毎日きゅんきゅんしたい! 好きな人と雑談LINEを続けるテクニック

毎日きゅんきゅんしたい! 好きな人と雑談LINEを続けるテクニック

好きな人との雑談LINEが好きなら、お互いが楽しく無理なく続けることができるようにコツを掴みましょう! 今回は誰でも簡単に実践できる、テクニックをご紹介します。


1 返信ペースは相手に合わせよう

気になる異性とのLINEラリーを続けたいなと思っても、意外と話題を見つけるのって難しいもの。「おはよう」「おやすみ」などの基本的な挨拶を済ませちゃうと、うまく雑談に繋げられずにLINEが途切れてしまうこともあります。
好きな人との雑談を続けるには一体どうしたらいいの? 今回は片思いをしているアナタに、雑談LINEを続けるテクニックについてご紹介していきます。

大好きな人からLINEがきたら、すぐに既読をつけて返信していませんか?
マメなことは素晴らしいですが、雑談のLINEなら慌てて返さなくても大丈夫です。

もちろん、相手も即レスするタイプなら早めに返してもやり取りを続けることができます。
しかし、なかには1日1通くらいのペースがちょうどいいと思っている人もいます。
自分の好きな相手がそのようなタイプなら、すぐに返信がきてしまうことでプレッシャーやストレスを感じてしまうかもしれません。
そうすると、長続きしなくなってしまいます。

待ち合わせや緊急の連絡は早めに返した方がいいですが、雑談LINEを長く続けたいなら、内容や相手のスピード感に合わせて臨機応変に対応することを心掛けましょう!

2 趣味に関する質問をする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

雑談が続くテクニックとして、おすすめなのは趣味に関しての話題。
単純に、誰だって自分の好きなことの話をするとテンションが上がりますよね!

特に好きな「音楽」「映画」「本」は手軽にチェックできるすることもできるし、流行も変わりやすいので話題が続きやすいです。また、好きな人が影響を受けたものに触れることで、人格を作った要素を知ることができるので、自分としても興味深いはず。

さらに教えてもらったものをチェックすることで、距離がグンと縮まります。後日、またLINEを送るきっかけも作ることができるので、一石二鳥。
もしかしたら、一緒にライブや映画に出かけるチャンスにも繋がるかも!?

3 相手の誕生日や予定を覚えておく

会話のなかで、相手がポロッと話したことを覚えておきましょう!
LINEが途切れてしまっていても「この前、〇〇に行くって言ってたけど、どうだったー?」と、ナチュラルにメッセージを送ることができます。ちょっとした話題を覚えてくれていると、相手もきっと喜ぶはず。

特におすすめなのは、誕生日を覚えておいて連絡を入れること。
自分の誕生日をお祝いしてもらって嫌な気分になる人はいないですし、ましては覚えてくれていて「おめでとう!」と連絡がきたら誰だって嬉しいはずです。
忘れてしまいそうな人は、カレンダーアプリに登録をして、直前に通知が来る設定にしておくといいでしょう♪

また、誕生日のお祝いということなら、スムーズに食事に誘いやすいですよね!
デートに誘う絶好のチャンスでもあります。

4 デートの約束をする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

会う予定を作ると、その日まで「どこに行く?」「何食べる?」などのやりとりをすることができます。
そのようなLINEを送ることで当日までワクワクできるから、おいしいですね!

さらに、前日には「明日、楽しみにしています!」、当日には「今日はありがとうございました!気をつけて帰ってね!」と頻繁にメッセージを送ることができます。
普段は「たくさんLINEしちゃうとうっとうしいかな?」と不安になるかもしれませんが、これらの連絡はきちんと感があるので、むしろ好印象ですよ!

デートした日に次のデートの予定を立てると、またLINEをする機会が増えるので、勇気を出して提案してみましょう!

まとめ♡

好きな人と雑談LINEを続ける基本的にテクニックをご紹介しました。雑談力を身につけて、好きな人とたくさんLINEをしましょう♪

忙しい社会人は、仕事の連絡に追われがち。その中で雑談のようなやりとりが増えれば増えるほど、異性としての興味が高まっていくはずです。

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング