すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


興味が湧いてもすぐに飽きてしまう性格

好奇心旺盛でいろんなことに興味が湧くけれど、手をつけてすぐに飽きてしまう……そんな経験はありませんか?なにを隠そう、私自身とても「飽き性」です(笑)。あれもこれも気になってしまい、とりあえず形から入るけれどすぐに飽きて気づけば放置。

小さいことから大きいことまで、色々と手をつけたことがあります。新しいことをしている最中は、「なんだか進化してる気がする!」「ワクワクする新鮮な感じ!」と楽しさや高揚感があるのですが、“ある程度”全体像が分かってくると、旧に冷めてしまったり辞めてしまったり。この性格は、メリットでもありますが、デメリットでもあると感じます。

メリットは、興味が湧いたらまずは行動してみるフットワークの軽さがあること。デメリットは、たくさん手をつけたものの結局長続きしない「器用貧乏」になることです。だからと言って、興味が出てしまったこと見て見ぬ振りして我慢するのもメリットとは思えません。そこで、私が実践している「飽き性」の性格をいかした方法をご紹介します。

回避方法:同時にすべてやってみる

結論からお話しすると、興味が出たらやってみるのはそのままでOK。これを、「やっぱり辞める!」と自分の中でキリをつける癖をなくし、心の中で「飽きてきた」と感じてもそのまま放置してみてください。

「飽き性」の最大のデメリットは、すぐに目に見えた変化や実感がないと「つまらない」と感じてしまうことです。行動と結果は、どう頑張っても同時には出ません。これに気づいてからは、新しく興味がでたことに対しては迷わずチャレンジするものの、「果報は寝て待て」の感覚で時間をおくようにしています。まるで、漬物を漬けるように、野菜をぬかに浸したらしばらく放置。自分の直感を信じて動いた後は、またその“漬物経過”に興味が出るまで触れなくて良いのです。


もちろん、これにはルールがあります。「他人を巻き込んでいないこと」を条件とし、自分の中で完結すること。これなら、色々と手をつけても人様に迷惑はかかりませんよね。言葉を言い換えると、「興味の分散」とも言えますが、趣味や恋愛、仕事など過集中するより均一な温度差で接したほうが、結果的に長く続くと思います。

過去の“漬物”が時間差で美味しくなる

私の経験でお話しすると、「書く仕事」ひとつとっても美容、恋愛、仕事、音楽、珈琲、心、さまざまなジャンルを書く機会がありました。しかし、すべて頭が白紙だったわけではなく、「過去に少しでも興味が湧いたこと」がいかされていると今振り返れば思います。

その場ですぐには分からないことでも、時間差で何かにいかされるかもしれない。そう思うと、「飽き性」の性格も一概に悪くはないのではないでしょうか。もし、私と同じように色々やってみるのが好きだけれど、「飽き性」をデメリットだと捉えているならば考え方を変えてみてください。

きっと、さらに楽しみが増えるはずです。

 

この記事のライター

★はらこHPだよ。遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


自分に自信を持って好きになるために。自己愛を高める2つの方法|お守りコスメ

自分に自信を持って好きになるために。自己愛を高める2つの方法|お守りコスメ

自己愛を高めることで、自信を持って生きていける。自己愛を高めてくれるオーガニックバームをお守りにしていつでも前向きな自分になって。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング