目指せミニマリスト! いらない服を捨てるための3つのポイント

目指せミニマリスト! いらない服を捨てるための3つのポイント

服はたくさんあるのに、その日に着たい服が見つからない。「今日、着る服がない」なんて悩んだことはありませんか? 原因は、ワードロープの整理ができておらず賞味期限切れの服で溢れかえっていることにあるかもしれません。今回は、服を捨てる3つのポイントについてご紹介します。


服はあるけど「今日、着る服がない」と言ってしまう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

服はたくさんあるはずのに、その日に着たい服がない。
「今日、着る服がない…‥!」なんて悩んだ経験はありませんか? よく“ミニマリスト”というモノを持たない過ごし方のことが話題になりますが、そんな人からすると、ミニマリストになるのはとても難しいことのように感じます。

けれど、実はモノで溢れかえってしまう原因は、ワードロープの整理ができておらず、賞味期限切れの服で溢れかえっていることにあります。キレイな状態である限り、捨てどきが難しい衣類は、どのようなポイントで手放せばいいのでしょうか? 今回は、ミニマリストになりたいあなたが、必要のない洋服を捨てるための3つのポイントをご紹介。

服を捨てるときの3つのルール

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新しい服を買ったら、古い服は手放す

まず基本にしてもらいたいのが、「新しいものを1つ買ったら、1つ捨てる」ということ。単純なように感じますが、どれを捨てれば良いか悩んでしまい意外と捨てる1着を見つけるのは難しいものです。

モノを捨てる判断基準は「ときめく」か「ときめかない」で分けてみましょう。お気に入りの服は、何度でも着用して、色んな人にみてもらいたいという気持ちになります。それとは逆に、ときめかない服は、特別な日には着たいと思いません。そんな普通の日にしか着ていない「ときめき終えた服」を捨てる服として、選ぶようにしましょう。
傷みが目立つ服も捨てどきです。「まだ着られるかも」と思わないで、潔く捨てましょう。

定期的に手持ちの服を見直す

とっておきの服は、だいたいクローゼットの奥にしまいこみがち。

そのため「あれ?このワンピースってこんなに短かったっけ?」と、思っていたイメージと違う服を発見することがあります。休日などの時間があるときに、手持ちの服をすべて出して、鏡の前で一度袖を通してみましょう。自分の体型も常に変わるものなので、自分に似合うか似合わないかの判別は常にしておくべきです。
とくにトレンドものは注意が必要。来シーズンも着るのか着ないのか? をよく考えて。

服の状態をよく確認をする

衣類はジワジワと徐々に傷んできますが、毎日見ているとその状態が気が付きにくいものです。手持ちの洋服はきれいな服なのか、今一度確認をしましょう。

例えば、Tシャツなど薄手のもの。生地が薄くなっていないか? 襟袖がよれていないか? を確認することです。「部屋着にしよう」という考えは、収納スペースが部屋着で溢れてしまいがち。部屋着にすら活用されないこともほとんどなので、処分するようにしましょう。

また、スカートやボトムスは、トップスに比べると、生地が厚いので劣化にしくく処分の判断に困ります。ですが、同じようなデザインの物をいくつも持っていることも多いのです。似たようなデザインの物があれば洋服の状態と合わせて数を見直すと良いでしょう。

主役服は数枚に押さえ、着回しできるシンプルな服を中心に選ぼう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デザイン性が高いワンピースといった主役になる洋服は、みているだけでも心がときめきたくさん欲しくなりますが、着回ししにくいという欠点があります。

ミニマリストを目指すのであれば、主役服は各シーズンで2〜3枚に押さえて、基本はどんなシーンでも活用できるシンプルなトップスとボトムスを中心に用意しておくのが良いでしょう。あまり主張しすぎない服のほうが、何通りにでも組み合わせることができ、飽きがこないというメリットが。

少ない洋服で着回しができれば、処分する際に罪悪感を感じることもなく「ごくろうさまでした」と思えるようになります。手持ちの服は全て着こなし、持っている服はいつも最新版。オシャレさんほど洋服の数は少ないものです。
ぜひ、みなさんのワードローブも見直しをしてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


ファッション 整理整頓

関連する投稿


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

働く女子の定番アイテムである綺麗めシャツ。着こなしにマンネリしていませんか? きっちりとしたラインのものを選んでしまうと真面目すぎるリクルートスタイルになってしまうし、カジュアルオフしすぎるとオフィスでは浮いてしまうのが悩みどころ。オフィスカジュアルにも休日にも使えるような、オシャレさをプラスするには…?


少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

クローゼットをコンパクトにまとめるためには、着まわし力を重視する必要があります。そこで、今回は少ないお洋服で賢く着回せるおすすめのアイテム「セットアップ」を主役に、オトナ女子のコーディーネートを提案。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング