プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

プチプラ服のままで大丈夫?アラサー流ファストファッションの着こなし方

アラハタから、アラサーへ。体も顔立ちも少しずつ大人へと変化していくと同時に、見直したいのがファッション。このままで良い気もするけれど、オールプチプラアイテムってさすがにマズイ?そこで今回は、アラサー女性にオススメするファストファッションの着こなし方をご紹介します。


♯そろそろ服にかける値段を考えたい。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


「この服、2,900円だったの!」
「セールで半額で買えたんだ!」

良い商品を安くおトクに買えること自体は、年齢問わずどんな女性にとっても嬉しい出来事です。しかし、そうはいってもハイブランドのお洋服をセールで購入したならまだしも、オールアイテムが全部プチプラアイテムだと、ちょっと安っぽさが際立つ……?もうそろそろ、それなりに良い服を着るべき?そんな不安も感じてしまいますよね。

結論から言えば、洋服だけでなく、靴・バッグなどの小物を含んだオールプチプラアイテムは卒業したほうが良いと私は考えています。どんなに縫製が素晴らしくとも、トレンドのデザインを取り入れていようとも、よく見れば生地のペラペラ感がわかるし、何より一度洗濯しただけで、服がシワくちゃになってしまうことは往々にして起こります。

ファストファッションは使いどころを見極めて、上手に取り入れるのがアラサー流。
次の項目で具体的に購入して失敗の少ないファストファッションアイテムをご紹介します。

♯ファストファッションの取り入れ方

『GU』『UNIQLO』のデニムは買い

ここ最近『神デニム』として話題となったGU・ユニクロのデニム。日本人女性が悩みがちな体型をうまくカバーした立体的なシルエットを持つデニムはインポートのハイブランドデニムにも引けを取らないと言われています。デニムのブランド自体にこだわりがなければ、GU・ユニクロのデニムで充分問題ありません。

アラサー世代はもちろん、アラフォー・アラフィフ女性の方もその年代に合った上手な着こなし方をされているのでぜひ、これから先の5年、10年の見通して使い続けても良さそうですね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シンプルなニットは着回し力が高い

こちらはGUやユニクロに限ったことではなく、ファストファッションブランド全体を通してお伝えできるのですが、使用頻度の高いシンプルなニットはファストファッションで取り入れて問題ありません。もちろんシンプルだからこそ、シルエットや素材にこだわりたいという場合は、量販店ではなく、専門店やセレクトショップで探されるほうが良いです。

ただトップスはよく使うからこそ、気にせずお洗濯でガシガシと洗えるくらいの値段で、洋服が傷んできたら買い換える……といった取り入れ方も1つの選択肢としてはアリではないかなと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

『ZARA』は手持ち服と合わせやすいアイテムを

世界のアパレルブランドの中で最も高い売り上げを伸ばし続けているインディテックス社が展開する『ZARA』(2017年度売り上げから算出されたデータを参考)は、他のファストファッションに比べてとにかくデザイン性が高いことが魅力です。トレンドの柄、ゴージャスなデザイン。国内ブランドではなかなか実現できないユニークなデザインがあるからこそ、商品に一目惚れして衝動買い……というのも珍しくないでしょう。

しかし、「ZARAだから間違いない。」というわけではありません。どんなにオシャレなアイテムでも、私たちが日常で使えなくては意味がありません。ご自身の手持ちのアイテムと上手に組み合わせができるものだけを選んで取り入れるようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

♯逆にここにはお金をかけて!

さて、冒頭でプチプラアイテムだけで揃えるのを卒業したほうが良いとお伝えしました。では、一体私たちはどのアイテムにどれだけのお金をかけるべきなのでしょうか。もちろん、お金のかけどころは人それぞれです。しかし、より多くの人が全身のコーディネートの中で注目するポイントがあります。

それが『アウター』・『靴』・『バッグ』・『時計』です。
このうちのどれか一点でも良いので、いつものプチプラアイテムよりワンランク上のものを購入してみましょう。服や小物は消耗品ではありますが、本当に質の良い製品は10年以上付き合えるパートナーとなりえます。その年の流行に左右されず、十数年先も愛せるアイテムをこうしたパーツから取り入れてみてはいかがでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

♯バランスよく取り入れるのがコツ

ファッションのコーディネートも、それにかけるお金も大事なのはバランスです。お金をかければ良いものを身につけることはできますが、それがオシャレかどうかはまた別の話。プチプラ・ハイブランドに限らず、ご自身の身の丈にあったバランスで、自分にとって居心地の良いものを上手に選んでコーディネートしてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

なんかコレじゃない感…オシャレに仕上がらないポイントはこれ

オシャレをしても、いまいち普通になってしまう。そんな方はもしかしたらこの要素が抜けているのかも…!


思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

知らず知らずの内にやっちゃってる、周りをシラけさせちゃう行動…!失敗しなためにも事前に自分の行動を見直ししよう。


30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


スタイルをよく見せたいあなたに! 着痩せ・スタイルアップの法則

スタイルをよく見せたいあなたに! 着痩せ・スタイルアップの法則

ファッションを楽しむ季節の到来。薄手になる季節だからこそ、スタイルアップ術を身につけてより自分を魅力的に見せましょう。


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング