専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


働く女性 VS 専業主婦

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚したあとも働きたいという女性が増える今、専業主婦になる人は減少傾向にあります。そんなこともあってか、専業主婦であることへの風当りが強くなってきているという問題が、最近話題になっているのをご存知でしょうか?

「専業主婦は暇でいいね」や「自分で稼いでいないことに罪悪感はないの?」などと、一部の働く女性が専業主婦に向けてネット上で批判をしているのを目にすることもあります。いつからか、専業主婦がまるで悪者かのような扱いになっている……というほどに。一体なぜ、そんな極端な考えが生まれてきてしまったのでしょうか。今回は専業主婦をめぐる問題について考えていきます。

専業主婦になる理由はそれぞれ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

働く女性が専業主婦を非難する一番のポイントなのが「稼いでいないこと」にあります。しかし、毎日休みなしで、家事を行なっている専業主婦は果たして働いていないと言えるのでしょうか?

また、専業主婦をしている理由は人それぞれ。旦那さんの稼ぎが良いから専業主婦をやっている、とも限りません。身体が弱い人もいれば、旦那さんとの仕事の時間が合わずすれ違いになってしまうからと家庭を優先している人、育児に専念する人、両親の介護を行なっている人……中には旦那さんが専業主婦を望んでいるから働かせてもらえない、という人も少なからずいます。

それぞれの家庭の事情があるのにも関わらず、専業主婦というくくりに対して、不満や愚痴が集まるのはおかしな話です。

裕福だから専業主婦になるわけではない

よくある勘違いの一つで「専業主婦=お金持ち」という方程式があります。しかしこれも、家庭によってさまざま。年収が1,000万以上の方でも専業主婦ではやっていけないという人もいれば、年収400万でも専業主婦で子どもを育てている環境の人もいます。

「裕福」には個人差があり、どの生活レベルを選ぶかも自由。入ってくるお金をどうやり繰りをして生活するかが違っているのです。「専業主婦は裕福だから」というわけではなく、あくまで家庭それぞれ。

共働きでも専業主婦でも、どちらの選択でも「善」である

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

専業主婦が多かった時代は、共働きが珍しい生き方であるかのように扱われてきました。そして、今は女性が働くことが当たり前になる時代だからこそ、非難されることもあるのです。働く女性の人口が増えることに対して、専業主婦でいることに後ろめたさを感じる必要は、全くないはず。

まだ少ないですが、男性が家事をする「専業主夫」という役割も生まれました。もしかしたら専業主夫が当たり前という時代もいつかはやってくるかもしれません。しかし、どんな時代で、どんなに良い選択をしても悩むことは多々あります。

ずっと独身でいると「結婚しないの?」と言われ、専業主婦だと「働かないの?」と言われ、結婚しても子どもがいないと「子どもは作らないの?」と言われる。出産後に時短勤務では、職場内で冷ややかな目線を浴びることもあります。こう考えると、正解は何なのか? よくわかりませんよね。

しかしパートナーと相談をして決めたのなら、どれを選んでも正解。言いたいだけの人には勝手に言わせておいて、自信を持って前に進んで欲しいものです。どんな生き方を選んでも、人に否定をされるいわれはないのですから。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


コラム 家庭 結婚

関連する投稿


非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上経過した今、非日常が日常化しつつあります。全ての地域で緊急事態宣言が解除されたとして、どこまでがいつも通りの日常に戻るのでしょうか? アフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか……筆者の予想を交えながら考えていきます。


後悔のない結婚を。恋人期間中にすり合わせておきたい3つのこと

後悔のない結婚を。恋人期間中にすり合わせておきたい3つのこと

「この人だったら絶対に大丈夫!」そう思っても、結婚してから「こんなはずじゃなかった……」と後悔することは決して珍しいことではありません。今回は、バツイチ経験者から送る、結婚前に恋人とすり合わせたい3つのことをご紹介します。


本当に結婚したい?パートナーが見つからないときに考えられる可能性3つ

本当に結婚したい?パートナーが見つからないときに考えられる可能性3つ

パートナーがほしいと思っているのになかなか出会えない……。それはもしかしたら心のどこかではまだ恋愛するタイミングではないと思っている可能性も。本当に今の自分にとって恋をするのがベストなのかどうか、じっくりと考えてみましょう♩


恋愛に仕事…悩み多き年齢には才色兼備なパレットを味方に|お守りコスメ

恋愛に仕事…悩み多き年齢には才色兼備なパレットを味方に|お守りコスメ

28歳は、世間では“アラサー”とよばれ、女性たちがそれぞれの道を踏み出すターニングポイントとなる年齢。結婚、仕事、将来についてなど、さまざまな選択を迫られる時期に、美容家 松下侑衣花さんが、味方にした多色パレットをお守りに。


好きを仕事にするのは難しい、原点に立ち戻るシャネルのリップ|お守りコスメ

好きを仕事にするのは難しい、原点に立ち戻るシャネルのリップ|お守りコスメ

好きなことを仕事をするためには、それなりの覚悟と努力、そして根気がないと難しいもの。美容家 松下侑衣花さんが、美容を好きになったきっかけと、原点に立ち戻る時にお守りにしているコスメを紹介。


最新の投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はCM.com Japan 樋⼝綾さんです。


スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

「おかしいなぁ…スキンケアアイテムには気を遣っているのに肌の調子がよくない」鏡の中の自分の肌を見てこう感じることはないですか?もし、このように感じているならば食事やライフスタイルを見直してみるタイミングかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング