうまく掛け合わせることで独自のサービスを発信していくことが企画の基本となります。

♯身近な商材を題材に仮想企画を考える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

企画力は、出した企画案の数に比例して高まっていきます。また、1つの企画を完璧に練ろうとするよりも、同じ時間で5つの案を考えるほうが企画も独創的になり、かつ質もどんどん上がっていくのです。なので、妄想レベルで良いので、あなたオリジナルの企画をたくさん作ってしまいましょう。

例えば、あなたのお気に入りのコスメをもっと多くの人に知ってもらうためには、どんなイベント企画を立てれば良いのか、仮想企画を作ってみてください。「誰に」「どんな商品を」「どのようにして」届けていけば、自分の理想通りの結果が得られるでしょうか。スキマ時間でそうした身近なものを商材にして、「もし私だったら〇〇という企画を立てるな」と自然に考えられるようになると、あなたの思考は企画脳へどんどん近づいていっている証拠!

企画力は“楽しむこと”が最大の原動力

企画とは、伝えたいものを伝えたい相手に正しく届けること。

商品でもサービスでも、自分でも。
「これ、素晴らしいんですよ!みんなにもぜひ知ってほしい!」
という気持ちを持って、みんながつい興味を持ちたくなるような方法で伝えていくことが大切です。

また、企画というと戦略的なもの、ビジネスライクな考え方と思われがちですが、大前提として自分自身が楽しんで企画しないと結果的に失敗に終わります。なぜなら、あなた自身が楽しいと思えないものには、絶対に心血を注げないから。

現在、企画を考えているという方、もしくは今後、あなたが何かを企画することに直面したときはぜひ、この「楽しむ」気持ちを忘れないでくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

残り2ヶ月! 2018年を最高に充実させるライフプランの立て方

一年は本当に早いもので、2018年も残すところあと2ヶ月。今年一年を振り返るには少し早いですが、皆さんの2018年は充実させることが出来たでしょうか?充分に満足できる!と自信を持って言える方も、そうでない方にとっても平等にやってくる一年の終わりを前に、今あらためて2018年を輝かしいものにしてみませんか?


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


『同一労働同一賃金』って一体なに? 正社員も非正規社員も知っておくべきメリット・デメリット

『同一労働同一賃金』って一体なに? 正社員も非正規社員も知っておくべきメリット・デメリット

よくニュースで耳にする『同一労働同一賃金』ですが、よく理解していない人も多いはず。2020年にはスタートし、正社員・パート・派遣関係なく影響してくる制度です。メリット・デメリットを理解し、自分の今後の働き方について見直していきましょう。


最新の投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング