なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

アラサーになってくると全てが「下り坂」だなんて思っていませんか? 確かに身体能力や記憶力に関しては若い人の方が有利かも知れません……。ですが、知能に関することは、まだまだ発展途上。今回は能力別でみた年齢のピークについてご紹介します。


全てのことが若いと有利とは限りません

アラサー世代になると、身体能力の低下を感じたり、お肌のくすみ・たるみが気になってきたり、肉付きが変わった……などと全てのことを下り坂に感じてしまうことがあります。けれど、これは肉体的なもの。知能的な部分もこれから低下していくか? と聞かれれば、実はそうではないのです。

確かに、身体能力や総合的な情報処理能力と記憶力に関しては20代前後でピークを迎えます。ですが、それ以外のことに関してのピークは、もっと上の年代だと言われています。その証拠付けになるのが、マサチューセッツ工科大学の研究チームが10歳から90歳までの数千人を対象に、暗記、計算など、さまざまな能力について調査した結果にあります。脳のピーク年齢は、能力によって違うことが証明されたのです。「歳をとったからもう無理だ」なんて諦めている人には、ぜひ知っておいてほしい情報です。

今回は能力別にみた年齢のピークを見ていきましょう。

「32歳」に顔認識能力がピーク

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人の名前を覚えられるピークは22歳ですが、人の顔を覚えるピークは32歳と少し年齢があがります。「最近のアイドルはみんな同じ顔に見える」と口にしていた両親の気持ちにも共感できるようになってきた頃なのではないでしょうか。たくさんのアイドルがテレビの画面の中で並んでいる場面をみると、衣装が似ていることもあって、なおさら区別がつきにくくなってしまいます。けれど、ひとりひとりの顔をしっかりと確認さえしていけば、顔を覚えるのは難しいことではないのです。

顔さえ覚えられていれば、名前は後から調べることはできる。32歳までにたくさんの人と出会い、覚えるようにしていくと後々メリットが大きいです。

「43歳」に集中力がピーク

集中力のピークは43歳。つまりアラサー世代のみなさんの集中力はこれからどんどん伸びていくということがわかります。

若い人たちは覚えるのは早いのですが、長時間の集中は別。
上の世代の方が集中力を維持することができます。ただそれ以上に年齢が上がってくると、肉体的に集中しにくい状況が起きることが多くなるので、結果的に43歳頃がピークとなるようです。

もしこれから何かを始めたいと思っているのなら、これからどんどん高まる集中力を味方につけて挑戦してみると良いかも知れません。資格の取得や勉強など、今から生まれる「学びたい」という欲求を上手に継続することができます。

「48歳」に相手の感情を読み取る能力がピーク

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

働き盛りで人生の経験も豊富になっている48歳には感情を読み取る能力がピークになります。
この頃までキャリアを積んでいると、今以上に責任のあるポジションになっている可能性も高いです。人との接し方や距離感など、コミュニケーション面においては最もスマートにできる時期なので、人との接し方で悩んでいるのであれば、いずれは上手になっていくことを知っておくと安心です。自信を持って人とコミュニケーションをとっていきましょう!

能力のピークはまだまだ先!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さらにお伝えしておくと、50歳前後に新しい情報を学び、理解する能力がピークになり、67歳前後では語彙力のピークを迎えると言われています。

このように、全年齢層において何かしらの能力がピークを迎えているのです。全ての能力がピークにある年齢というものは、存在しないのかもしれません。逆を言えば、私たちは毎日コツコツと、何かしらの能力が成長しているのだとも考えられます。

「もう昔みたいに若くないから」とネガティブに考え、自分の能力の限界にフタをしてしまうとそれ以上の能力は発揮することはできません。「私はまだまだ成長する」というポジティブな意識付けで、自分の成長度を高めていくと、人生がより豊かになっていくでしょう。まだまだ私たちはこれから! いつになっても物事を諦めることなく、イキイキとした毎日を過ごしていきましょう!




この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


能力 自己成長 考え方

関連する投稿


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第92回目は、ネットで検索する時の考え方についてです。


アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

アドラーの心理学から学ぶ「ありのままの自分」を受け入れる必要性

みなさんは、何かしら劣等感を抱えていませんか?しかし、「ありのままの自分」を受け入れることで、もっと明るく前へ踏み出すことが出来ます。その考えを提示したのは心理学者アドラー。「ありのままの自分」とは一体なんなのでしょうか?


「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第83回目は、自分の向いていることを探すヒントについてです。


芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

自分磨きをしている「私」をアピールするよりも、自分自身の成長のために、日々の努力を純粋に楽しみましょう。


最新の投稿


今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

今更聞けない…!仕事で使うビジネス用語の解説特集

さりげなく使われるカタカナのビジネス用語。なんとなく意味が伝わるものと、意味を理解しないと伝わらないものがある!改めて、よく使われるビジネス用語をご紹介♡


毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

肌悩みの中でも毛穴問題はどの年齢でも気になる模様。 スキンケアを効率的にするためにも、毛穴をキレイにケアすることは美肌への近道です。そこで今回は毛穴の集中ケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

「細かいところに気がつく!」仕事でひと手間かけられる人がやっていること

とくに指定の誰かがいるわけではなくても、近くにいる人にちょっとしたお願いをしたり相談をしたくなることって誰にでもありますよね。そんなちょっとしたことでも「おっ、この人は気がきく人だなあ」と気づく瞬間ってありませんか? そんな優秀認定される人は、一体どんなことに気をつけているのでしょう。


なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

なんでも「若さ」が有利だとは限らない!能力別でみた年齢のピークについて

アラサーになってくると全てが「下り坂」だなんて思っていませんか? 確かに身体能力や記憶力に関しては若い人の方が有利かも知れません……。ですが、知能に関することは、まだまだ発展途上。今回は能力別でみた年齢のピークについてご紹介します。


転職せずに年収をアップさせたい! 現職に務めたまま給与交渉するには?

転職せずに年収をアップさせたい! 現職に務めたまま給与交渉するには?

「今の会社でもっと給料が上がらないかな」。転職によって環境が変わるリスクは避けたいけれど、年収はもう少しアップさせたい。勤続年数が増えれば増えるほど、そう考えてしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、現職に務めたまま給与交渉する方法について考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング