【アーユルヴェーダ式】PCや画面の見すぎでシュパシュパしてしまった対処法

【アーユルヴェーダ式】PCや画面の見すぎでシュパシュパしてしまった対処法

毎日、PCやスマートフォンと向き合っていると、なんだ目がシュパシュパしてきませんか? そんな時に役立てていただきたいのが「目の湿布」。 うるおいを与えて美容効果も期待できる、アーユルヴェーダ式の目の湿布をご紹介します。


目元は印象を左右する

さまざまな見解がありますが、人は目を見て話すので「印象は目元で変わる」といわれています。
特に第一印象は、パッと目に入ってきたもので認識しやすいため、目の周りのシワや充血している、目の下のクマなどで、疲れ具合を判断されてしまうかもしれません。

そう。
目を見て話すからこそ、目元というのは一番目につきやすい部分だといえます。

「この人疲れているな」「実年齢よりも老けているな」などと感じさせてしまわないよう、日々、ケアしてあげることが大事です。印象美人になるためにも、日々のケアにアーユルヴェーダ式“目のシ湿布”を取り入れてみましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

使うのはローズウォーター

アーユルヴェーダの世界では、首から上は温めてはいけないといわれています。

それはなぜか? を噛み砕いて分かりやすく説明すると、脳や目などは、ずっと働いているわけですから、機械と同じように熱が溜まって熱くなってしまうと考えられていることにあります。

そのため、「冷やす」ものを使用して、熱を持っている部分を冷却すると考えられているのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そこで今回ご紹介するのは、『ローズウォーター』です。
アーユルヴェーダでいうローズウォーターは、火の性質である「ピッタ」を鎮静し整えて、心と体のバランスを整えてくれる効果があるといわれています。

本場では今回紹介する湿布以外にも、目薬としての使用もされています。(市販のものは新鮮なものでない可能性が高いので、目薬としては使用しないでください。)

ローズウォーターはどこで買える?

ローズウォーターといえば、近年オーガニックコスメでも主成分として取り入れられているほど、高い保湿力やエイジングケアにおいて効果を期待できるもの。
そのため、ハーブショップだけでなくオーガニックコスメのショップなどでも、比較的手に入れやすいものだと思います。

しかし、ローズウォーターなどのフローラルウォーターは腐りやすいため、大量に買い込まず使いきれる量だけを購入するのがポイントです。
冷蔵庫で保管してあげると、少しだけ保存期間を伸ばせるので「開封後はすぐに使い切る!」というのを目標にし、使ってみましょう。

ローズウォーター湿布のやり方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ローズウォーターの湿布のやり方は簡単です。
用意するのはローズウォーターとコットン2枚のみ。

湿布のやり方は
①2枚コットンにローズウォーターを、コットンが少し透けるくらい染み込ませます。
②その後、それを1枚ずつ両目に乗せて5分ほど湿布するだけ。

これだけで、なんだか目がスッキリとします。
さらに、化粧水で行うコットンパックのように目にローズウォーターを染み込ませたものを置くので、目の周りが保湿され、乾燥による小じわを軽減する効果も期待できるというワケ。
またローズウォーターの柔らかでいて優雅な香りにも癒されますよ。

忙しい時こそ、気分転換にも活用して!

乾燥が気になってくる季節。パソコンやスマホの使いすぎで、目がパサパサしたり、シュパシュパするなと思ったときは、こうやって目元ケアにトライしてみて。

ローズウォーターをひとつ持っておくだけで、手軽にケアができるようになります。
忙しいと思う時ほど、このローズウォーターの湿布を活用してみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

Kupono Beauty代表。美容研究家、ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


疲労 疲れ

関連する投稿


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

皆さんは仕事中、どのような体勢で過ごすことが多いですか? 画面を集中して見ている時や、考え事をしている時など、ついやってしまう仕草や行動こそが、体に負担をかけていることもあります。今回は、仕事中に意識しておきたい仕草と行動をご紹介。


自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛が解除になって、仕事に出る日々。だけど今まで家の中で過ごすことが多かっただけに、長距離の移動に疲れを感じてはいませんか? そんな時、サクッと取り入れたいのが滋養強壮効果の期待できるドリンク。それもカフェインなどが入っていないものを活用して、自然と活力が出るものを選んで。


「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

仕事に家事にプライベートに…と、毎日忙しなく動いていると無意識に「疲れた…」という言葉が口から漏れ出てしまうこともあるのではないでしょうか? 疲れが溜まっているなと感じたら、ちょっと立ち止まって今の自分を見つめ直してみませんか。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング