捉え方次第! 自分に自信が持てない人が、心を強くするための考え方

捉え方次第! 自分に自信が持てない人が、心を強くするための考え方

周りに優秀な人が集まっていて、自分がついデキない人間だと感じてしまうことがあります。劣等感が生まれれば生まれるほど、反比例するように自分の自信がどんどんなくなっていく……。そんな自分に自信が持てない人が、心を強くするためにはどうすれば良いのでしょうか?


自信がない人が、自己肯定するためには?

周囲に優秀な人材が多ければ多いほど、自分がダメだと感じてしまい、自己肯定感が低くなってしまうことがあります。

自己肯定感が低ければ低くなるほど、自分の行動や発言に規制をかけてしまい自信もなくなる一方……。自分の長所を見つけるのが下手で、短所ばかりが目についてしまう。
そんな自信の無さはどうすれば改善ができるのでしょうか?

短所は長所になる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「自分はデキない」
「自分はダメだ」というに自分自身を決めつけてしまうことは“思い込み”であることが多いです。実際に周囲の人から否定されたわけでもないのに、自己肯定感が低いゆえに自身に信頼を持てなくなってしまっている状態なのです。けれど、自分に自信が持てずに、挑戦することもなく、行動を起こす気力もなく過ごすのはつまらないと感じませんか?
人から注意を受けた、また自分で短所を見つけたのであれば「短所は時に長所になる」ということを理解しておきましょう。

いきあたりばっかりで飽き性な性格であれば、好奇心が旺盛で前向きな性格だと置き換えて考えるように。頑固は言葉を変えれば、一途という意味になります。暗い人は落ち着きがある、逆に「うるさい」と注意される人は、人から注目を浴びるような賑やかな人であることがわかります。
短所と長所は紙一重。考え方によるものなのです。

思考の悪いクセから抜け出して、自分を認めてあげることが自信を保つための第一歩。人と比べるのではなく、自分の短所を長所に捉えられるようにマインドチェンジを!

目標は小さいところから

自分に自信を持つことができない人は、自分の目標や理想を高いところに持ちすぎているだけかもしれません。目標を持つことはとても立派なことですが、目標を叶えるために必要なのは、コツコツとした地道な努力です。目標を身近なところから設定しておくことで、小さな成功体験が増えて自信に繋がるはず。
まずは「早起きする」ということや「参考書を読む」というように、小さな目標から設定してみましょう。もちろんそれが出来ない日があっても気を落としてはいけません。小さな目標を叶える回数を増やすことが大切なのです。

「好きなこと」「得意なこと」を見つける

他人のことばかりが目についてしまい、本当の自分を見失ってしまうことがあります。けれど、人によって得意なものは違っています。もちろん能力が活かされる場があるかないかによっても、人の見え方には違いが生まれるからです。
自分が、不得意なものがわかるのであれば、逆に自分の好きなことや得意なことを見つけてみましょう。趣味でも仕事にするでもどちらも問題なし。「自分にはこんな世界がある」という気づきが自分の心を楽に、世界を広げてくれます。
自分の居場所となる場所ができると、自分の個性を発揮できる場も生まれます。そういった、“自分の確立”が自信に繋がるはずです。まずは自分探しから始めてみるのもいいかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人と違っていい! 自分の「足」で立つこと

自分に自信が持てない状態で、長くいることはとても辛いことです。どれだけ他人を観察して、羨んでいても、その人になることは私たちにはできません。人の長所だけが目についてしまい、自分と比較して落ち込みたくなっても、それは自分から見た側面でしかないことを知っておきましょう。
大切なのは、自分とどう付き合っていくか、です。自分を認めることからはじめてみて。心がきっと楽になるはずです。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

幸せ感度を高める! セロトニンの分泌を促して毎日の満足度をアップ

皆さんは「幸せホルモン」とも呼ばれている、“セロトニン”について知っていますか? セロトニンは脳内で分泌される物質で、自律神経を整えたり、ストレスに強くなるなど、心のバランスを保つ役割をしてくれる物質です。今回は、セロトニンの分泌を促す方法をお教えします。


自己嫌悪するクセをやめたい人に。自分を肯定するマインドづくり

自己嫌悪するクセをやめたい人に。自分を肯定するマインドづくり

自分のことが嫌になってしまう“自己嫌悪”。これを癖づけてしまうと、苦しむのは他人でなく自分です。自己肯定感をアップさせ、自分を嫌わずに生きていくための、マインドをしっかりと作って、もっと自分を認めて、素直に、過ごしやすい毎日を過ごしましょう。


仕事上手は振り分け上手。全部一人でやることが“デキる人”ではなかった|MY WORK ヒント#64

仕事上手は振り分け上手。全部一人でやることが“デキる人”ではなかった|MY WORK ヒント#64

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第64回目は、仕事ができる人の仕事分散についてです。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


マルチタスク向上! “器用で贅沢”なライフスタイルを作る3つのTips|MY WORK ヒント#60

マルチタスク向上! “器用で贅沢”なライフスタイルを作る3つのTips|MY WORK ヒント#60

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第60回目は、同時進行に仕事をこなすマルチタスクが得意になる方法を考えます。


最新の投稿


「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」と思われてしまう人の喋り方と、信頼できる人の話し方は、一体なにが違っているのでしょうか。実は、デキる印象はちょっとしたコツで作られるもの。今回は、信頼できる人の会話術についてご紹介します。


自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

フリーランスって自由だし楽しそう…いえいえ、実はそんなことないんです!たしかに自宅で働けるのは楽な部分もありますが、自由と引き換えにストイックに過ごさなければいけないときも。誤解されがちなフリーランスという働き方について、今回はご紹介します。


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

今年の目標として決意したことは、順調に進んでいますか? もしかすると、もう既に諦めてしまっているなんて人もいるかも知れません。ですが、1月はもう終盤でも、今年はまだ始まったばかり。「今年こそは」と意気込んでいる人に向けて、習慣が身に着くためのポイントをまとめてご紹介します。


メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

大人特有のメイク悩みを解決するため、さまざまな美容テクニックを紹介。今回は、血色が悪く顔のくすみや乾燥が気になっている方のために、ハリとツヤを与えて明るいヘルシー肌をつくるためのプチテクです。


RANKING


>>総合人気ランキング