どっち派? ワイヤー入りブラ/ノンワイヤーブラのメリット・デメリット

どっち派? ワイヤー入りブラ/ノンワイヤーブラのメリット・デメリット

しっかりとバストを持ち上げて女性らしい丸みを作ってくれるワイヤー入りブラと、楽チン重視の抜け感あるナチュラルなノンワイヤーブラ。どっちを身につけるのが今の気分? それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。


選ぶのは「ワイヤー入り」それとも「ノンワイヤー」のブラ?

ボディコンシャスな盛りバストが主流となっていたこれまでとは違い、ナチュラルな女性の身体を「美しい」と許容されるようになった今。ワイヤー入りのブラと、ノンワイヤーブラ、どちらを選ぶべきなのでしょう。様々なデザインが市場に溢れ、選択肢を増やす下着業界ですが、長い目でみたときに実際使用しておくべきなのはどっち?

下着を選ぶ時に知っておきたい、ワイヤー入り・無しブラのメリット・デメリットをチェックしていきましょう。

【ワイヤー入り】ブラ派さん

これまではノンワイヤーブラは市場に少なく、スポーツ用として親しまれてきました。そのため、ワイヤーでしっかりとバストを盛るワイヤー入りのブラが日常使いに。しっかりとバストメイクをしてくれるワイヤー入りが好きだという方は、変わらず多いものです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メリット

ワイヤーブラのメリットはなんと言っても、バストメイクができるところ。寄せたり上げたり、女性らしいラインを作ってくれるのはワイヤー入りならでは。バストラインが崩れるのを防いでくれることもあり、将来バストが垂れ下がるのを防いでくれるというメリットがあります◎。

デメリット

逆にデメリットはというと、合わないブラを身につけると痛みを感じることがあるところ。ワイヤーが食い込んだり、締め付けが苦しく感じたり……と自分の体型に合わせてこまめに下着を変える必要があります。また洗濯をする時に、手洗いをするかネットに入れてあげないと、形が変わってしまうという手間も感じることが。

【ノンワイヤー】ブラ派さん

谷間を強調していたブラから、一気にナチュラル志向に変わったノンワイヤーブラ。カップつきのキャイソールや、見せブラなど、さまざまなデザインが登場しバリエーションを増やしています。ファッション感度の高い方はもちろん、窮屈な締めつけを感じたくないという楽チン重視の方から人気が急上昇。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メリット

ノンワイヤーブラを選ぶメリットは、なんと言っても軽いつけ心地。日常的に感じていた締め付けから解放されて楽に過ごすことができます。また、盛り・寄せなどというバストラインを強調することなく、ナチュラルなラインができるので洋服選びがラクだという声も。デザインも一気に豊富になりました。

デメリット

ノンワイヤーを選ぶデメリットは、やはりバストメイク力が弱いところ。シルエットが崩れてだらんとしたバストに見えてしまったり、横に広がって見えるものがあります。また、バストが下垂する原因にもなるので、長い目でみた時にどうなのか……という不安も。

下着の選択肢が増える今こそ「使い分け」を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どちらのブラにもメリット・デメリットがあるため、選ぶポイントは自分次第。

バストが垂れ下がるのが嫌だという方や大きめバストさんには、ワイヤー入りブラを使うことをオススメしますが、合わないブラをずっとつけていることによって、バストラインが崩れてしまうといった可能性もあるので、自分が何を重視したいのかによって使うものを選ぶと良いでしょう。

女性の身体はとてもデリケート。お腹の中に入れたものや、生理周期によってむくみを感じることも多くあります。そんな時はノンワイヤーブラを上手に活用していきましょう。また長時間同じ体勢をとる時(飛行機や新幹線、長時間の移動など)にも、ノンワイヤーブラはオススメです。

選択肢が広がる今だからこそ、自分の見られたい体型や、過ごしやすさ、それぞれに合わせたアイテム選びを。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


下着 ブラ ファッション

関連する投稿


柔らか素材のニットは子どもっぽく見える?媚びない上品ニットの着こなし

柔らか素材のニットは子どもっぽく見える?媚びない上品ニットの着こなし

ニット熱が加速する冬。柔らかくて暖かいニットは、寒さ厳しい冬に大活躍する大人女子のマストアイテムです。けれど、そんな柔らか素材は、時に私たちを子どもっぽく見せてしまう可能性も……。今回は大人女子が実践すべき「媚びることない上品ニットの着こなし」を紹介します。


気分をあげるヒケツは「手元」にアリ。手元美人を目指すメリット

気分をあげるヒケツは「手元」にアリ。手元美人を目指すメリット

指先や毛先などの“先端”には清潔感が現れます。そういった細やかなケアは手がかかるものですが、自分の女子力が低下していることを感じ取った時、オシャレに対してのモチベーションが落ちていると感じた時こそ、「手元」のケアに力を入れてみましょう。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

“イイ女”を演出するために。洋服を際立たせる身だしなみについて

みなさんは普段、見た目に気をつけていますか? 毎日お気に入りの洋服を着て、バッチリメイクを決めていても、根本的な「身だしなみ」ができていないことには、せっかくのオシャレも台無しになる一方……。オシャレなアイテムを選ぶ前にを気をつけておきたい、身だしなみについての話。


定期的に見つめる。自分に似合うスタイルを確立するファッションとは

定期的に見つめる。自分に似合うスタイルを確立するファッションとは

自分に似合う服がわからなくなったり、年相応のファッションってなにを選べばいいの……なんて洋服選びに関する悩みが増えるアラサー世代。世の中の流行にはどこまでついていくべきか、自分が心地よく過ごせるスタイルは一体どういうものなのか、定期的に見直したい“自分スタイル”について考えてみましょう。


最新の投稿


上品な輸入菓子がズラリ。シャルマン・グルマンが表参道に誕生

上品な輸入菓子がズラリ。シャルマン・グルマンが表参道に誕生

ヨーロッパ各国の老舗ブランドの伝統菓子を中心とした輸入菓子のセレクトブティック「シャルマン・グルマン」が、12月15日に表参道でオープン! 選りすぐりの老舗ブランドを取り揃えていて、可愛いパッケージと日本人の口にもあった味わいに注目です。


日本最大級の文具の採点『文具女子博 2018』の見どころは?

日本最大級の文具の採点『文具女子博 2018』の見どころは?

すべての文具好きに贈る日本最大級の文具の祭典『文具女子博』が今年も開催決定! 気になる開催期間は2018年12月14日からの3日間。昨年よりパワーアップした『文具女子博 2018』、一足早めにお邪魔させていただいたCinq編集部取材班が見どころをお伝えします!


夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

夜になると不安になる。ひとりの寂しさに耐えきれなくなったときの対処法

日中は仕事に追われているせいか、あまり寂しさを感じない。でも家に帰ったとき「おかえり」と言ってくれる人がいないのは、ちょっぴり寂しかったり。寂しさも不安も、ちゃんと乗り越えれば、また強くなれますよ。


柔らか素材のニットは子どもっぽく見える?媚びない上品ニットの着こなし

柔らか素材のニットは子どもっぽく見える?媚びない上品ニットの着こなし

ニット熱が加速する冬。柔らかくて暖かいニットは、寒さ厳しい冬に大活躍する大人女子のマストアイテムです。けれど、そんな柔らか素材は、時に私たちを子どもっぽく見せてしまう可能性も……。今回は大人女子が実践すべき「媚びることない上品ニットの着こなし」を紹介します。


疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

疲れをリセット! 今すぐ実践できる質の良い睡眠をとる方法

「しっかり睡眠時間を確保しているのに……なんだか目覚めがスッキリしない!」という方は、時間と合わせて睡眠の質にも意識を向けてみましょう。 ちょっとした習慣をプラスするだけで毎朝快適に起きることができるかも♪ 今回は、今すぐに実践できる質のいい睡眠をとる方法について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング