仕事上手は頼み上手!ビジネスでも使える「おねだり」フレーズ

仕事上手は頼み上手!ビジネスでも使える「おねだり」フレーズ

1人で同時にたくさんの仕事を請け負ってしまうと、作業効率もダウンしてミスが起こる回数が増えてしまいます。仕事をうまく捌くためには、人に頼みごとする必要もあるのです。仕事上手は頼み上手でもある。人に頼みごとをする時に、使えるフレーズを学んでいきましょう!


「頼みごと」が上手な人が仕事がうまく回る

人に仕事をお願いすることは、「申し訳ないことだ」と考えてしまっている方も多いのではないでしょうか。けれど、実は仕事が上手な人ほど、人に頼みごとをするのが上手かったりもします。上司から「これお願いね」と仕事を頼まれた経験は、誰だってあることでしょう。
自分ひとりでたくさんの仕事を抱え込んでしまい、余計な時間と労力を費やすのであれば、得意な人に仕事をお任せして作業効率をあげた方が間違いありません。余計なミスを減らし、自分一人での長時間労働やプレッシャーに追い込まれないように、おねだり上手になる「頼みごと」のフレーズを学んでいきましょう。
伝え方を間違えなければ、頼みごとをすることは決してマイナスなことではないのです。

取引先や上司など、目上の人に対しての頼みごと

「ご検討いただけませんか」

取引先の人や上司に、何か提案したいことがある時の定番フレーズです。「こんな案を思いついたのですが、一度考えてもらえませんか?」という言葉をより丁寧な表現で伝えることができます。

「まことに勝手なお願いですが」

こちらも同じく、頼みごとをする時の定番フレーズです。
「すみませんが、よろしくお願いいたします」という内容をより丁寧に置き換えた表現です。実際に大掛かりな頼みごとをする時は使いませんが、ビジネスメールなどで気軽に使えるフレーズです。

「願えませんでしょうか?」

イベントへの招待をする時に使いやすいフレーズです。「ぜひとも、ご出席願えませんでしょうか?」などと使います。「ぜひともお願いできませんでしょか?」というフレーズよりは、相手に伝わりやすく、スマートな印象に。

「ご配慮いただけないでしょうか」

どうしてもお願いしたい時に取り入れたいのはこのフレーズです。「いただけないでしょうか」という表現は問いかけにも聞こえるので一見控えめのように感じますが、こう言われると相手は頷くしかありません。「無理を承知の上でのお願いなのですが、ご配慮いただけないでしょうか?」と遠慮しつつもうまく相手に頼みごとをすることができます。

「切にお願い申し上げます」

なんとしてでも聞いて欲しい! そんな頼みごとがある場合はこのフレーズを使います。「身勝手なお願いであることは重々承知しておりますが、切にお願い申し上げます」と伝えることで、遠慮はしながらも強い願いだという感情を伝えることができます。

相手が親しい相手である場合

「ほかに相談できる方もなく」

相手とある程度親しい関係値がすでに築けている場合には、もっと上手におねだりしましょう。「他に相談できる方もなく……」と頼みごとをされると、つい「仕方ないな」とおねだりを聞き入れたくなります。

「日頃のご好意に甘えまして」

こちらも上と同じで、すでに親しい間柄の人に使うフレーズです。すでにお世話にはなっているものの、さらにお願いしたいことがあった場合には「日頃のご好意に甘えまして」を使いましょう。人間関係が築けていれば、嫌な気持ちにさせることもありません。

「折り入ってお願いしたいことが」

「今から悩み事や頼みごとを話しますよ」という前提に使えるフレーズです。時間をかけて、じっくりと話したいという気持ちを込めて使います。相手にとって負担になるような頼みごとの場合はこのフレーズを使うと良いでしょう。「折り入ってお願いしたいことがあるのですが、少々お時間いただけませんか?」というように使います。

相手とまだ打ちとけていない場合

「ぶしつけなお願いで恐縮ですが」

こちらは初対面の相手や、はじめて頼みごとをする時に用いるのがオススメのフレーズです。“ぶしつけ”とは“無礼な”という意味を含んでいます。「ぶしつけなお願いで恐縮ですが、一度お時間いただけないでしょうか」というように、相手に頼みごとをしてみましょう。

「お力添えくださいますか」

「協力して欲しい」という言葉をやわらくしたフレーズです。自分の力だけではどうにもないので、協力して欲しい。という意味を含んで相手に頼みごとをすることができます。

同僚や後輩に頼みごとをする時には

「これ、お願いできる?」

同僚や部下に頼みごとをする時は、もっとフランクに話しかけましょう?「今空いてる?」や「今、暇?」と聞くと相手を嫌な気分にさせてしまう可能性があるので「これ、◯◯までにお願いできる?」と伝えると自然な印象に。

「◯◯さんにお願いしたいと思って」

相手の能力を理解した上での頼みごとの場合は「◯◯さんならできると思って」「◯◯さんにお願いしたいと思って」と伝えると相手を褒めることもできて印象アップ。頼みごとでも、嫌な気分になりません。

組織はチームワークが大切

面倒な仕事を人にお願いするよりは、自分でやったほうが早いという考えは、人を成長させることもできず、自分の負担を大きくするばかり。人をうまく使い、協力しあってこそ、良いチームワークを作ることができるのです。お互いに頼みごとができる関係性が出来上がっていると、人間関係もより深いものになります。
相手との関係性や、その環境によって使うフレーズをうまく変えられると、よりスキルアップが叶うはずです。






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


最新の投稿


出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

20代後半から親族や友人、同僚の赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることが多いものです。でも、お祝いしたい気持ちはあるのに忙しくて「忘れてた、どうしよう…」という状況になる人も意外と多いものです。今回は出産祝いが遅くなってしまった時の対処法をご紹介します。


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング