「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第65回目は、仕事で遭遇するクレーム対処についてです。


すべて同じ謝り方では、怒りはおさまらない

どんな職業であれ、「クレーム対応」を経験する場があると思います。BtoBの仕事であれば、クライアントや営業先など、BtoCの仕事であれば一般のお客様からいただくことでしょう。

明らかに自分の失態がわかれば良いのですが、時にはなぜ相手が怒っているのか分からないこともありますよね。「なんでこんなに怒っているのか?」「直接的に私に関係あるのだろうか?」など、さまざまな“怒られ方”があると思います。

そこで今回は、私が分析した3つの怒られ方についてご紹介します。


ケース1. 明らかに自分の失態が原因の場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、一番分かりやすい原因である「自分の失態」です。例えば、期限があるのにどうしても自分がこなせなかったせいで、周りに迷惑をかけてしまった。商品の金額を間違えたり、渡すはずの物を忘れてしまったり……。

これに関しては、言い訳せずに「申し訳ございません。以後気をつけます!」と真正面から謝罪し、問題の原因を取り除くことに注力しましょう。

相手がなぜ怒っているのか?が明確な場合は、シンプルに謝罪が効果的です。

ケース2. 問題とは別の話を交えてくる場合

ふたつめは少々複雑な、怒られ方です。問題点を解決しようとしていても、まったく違う話題を絡めて怒ってくる場合です。

その場で顔を合わせただけの関係では発生しにくいのですが、人間関係があると特に起きやすく、カップルのケンカにも似ています。本来の怒っていること以外にも、過去の話を持ってきて「そういえば前も同じように…」と二重で怒ってきたり、SNSで繋がっていることが原因で「遊んでいる投稿ばかりして…」とプライベートを絡めてきたり。

これらの怒り方は、ケース1のように真正面から謝っても相手の怒りはおさまりにくいと思います。なぜなら、相手の怒りの原因は「過去の失敗」や「プライベート事情」までを絡めた“トータルで見た時にあなたに不満なこと”を提示しているからです。

今問題になっていることを解決したい!という気持ちより、あなたに対して不満!をぶつけているので、現状で解決できる問題点に注力した上で、人間関係の距離を少しとるのがオススメ。公私混同しやすく、必要以上に指摘したくなるタイプに多いです。

ケース3. 自分には関係ないことの場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後は、同僚やチームで動いている時など、自分が直接何か問題を起こしたわけではないのに、相手が自分に怒ってくる場合です。言葉を言い換えると「八つ当たり」とも言いますが、「まあ、あなたに言ってもしょうがないんだけどね…」と挟みながらも怒りの矛先が見つからず自分に白羽の矢がたった。という感じでしょう。

この時は、相手が「あなたに言ってもしょうがない」と理解しているのか、してないのかでも対処方法が変わります。もし、相手が怒っている人はあなたじゃないと言いながらも、八つ当たりをしてくるならば、「そうですよね。分かります。私も、過去の同じようなことがあって、とても不甲斐ない気持ちになりました」と否定したり謝罪したりするより「共感」をすることで相手の気持ちはおさまります。

いっぽうで、相手がそれを理解していない場合は、「あら、そんなことがあったのですね…!そのようなことは社内で共有されていなかったので、把握しておりませんでした。同じ職場の者としてとても恥ずかしいです。担当の者に伝えた上で、私たちも気をつけます」のように、私たちは「連帯責任」であると関係ないことでもクレーム内容をかぶるのがベター。「私はちょっと分からないので…」と突き放してしまえば、さらに怒りが増す可能性大なので気をつけましょう。

相手の感情を客観視しよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クレーム対応で大切なことは、相手が持つ「怒りの感情」に対して、なぜこの人は怒っているのか?原因は何か?を冷静に判断することです。

問題解決に進んでいるのに、私情を挟んで怒ってくるならば、それは人間関係のすれ違いや嫉妬、妬みが関係している場合もあります。また、他の人が原因で怒っている時は、自分に非がなくても「ありがたいご意見」として受け入れましょう。

怒りの受け流し方がスマートだと、一目置かれる存在に。ぜひ、ピンチな時こそ冷静に切り抜けてみてくださいね!

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はコールセンターに務める女性からの相談です。


仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

恋人との喧嘩や別れ、プライベートで落ち込むことがあるとき、割り切って仕事ができる人とできない人がいます。けれど、ビジネスにプライベートの問題を持ち込むと、周囲に迷惑をかけるだけだけでなく自分の信頼まで落とす結果に。仕事とプライベートをうまく割り切れるよう、対処法を覚えておきましょう。


忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて充実しているはずなのに、突然「自分は何をやっているのだろう?」とふと冷めてしまった経験はありませんか? それはもしかしたら「アクティブ・ノンアクション」という状態かも知れません。今回は、一体それがどんな状況なのか、どうしたらこの状態から抜け出すことができるのか考えていきます。


「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

「でも、だって」はNG!幸運を逃す口癖とは

普段何気なく口にしている言葉には力が宿るというけれど…。中でも幸運を逃しやすい口癖について、その理由とNG口癖をご紹介!


最新の投稿


将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

先の見通しなんて分からない…だけど、将来を見据えて大事な買い物は今からしておくべき?20代独身女子に沸々と急増している、マンション購入事情についてご紹介!


目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

冬は、寒いので外出が減り室内で過ごす時間が多く、ついつい間食をしてしまう機会が多くなる季節。さらには寒くて運動する気が起きず、寝正月で運動不足では?筋トレと食事を意識して健康的なダイエットを今から始めましょう!


「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

理想の恋を実現させるためには、誰に何と言われようとイメージすることが大切。諦めないで、あともう少し夢を膨らませてみましょう♩


生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

貯金をするのであれば、無理なく楽しく続けたいもの。世の賢い働き女子たちはちょっとずつ生活習慣を変えながらお金を貯めていっています。今回はみんなが行っている節約術を、5つご紹介します。


【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

自分自身に負荷をかけている『ストレスの原因』を探ってみれば、ストレスとの上手な付き合い方が見えてくるかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング