どっち派? ワイヤー入りブラ/ノンワイヤーブラのメリット・デメリット

どっち派? ワイヤー入りブラ/ノンワイヤーブラのメリット・デメリット

しっかりとバストを持ち上げて女性らしい丸みを作ってくれるワイヤー入りブラと、楽チン重視の抜け感あるナチュラルなノンワイヤーブラ。どっちを身につけるのが今の気分? それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。


選ぶのは「ワイヤー入り」それとも「ノンワイヤー」のブラ?

ボディコンシャスな盛りバストが主流となっていたこれまでとは違い、ナチュラルな女性の身体を「美しい」と許容されるようになった今。ワイヤー入りのブラと、ノンワイヤーブラ、どちらを選ぶべきなのでしょう。様々なデザインが市場に溢れ、選択肢を増やす下着業界ですが、長い目でみたときに実際使用しておくべきなのはどっち?

下着を選ぶ時に知っておきたい、ワイヤー入り・無しブラのメリット・デメリットをチェックしていきましょう。

【ワイヤー入り】ブラ派さん

これまではノンワイヤーブラは市場に少なく、スポーツ用として親しまれてきました。そのため、ワイヤーでしっかりとバストを盛るワイヤー入りのブラが日常使いに。しっかりとバストメイクをしてくれるワイヤー入りが好きだという方は、変わらず多いものです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メリット

ワイヤーブラのメリットはなんと言っても、バストメイクができるところ。寄せたり上げたり、女性らしいラインを作ってくれるのはワイヤー入りならでは。バストラインが崩れるのを防いでくれることもあり、将来バストが垂れ下がるのを防いでくれるというメリットがあります◎。

デメリット

逆にデメリットはというと、合わないブラを身につけると痛みを感じることがあるところ。ワイヤーが食い込んだり、締め付けが苦しく感じたり……と自分の体型に合わせてこまめに下着を変える必要があります。また洗濯をする時に、手洗いをするかネットに入れてあげないと、形が変わってしまうという手間も感じることが。

【ノンワイヤー】ブラ派さん

谷間を強調していたブラから、一気にナチュラル志向に変わったノンワイヤーブラ。カップつきのキャイソールや、見せブラなど、さまざまなデザインが登場しバリエーションを増やしています。ファッション感度の高い方はもちろん、窮屈な締めつけを感じたくないという楽チン重視の方から人気が急上昇。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メリット

ノンワイヤーブラを選ぶメリットは、なんと言っても軽いつけ心地。日常的に感じていた締め付けから解放されて楽に過ごすことができます。また、盛り・寄せなどというバストラインを強調することなく、ナチュラルなラインができるので洋服選びがラクだという声も。デザインも一気に豊富になりました。

デメリット

ノンワイヤーを選ぶデメリットは、やはりバストメイク力が弱いところ。シルエットが崩れてだらんとしたバストに見えてしまったり、横に広がって見えるものがあります。また、バストが下垂する原因にもなるので、長い目でみた時にどうなのか……という不安も。

下着の選択肢が増える今こそ「使い分け」を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どちらのブラにもメリット・デメリットがあるため、選ぶポイントは自分次第。

バストが垂れ下がるのが嫌だという方や大きめバストさんには、ワイヤー入りブラを使うことをオススメしますが、合わないブラをずっとつけていることによって、バストラインが崩れてしまうといった可能性もあるので、自分が何を重視したいのかによって使うものを選ぶと良いでしょう。

女性の身体はとてもデリケート。お腹の中に入れたものや、生理周期によってむくみを感じることも多くあります。そんな時はノンワイヤーブラを上手に活用していきましょう。また長時間同じ体勢をとる時(飛行機や新幹線、長時間の移動など)にも、ノンワイヤーブラはオススメです。

選択肢が広がる今だからこそ、自分の見られたい体型や、過ごしやすさ、それぞれに合わせたアイテム選びを。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


下着 ファッション

関連する投稿


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

働く女子の定番アイテムである綺麗めシャツ。着こなしにマンネリしていませんか? きっちりとしたラインのものを選んでしまうと真面目すぎるリクルートスタイルになってしまうし、カジュアルオフしすぎるとオフィスでは浮いてしまうのが悩みどころ。オフィスカジュアルにも休日にも使えるような、オシャレさをプラスするには…?


少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

クローゼットをコンパクトにまとめるためには、着まわし力を重視する必要があります。そこで、今回は少ないお洋服で賢く着回せるおすすめのアイテム「セットアップ」を主役に、オトナ女子のコーディーネートを提案。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング