今身につけておきたいスキルは? 10年後も生きる仕事の見つけ方とは



オックスフォード大学が発表した『10年後にはなくなる職業』

パソコンをはじめ、様々なIT技術やスキルが求められる今ですが、今後は今以上にさらにAI(人工知能)が発達し、10年後の未来には私たちの今ある仕事の多くがロボットに置きかえられると言われています。

オックスフォード大学が認定した「10年後にはなくなる職業」では、オペレーターや事務員のほか、料理人やタクシー運転手、さらには臨床検査技師や電子機器技術者などの技術者ですら、消える職業として一覧に加えられているのです。

特別なスキルや資格があっても、今後は仕事として認めてもらえないかもしれない……。そうなると、今後の将来に不安が生まれるのは当たり前のこと。

では、AIやロボットが発達してもなくならない、私たちにできる仕事とは一体どんなものなのでしょうか? またそのときがやってきても、しっかりと食べて、生き残っていくためには、どんなスキルを身につけておけばいいのでしょうか?

機械ができない仕事が今後の私たちの「仕事」になる

AIが得意なこと、それはデータの蓄えと分析です。これまでパソコンで手入力で行なっていた作業がなくなったり、市場のデータを簡単に蓄え、最前の策を導き出すことがとても簡単になるのです。もう一つは、力仕事などの労力が必要になる仕事。ロボットの場合はどれだけ長時間の稼働をしても、私たちのように疲れることがないので、繰り返し行う単純作業などを効率化させることに役立ちます。

これらにできない仕事が、私たちに今後必要な仕事となる可能性が高いのです。実際に、機械にできない仕事とは一体どんなものがあるのでしょう。

その答えのひとつは、とっても簡単。AI(人工知能)に関係する仕事をすることです。ロボットや機械が今後はさまざまな場面で活躍するのですから、それに関わって仕組みが作れる人は、もっとも人から求められる職業ともいえるでしょう。

とはいえ、これからそんな専門技術を磨くのは簡単ではありません。
「パソコンのスキルを上達したい」というくらいのITスキルを身につけるのは、頑張り次第では難しいことではありませんが、みんながみんな、パソコンを作れるようになるのは難しいことです。

そしてもうひとつの「今後もなくならない職業」は、画家や作家などの創造的な仕事や、アスリートというような、人の心を動かすことができる職業です。人の気持ちを動かすということは簡単ではないからこそ、機械化が進む今後も、人から求められ重宝されるはず。
けれど、そうなるためには努力だけでなく、才能も必要に。みんながみんな、人の心を動かすことのできるインフルエンサーになることができれば嬉しいですが、決してそれも簡単なことではありませんね。

次に紹介する仕事が、今後の私たちがもっとも磨いていくために必要なスキルで、もっとも身近なものだとも考えています。

ヒトだからできる仕事は「コミュニケーション」

その答えが、『コミュニケーション』。
人との関係を取り持つ立派なスキルです。(写真はCinqで開催したイベント時のもの)

最近『コミュニティ・マーネージャー』という職業が話題になっているのを知っているでしょうか?
コミュニティ・マネージャーとは、コミュニティという共同体をマネージメント(管理)する仕事です。組織の中のコミュニケーションもあれば、もちろん社外の顧客やパートナーに当たる人とのコミュニケーションも、それに当たります。

また、対面形式でのコミュニケーションはもちろんですが、SNSなどを使ったオフラインのコミュニケーションも。機械化できてしまう今後こそ、力を入れるべきなのは対ヒトに関係する職業なのです。コミュニケーション・マネージャーの仕事はビジネスプランやプロジェクトのマネジメント、スタッフの育成などさまざまなものに当たりますが、ヒトの心を掴むことができる人材が今後も重宝されるのは間違いないはずです。AIは、人の表情を読み取ったり、人の空気を読み取ったりすることができません。
個人のモチベーションや心情を理解することができるメンタルケアができる職業は、今後、アメリカだけでなく日本でも求められるはずです。

コミュニケーション力を高めるためには

そして、コミュニケーション力を高めるために、今私たちができることといえば、色々な場所に出かけたり、異世代・異業種の人とたくさん交流を作ること以外にありません。今は、オンライン・オフラインともに、サロンなどのコミュニティができていますが、まさにそういった新しい場所に踏み込んでみることが、コミュニケーション力を高めるきっかけになるはずです。
これまで積極的にイベントの幹事などをやったことがなかったという人も、ぜひ自分でコミュニティを作るという機会を増やしてみるべき。

人と人の関係値は、機械には構築できないものです。ぜひ、コミュニケーション力を高めて、それを仕事の一つとして、活かしてみてください。まだまだ職業や専門的スキルとしての認知は低いですが、今後生まれる職業も増えると思うので、アンテナを張ってスキルアップしていきましょう。