どのニットを合わせるべき? ボトムに合わせて選ぶ冬の厚手ニットトレンド



厚手のニットはシルエットが大事!

冬は毎日でもニットが着たくなりますよね。とはいえ、ニットにもさまざまな種類があることをご存知でしょうか。「ニットなら着回し力抜群!」と全体のバランスを意識せずコーデ組みをしていると、ダボダボなシルエットで野暮ったく見えてしまったり、時には実年齢以上に老けて見えることも……。厚手のニットを選ぶ時は全体のバランスをチェックすることが大切なのです。今回は、シルエットに合わせて選ぶ、厚手ニットをご紹介。

優雅なプリーツスカートに合わせるは「タートルネックニット」

あご下までしっかりとフィットする長い襟が特徴的なタートルネックニット。首元の長い襟を折り返したり、くしゃくしゃっとたるませて着ることで暖かさとおしゃれの両立が叶います。けれど、首元にボリュームがあるタイプのニットを着るときは、ボトムとのバランスを意識するのがとても大切。暖かい分、首が短く見えたり太って見える可能性もあります。

ニット・スカート:Spick and Span(スピック&スパン)/パンプス:Odette e Odile(オデット エ オディール)

そんな時にオススメなのが、Iラインを強調するヒダがたくさんある、プリーツスカート。風に揺れるたびに表情を変えるスカートで、ニットのボリュームを押さえてあげるのがオススメです。オフモードになりすぎない抜け感ができるので、綺麗めカジュアルが完成。髪が長い人は、首元をスッキリ見せるためにヘアアレンジをしてコンパクトにまとめてみて。

綺麗めボトムスに合わせるのは「キーネックニット」

キーネックニットは、暖かいながらも鎖骨が見える女性らしいカットが可愛いとトレンドに。ニットに十分な色っぽさがあるので、ボトムに合わせるのは綺麗めのテーパードパンツ。真ん中にラインが入ったパンツでスタイルアップも狙えます。

ニット:神戸レタス/パンツ:GU/ブーツ:ベースメントオンライン

落ち着きのあるカラー小物を取り入れることできっちりとした大人印象に。露出を増やしすぎると、見ていても寒いどころか、少しお下品な印象がついてしまうので、その他は完全に露出を防いで! 小物とのバランスが楽しめるコーデに。

「クルーネックニット」はレトロな雰囲気orメンズライクに

首元が丸く詰まったクルーネックニットは、身につけるだけでレトロな雰囲気になります。メンズライクなアイテムとの相性が抜群。ただ、注意しておきたいのは丸顔さんの場合。首元のカットと丸い輪郭が悪目立ちしてしまうこともあるので、ヘアアレンジや帽子などでしっかりとカバーを忘れないように注意して。

チェックと合わせることで、秋冬ならではのこなれた雰囲気が楽しめます。裾が広がったパンツと合わせても、太って見えたり野暮ったく見えることがないので、パンツを選ばずに活用することができます。

タイトスカートに合わせるべきは「バルーン袖ニット」

手元にボリュームがあるタイプのバルーン袖ニット。上半身にボリュームが追加されるので、バランスが難しく感じますよね? 確かに、ゆったりとした広がりのあるボトムを合わせてしまうと太ってしまって残念な印象に……。
ボトムはボリュームを落としたタイトスカートを合わせてみて。視線を散らす柄物を取り入れるのもオススメです。ボトムをコンパクトにすることが綺麗見えをつくるコツ。

ニット:ZARA/スカート:dholic(ディーホリック)/イヤリング: FRAY I.D (フレイ アイ ディー)

バルーン袖ニットは、ワンピースに合わせても◎

手元にボリュームがあるバルーン袖ニットは、袖がないタイプのワンピースに合わせるのもオススメ。主役であるワンピースにニットが程よいバランスで視線を上げてくれます。

コーデュロイワンショル風ジャンスカ:PairPair(ペアペア)

今年はアシンメトリーなデザインのワンピースが多く発売されています。こちらのワンショルダーワンピースも、ニットの形が違えばなんだか単調に見えてしまっていたかも。
バランスを間違えるとつまらなくなってしまったり、ちぐはぐに見えてしまう……なんて時に活躍したいのが、このバルーンニットです。

厚手ニットを選ぶときは、全身チェックが欠かせない

毎日のように着たくなってしまうあったかニットでも、形や素材、縫い方で印象が全く違います。けれど、ゆったりと見えてしまうアイテムだからこそ、全体のバランスをみて足し引きすることが大事。全身をくまなくチェックするのがポイントです。みんなが着ているニットだからこそ、退屈にならないよう楽しみかた&コーデ組みを覚えておきましょう。