「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第65回目は、仕事で遭遇するクレーム対処についてです。


すべて同じ謝り方では、怒りはおさまらない

どんな職業であれ、「クレーム対応」を経験する場があると思います。BtoBの仕事であれば、クライアントや営業先など、BtoCの仕事であれば一般のお客様からいただくことでしょう。

明らかに自分の失態がわかれば良いのですが、時にはなぜ相手が怒っているのか分からないこともありますよね。「なんでこんなに怒っているのか?」「直接的に私に関係あるのだろうか?」など、さまざまな“怒られ方”があると思います。

そこで今回は、私が分析した3つの怒られ方についてご紹介します。


ケース1. 明らかに自分の失態が原因の場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、一番分かりやすい原因である「自分の失態」です。例えば、期限があるのにどうしても自分がこなせなかったせいで、周りに迷惑をかけてしまった。商品の金額を間違えたり、渡すはずの物を忘れてしまったり……。

これに関しては、言い訳せずに「申し訳ございません。以後気をつけます!」と真正面から謝罪し、問題の原因を取り除くことに注力しましょう。

相手がなぜ怒っているのか?が明確な場合は、シンプルに謝罪が効果的です。

ケース2. 問題とは別の話を交えてくる場合

ふたつめは少々複雑な、怒られ方です。問題点を解決しようとしていても、まったく違う話題を絡めて怒ってくる場合です。

その場で顔を合わせただけの関係では発生しにくいのですが、人間関係があると特に起きやすく、カップルのケンカにも似ています。本来の怒っていること以外にも、過去の話を持ってきて「そういえば前も同じように…」と二重で怒ってきたり、SNSで繋がっていることが原因で「遊んでいる投稿ばかりして…」とプライベートを絡めてきたり。

これらの怒り方は、ケース1のように真正面から謝っても相手の怒りはおさまりにくいと思います。なぜなら、相手の怒りの原因は「過去の失敗」や「プライベート事情」までを絡めた“トータルで見た時にあなたに不満なこと”を提示しているからです。

今問題になっていることを解決したい!という気持ちより、あなたに対して不満!をぶつけているので、現状で解決できる問題点に注力した上で、人間関係の距離を少しとるのがオススメ。公私混同しやすく、必要以上に指摘したくなるタイプに多いです。

ケース3. 自分には関係ないことの場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後は、同僚やチームで動いている時など、自分が直接何か問題を起こしたわけではないのに、相手が自分に怒ってくる場合です。言葉を言い換えると「八つ当たり」とも言いますが、「まあ、あなたに言ってもしょうがないんだけどね…」と挟みながらも怒りの矛先が見つからず自分に白羽の矢がたった。という感じでしょう。

この時は、相手が「あなたに言ってもしょうがない」と理解しているのか、してないのかでも対処方法が変わります。もし、相手が怒っている人はあなたじゃないと言いながらも、八つ当たりをしてくるならば、「そうですよね。分かります。私も、過去の同じようなことがあって、とても不甲斐ない気持ちになりました」と否定したり謝罪したりするより「共感」をすることで相手の気持ちはおさまります。

いっぽうで、相手がそれを理解していない場合は、「あら、そんなことがあったのですね…!そのようなことは社内で共有されていなかったので、把握しておりませんでした。同じ職場の者としてとても恥ずかしいです。担当の者に伝えた上で、私たちも気をつけます」のように、私たちは「連帯責任」であると関係ないことでもクレーム内容をかぶるのがベター。「私はちょっと分からないので…」と突き放してしまえば、さらに怒りが増す可能性大なので気をつけましょう。

相手の感情を客観視しよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

クレーム対応で大切なことは、相手が持つ「怒りの感情」に対して、なぜこの人は怒っているのか?原因は何か?を冷静に判断することです。

問題解決に進んでいるのに、私情を挟んで怒ってくるならば、それは人間関係のすれ違いや嫉妬、妬みが関係している場合もあります。また、他の人が原因で怒っている時は、自分に非がなくても「ありがたいご意見」として受け入れましょう。

怒りの受け流し方がスマートだと、一目置かれる存在に。ぜひ、ピンチな時こそ冷静に切り抜けてみてくださいね!

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


能力が低い人ほど「過大評価」する?! 知らないと恥ずかしいクルーガー効果

能力が低い人ほど「過大評価」する?! 知らないと恥ずかしいクルーガー効果

“成果を出す”ことが仕事では求められますが、自分の能力を必要以上に過信してしまってはいませんか? 今回は、知らないと恥ずかしい「クルーガー効果」について詳しく紹介。もしかしたら自分のことを過大評価しすぎてしまっているかも⁈


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング