【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第11回目は、「シャネルファッションの確立」について。


♯避暑地にサロンをオープンさせる

シャネルは富裕層の娯楽街とも言える避暑地、ドーヴィルに新しい顧客を求めてシャネルのファッションサロンをオープンさせました。パリにある店舗は帽子が主力商品に対して、ドーヴィルのお店は避暑地にふさわしいリゾートウェアを揃えるブティックでした。

シャネルは着る人に夢を与える服ではなく、着る人の現実的な問題を解決させるための服を誂えました。シャネル自体が、きらびやかで豪奢な服を好まず、恋人であるアーサーからもらったニットを自分用仕立てたり、動くことを前提として作られた男性服を好んでいました。そのため、シャネルが作る服も同じように女性服では珍しいポケット付きのジャケットや襟が開いたシャツ、締めつけの少ない服を販売していたのです。

それが避暑地という立地にうってつけだったシャネルの服は瞬く間に売れていきます。しかし、シャネルが店をオープンさせて間も無く、世の中は第一次世界大戦を迎えることに……。

♯戦時中に最も必要とされた服

いよいよ第一次世界大戦の深刻化してくるとシャネルのいたドーヴィルにはフランスの的であるドイツ軍がベルギーから国境を越えてやってきました。この影響から、数多くの店が危険を察知して早々に店を閉め出していきました。シャネルもまた、こんな状況ではお客さんもやってこない、しばらくは店を閉めようかと考えていたところ恋人のアーサーからこのような助言をされました。

「君の服は、これから求められる。今来ているドイツ軍がパリ市内へ侵攻すれば、パリの住民はドーヴィルにやってくる。その時には傷ついた市民を助けるための服がいるし、この郊外に移住している富裕層も豪奢な服で出歩くより機能性に優れた服を求めるだろう。」

二つとない独自性を極めたシャネルの服は、当時にしては珍しいというだけでなく、動きやすいといった利点から緊急事態にも耐えうる機能性を果たしていたのです。アーサーの言葉通り、パリ市民がドーヴィルへやってくるとシャネルの顧客である上流階級の婦人たちがボランティアにふさわしい機能的な服を求め、瞬く間に売れていったそうです。皮肉にも、第一次世界大戦という時代の流れに後押しをされるかのごとくシャネルはより一層の名声を手にしていくのです。

♯ピンチがチャンス


シャネルはこんな言葉も残しています。

「人は非常事態の中で才能を表すものだ。」

まさにシャネルにとって第一次世界大戦こそがこの非常事態であったことでしょう。たまたま求められた服を作っていたと言われればそれまでかもしれませんが、それも含めて確かに言えることは、シャネルはやはり時代の先を見る力に優れていたということ。自分の作る服がいつどのタイミングで、誰が求めているのかを見極める力と、必要だと思われたその瞬間にチャンスを逃さないことでシャネルは大きな繁栄をもたらすことができました。

シャネルはこうして、独自の個性である「簡素で動きやすく、それでいて洗練された服」というブランドスタイルを確立させ、周知させることに成功させていったのです。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

恋愛をしなければいけない。結婚しなければいけない。自分の中にある義務感を手放すと、新しい世界が見えてくるかもしれません。今回は、恋愛を中心軸にしない人生のメリットをご紹介します。


周りは結婚・出産ラッシュ!「自分だけが独身」の状況を悲観しないためには

周りは結婚・出産ラッシュ!「自分だけが独身」の状況を悲観しないためには

仲良くしていたメンバーは、みんな奥さんやママに。自分だけが独身の状況を、ときどき受け入れられなかったりしませんか?とはいえ、今日の明日で彼氏が見つかるわけでもありません。大切なのは、今を生きることなのかもしれません。


働く女性あるある9選!あなたは何個のエピソードに共感する?

働く女性あるある9選!あなたは何個のエピソードに共感する?

仕事をしていると、学生時代とは違ったさまざまな出来事が起こります。同僚や友人とお酒を飲みながら、「あるある~!」と仕事について話すこともあるのではないでしょうか。今回は、そんな働く女性のあるあるを9個まとめました。あなたはどれに共感しますか?


人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

人に振り回されて疲れるなんて馬鹿らしい!一人時間を使ったストレス解消法

仕事に、人間関係に、気づけばストレスってどんどん溜まるもの。 やらなきゃいけないことは山ほどあるのに時間は足りない。ちょっと油断したら、何かが溢れてしまいそう。 そんな人は、もしかしたら人に振り回されすぎているのかも。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング