【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第11回目は、「シャネルファッションの確立」について。


♯避暑地にサロンをオープンさせる

シャネルは富裕層の娯楽街とも言える避暑地、ドーヴィルに新しい顧客を求めてシャネルのファッションサロンをオープンさせました。パリにある店舗は帽子が主力商品に対して、ドーヴィルのお店は避暑地にふさわしいリゾートウェアを揃えるブティックでした。

シャネルは着る人に夢を与える服ではなく、着る人の現実的な問題を解決させるための服を誂えました。シャネル自体が、きらびやかで豪奢な服を好まず、恋人であるアーサーからもらったニットを自分用仕立てたり、動くことを前提として作られた男性服を好んでいました。そのため、シャネルが作る服も同じように女性服では珍しいポケット付きのジャケットや襟が開いたシャツ、締めつけの少ない服を販売していたのです。

それが避暑地という立地にうってつけだったシャネルの服は瞬く間に売れていきます。しかし、シャネルが店をオープンさせて間も無く、世の中は第一次世界大戦を迎えることに……。

♯戦時中に最も必要とされた服

いよいよ第一次世界大戦の深刻化してくるとシャネルのいたドーヴィルにはフランスの的であるドイツ軍がベルギーから国境を越えてやってきました。この影響から、数多くの店が危険を察知して早々に店を閉め出していきました。シャネルもまた、こんな状況ではお客さんもやってこない、しばらくは店を閉めようかと考えていたところ恋人のアーサーからこのような助言をされました。

「君の服は、これから求められる。今来ているドイツ軍がパリ市内へ侵攻すれば、パリの住民はドーヴィルにやってくる。その時には傷ついた市民を助けるための服がいるし、この郊外に移住している富裕層も豪奢な服で出歩くより機能性に優れた服を求めるだろう。」

二つとない独自性を極めたシャネルの服は、当時にしては珍しいというだけでなく、動きやすいといった利点から緊急事態にも耐えうる機能性を果たしていたのです。アーサーの言葉通り、パリ市民がドーヴィルへやってくるとシャネルの顧客である上流階級の婦人たちがボランティアにふさわしい機能的な服を求め、瞬く間に売れていったそうです。皮肉にも、第一次世界大戦という時代の流れに後押しをされるかのごとくシャネルはより一層の名声を手にしていくのです。

♯ピンチがチャンス


シャネルはこんな言葉も残しています。

「人は非常事態の中で才能を表すものだ。」

まさにシャネルにとって第一次世界大戦こそがこの非常事態であったことでしょう。たまたま求められた服を作っていたと言われればそれまでかもしれませんが、それも含めて確かに言えることは、シャネルはやはり時代の先を見る力に優れていたということ。自分の作る服がいつどのタイミングで、誰が求めているのかを見極める力と、必要だと思われたその瞬間にチャンスを逃さないことでシャネルは大きな繁栄をもたらすことができました。

シャネルはこうして、独自の個性である「簡素で動きやすく、それでいて洗練された服」というブランドスタイルを確立させ、周知させることに成功させていったのです。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

梅雨こそお掃除のベストシーズン?! 湿気を活用したお掃除のススメ

ジメジメした梅雨時は、だるくてやる気が起きずお掃除も手を抜いてしまいがち。ですが、湿気がある梅雨時は、汚れが取れやすく、実はお掃除のベストシーズンなのです。この時期におすすめしたいお掃除スポットをご紹介します。


思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

知らず知らずの内にやっちゃってる、周りをシラけさせちゃう行動…!失敗しなためにも事前に自分の行動を見直ししよう。


30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?


自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって大事だけど…。自己愛と自己顕示欲の丁度良いバランスって

自分を愛するって女性にとって永遠のテーマ。だけど、意識しすぎて方向性が間違ってしまうと…。自己愛を目指す上で大切にしたいバランスとは。


最新の投稿


重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

重なるストレスに心が限界!つらい心を少しでも軽くする方法は

新型コロナに仕事のストレスにさらには他にも色々と……。度重なるつらい出来事に心が適応できずにいませんか?つらい心を楽にさせてあげられるのは、自分自身なんです。


関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

イヤな仕事を頼まれた時や、仕事に関してのモヤモヤが募っている時。面倒ではありますが、その状況や環境を改善するためには、自分の意見を伝えなければなりません。今回は、関係性を壊さずに、自分の要望を相手に伝えるためのコミュニケーション術をご紹介。


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


RANKING


>>総合人気ランキング